このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【3508-2261】更新日:2009年10月22日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows 7] 終了や中断の方法について教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Windows 7の終了や中断の方法について教えてください。

回答

Windowsを終了したり、中断したりする場合は、次のような方法があります。


スリープで中断する


「スリープ」は、作成中のファイルなどをそのままにして、一旦作業を中断したい場合に選択します。

スリープで中断するには、「スタート」ボタン→「右向き三角形」ボタン→「スリープ」の順にクリックします。

スリープで中断する場合

電源ボタンを押せば、数秒間で中断する前の状態に復帰できますが、中断している間も一定の電力を消費します。

スリープで中断すると、作業内容はメモリにだけ記憶され、ハードディスクには保存されません。
そのため、停電などの電源トラブルが発生すると、メモリに保存されていた作業内容が失われ、中断する前の状態に戻ることができない場合があります。

この問題を避けるための中断方法として、「ハイブリッドスリープ」の機能があります。
ハイブリッドスリープを使用すると、作業内容がメモリとハードディスクに保存されるので、中断している間に停電などの電源トラブルが発生しても、作業前の状態に戻ることができます。

ハイブリッドスリープは有効/無効が選択でき、有効に設定されているときに「スリープ」をクリックすると、自動的にハイブリッドスリープの状態になります。

アドバイス
ハイブリッドスリープの機能を有効にしていると、「休止状態」での中断ができません。


休止状態で中断する


作成中のファイルなどをそのままにして、一旦作業を中断したい場合に選択します。

休止状態で中断するには、「スタート」ボタン→「右向き三角形」ボタン→「休止状態」の順にクリックします。

アドバイス
「休止状態」は、ハイブリッドスリープを無効に設定しているときに選択できます。

休止状態で中断する場合

休止状態は作業内容をハードディスクに保存します。
復帰時にハードディスクへのアクセスが伴うため、スリープと比較すると、復帰までに少し時間がかかりますが、消費電力は少なく、ノートパソコンで中断する場合に適しています。

また、停電などの電源トラブルが発生しても、作業内容がハードディスクに保存されているため、中断する前の状態に戻ることができます。


シャットダウン(終了する)


作業を完全に終了する場合には、「シャットダウン」を選択します。

シャットダウンする場合は、「スタート」ボタン→「シャットダウン」ボタンの順にクリックします。

シャットダウン(終了する)場合

起動しているアプリケーションも含めて、Windowsを終了し、パソコンの電源が完全にオフになります。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)