このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【3407-2966】更新日:2012年1月27日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows Vista] ディスククリーンアップで削除される項目の詳細を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • WindowsVista

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

ディスククリーンアップ機能を使って、ディスクの空き容量を増やそうと思います。
「削除するファイル」の一覧に表示されている削除項目について、どれを削除していいのか分かりません。
削除項目の詳細を教えてください。

回答

Windows Vista のディスククリーンアップでは、いくつかの項目がまとめて削除されます。

ディスククリーンアップ
(「ディスク クリーンアップ - (C:)」の例)

削除される項目の詳細は、次のとおりです。

アドバイス

ダウンロードされたプログラムファイル

ホームページによっては、表示するために専用のプログラム(ActiveXコントロールやJavaアプレットなど)が必要なことがあります。

プログラムがパソコン内にないときは、インターネットから自動的にダウンロードされ、ホームページが表示されます。

ダウンロードしたプログラムは、ハードディスク内の「Downloaded Program Files」フォルダに保存され、同じプログラムを使うホームページを表示したときにも使用されます。

パソコンを常にインターネットへ接続できる環境でお使いの場合や、ホームページをオフラインで閲覧しない場合は、この項目は削除してもかまいません。

アドバイス
低速な通信方式でインターネットに接続している場合、削除した後にプログラムが必要なホームページを表示すると、読み込みに時間がかかることがあります。


Temporary Internet Files

ホームページを表示したとき、そのホームページの画像や文章などの情報は、ハードディスク内の「Temporary Internet Files」フォルダに保存されます。

同じホームページを表示したときに、その内容に変更がないと、「Temporary Internet Files」フォルダの内容が、インターネット上の情報より優先して使用されます。

このため、低速な通信方式でインターネットに接続してホームページを表示しているときは、2回目以降のホームページが表示されるまでの時間が早くなることがあります。

パソコンを常にインターネットへ接続できる環境でお使いの場合や、ホームページをオフラインで閲覧しない場合は、この項目は削除してもかまいません。


休止状態ファイルクリーナ

休止状態に入るときに、メモリーに保存されている作業途中のファイルや、起動中のアプリケーションの状態を、一時的にハードディスクにコピーします。
このコピーされたファイルが、休止状態ファイルです。

休止状態を使用するときに必要なファイルのため、削除しないでください。

アドバイス
ディスククリーンアップ後に、休止状態機能が使用できなくなった場合は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows Vista] ディスククリーンアップを実行したあとに休止状態機能とハイブリッドスリープ機能が使用できません。 (新しいウィンドウで表示)


ごみ箱

デジタルカメラの写真や作成された文書などのファイルを削除すると、ファイルはハードディスクからすぐに削除されずに、「ごみ箱」という特別な場所に保存されます。

ファイルはハードディスクに残っているため、その分のハードディスクの空き容量が消費されます。
ごみ箱に保存されているファイルが不要なときは、削除してもかまいません。

アドバイス


Setup Log Files

アプリケーションをインストールしたときの情報を記録しているファイルです。
通常は、削除してもかまいません。


一時ファイル

アプリケーションを使用したとき、「TEMP」フォルダという特別なフォルダに、作業用のファイルが一時的に保存されることがあります。

作業用のファイルは、通常、アプリケーションが終了するときに削除されますが、削除されずハードディスク内に残ることがあります。

一時ファイルは削除してもかまいません。


縮小表示

すべての画像やビデオ、ドキュメントの縮小版(サムネイル)ファイルです。
削除された場合でも、次に画像やビデオ、ドキュメントが保存されているフォルダを開いたときに、あらためて作成されます。

縮小表示は削除してもかまいません。


ユーザーによってアーカイブ(または、キュー)されたWindows エラー報告

アプリケーションが正常に動作しなくなったときやアプリケーションの強制終了などを行った後に、次のようなメッセージが表示されることがあります。

  • 「プログラムから応答がありません。」

  • 「この問題に関する詳細情報を送信しますか?」
Windows は、このときの情報を保存しています。

保存した情報は、マイクロソフト社へ提供することで、現象の解決に役立てられますが、通常は、削除してもかまいません。


システムによってアーカイブ(または、キュー)されたWindows エラー報告

アプリケーションが正常に動作しなくなった後に、次のようなメッセージが表示されることがあります。

  • 「プログラムから応答がありません。」

  • 「この問題に関する詳細情報を送信しますか?」
Windows は、このときの情報を保存しています。

保存した情報は、マイクロソフト社へ提供することで、現象の解決に役立てられますが、通常は、削除してもかまいません。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)