このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【3610-8775】更新日:2020年8月21日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

富士通ハードウェア診断ツールのエラーコードを教えてください。(2015年9月・10月・12月発表モデル以降)

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 10

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

回答

富士通ハードウェア診断ツールとは、パソコンのハードウェアに問題がないかどうかを確認する機能です。
エラーコードから問題が発生している箇所や対処方法などを確認できます。



次の中から、「診断結果」に表示された「故障推定箇所」の項目をクリックし、エラーコードについて確認してください。

「故障推定箇所」が「ハードディスク」の場合
(「故障推定箇所」が「ハードディスク」の場合)

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

CPU

CPU診断で表示されるエラーコードは、次のとおりです。

エラーコードに合わせて、内容を確認してください。

  1. 1001〜1037 / 1101
  2. 1102

1001〜1037 / 1101

次のエラーコードは、CPUで問題が検出された場合に表示されます。

1001 / 1002 / 1003 / 1004 / 1005 / 1006 / 1007 / 1008 / 1009 / 1010 / 1011 / 1012 / 1013 / 1014 / 1015 / 1016 / 1017 / 1018 / 1019 / 1020 / 1021 / 1022 / 1023 / 1024 / 1025 / 1026 / 1027 / 1028 / 1029 / 1030 / 1031 / 1032 / 1033 / 1034 / 1035 / 1036 / 1037 / 1101

CPUで問題が検出された場合は、CPU交換などの修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。

お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。


1102

エラーコード「1102」が表示された場合は、パソコンを再起動し、もう一度富士通ハードウェア診断ツールを実行します。

同じエラーコードが表示される場合は、メモリに問題がある可能性があります。

故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。
お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。

メモリ

メモリ診断で表示されるエラーコードは、次のとおりです。

エラーコードに合わせて、内容を確認してください。

  1. 1004 / 1101
  2. 1302 / 1305

1004 / 1101

次のエラーコードが表示された場合は、パソコンを再起動し、もう一度富士通ハードウェア診断ツールを実行します。

1004 / 1101

同じエラーコードが表示される場合は、メモリに問題がある可能性があります。

故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。
お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。


1302 / 1305

次のエラーコードは、メモリで問題が検出された場合に表示されます。

1302 / 1305

メモリで問題が検出された場合は、メモリ交換などの修理が必要です。

故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。
お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。

ディスプレイ

ディスプレイ診断で表示されるエラーコードは、次のとおりです。

エラーコードに合わせて、内容を確認してください。

  1. 1002 / 1004
  2. 1101〜1107 / 1201〜1205

1002 / 1004

次のエラーコードが表示された場合は、パソコンを再起動し、もう一度富士通ハードウェア診断ツールを実行します。

1002 / 1004

同じエラーコードが表示される場合は、メモリに問題がある可能性があります。

故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。
お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。


1101〜1107 / 1201〜1205

次のエラーコードが表示された場合は、パソコンを再起動し、もう一度富士通ハードウェア診断ツールを実行します。

1101 / 1102 / 1103 / 1104 / 1105 / 1106 / 1107 / 1201 / 1202 / 1203 / 1204 / 1205

同じエラーコードが表示される場合は、ビデオカードまたはメモリに問題がある可能性があります。

故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。
お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。

ハードディスク

ハードディスク診断で表示されるエラーコードは、次のとおりです。

エラーコードに合わせて、内容を確認してください。

  1. 1002 / 1003 / 1005〜1007 / 1019〜1021
  2. 1004 / 1013〜1016
  3. 1001

1002 / 1003 / 1005〜1007 / 1019〜1021

次のエラーコードは、ハードディスク(HDD)で問題が検出された場合に表示されます。

1002 / 1003 / 1005 / 1006 / 1007 / 1019 / 1020 / 1021

ハードディスクで問題が検出された場合は、ハードディスク交換などの修理が必要です。

故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。
お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。


1004 / 1013〜1016

次のエラーコードは、ハードディスク(HDD)で問題が検出された場合に表示されます。

1004 / 1013 / 1014 / 1015 / 1016

パソコンを再起動し、もう一度富士通ハードウェア診断ツールを実行します。同じエラーが表示される場合はメモリに問題がある可能性があります。

故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。
お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。


1001

「1001」は、診断対象となるハードディスク、またはSSDが見つからなかった場合に表示されるスキップコードです。

放電やBIOSの初期化を行った後で、もう一度富士通ハードウェア診断ツールを実行します。同じエラーが表示される場合はハードディスクの機械的なトラブルの可能性があります。

故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。
お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。

CD / DVD / BDドライブ

CD / DVD / BD診断で表示されるエラーコードは、次のとおりです。

エラーコードに合わせて、内容を確認してください。

  1. 1002
  2. 1005 / 1011〜1013
  3. 1001 / 1003
  4. 1014

1002

エラーコード「1002」が表示された場合は、パソコンを再起動し、もう一度富士通ハードウェア診断ツールを実行します。

同じエラーコードが表示される場合は、CD/DVD/BDドライブに問題がある可能性があります。

故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。
お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。


1005 / 1011〜1013

次のエラーコードは、セットしたディスク(CDやDVD)を読み込めない場合に表示されます。

1005 / 1011 / 1012 / 1013

別のディスクをセットし、もう一度富士通ハードウェア診断ツールを実行します。

アドバイス

CD-ROM、DVD-ROM、またはコピーガードされていない音楽CDをセットしてください。
映画などのDVD/Blu-ray Discおよび空のDVD/Blu-ray Discでは、正しく診断できません。


ディスクを換えても同じエラーコードが表示される場合は、CD/DVD/BD ドライブに問題がある可能性があります。

故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。
お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。


1001 / 1003

次のエラーコードは、CD/DVD/BDドライブを認識しなかった場合に、表示されるスキップコードです。

1001 / 1003

CD/DVD/BDドライブを搭載していない機種をお使いの場合は、表示されていても問題ありません。

モバイルマルチベイを搭載している機種をお使いの場合は、CD/DVD/BDユニットを接続してから、もう一度「実行」ボタンをクリックしてください。

CD/DVD/BDユニットを接続している / モバイルマルチベイを搭載していない機種をお使いの場合は、CD/DVD/BDドライブの状態を確認します。

パソコンを再起動し、もう一度富士通ハードウェア診断ツールを実行しても、同じスキップコードが表示される場合は、CD/DVD/BDドライブに問題がある可能性があります。

故障や修理に関する受付窓口に、お問い合わせください。
お問い合わせ先については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。


1014

「1014」は、CD/DVD/BDドライブを診断しなかった場合に、表示されるスキップコードです。

ディスク(CD-ROMやDVD-ROM)をセットしないでCD/DVD/BDドライブを診断すると、ディスクのセットを依頼するメッセージが表示されます。

このときに「スキップ」ボタンをクリックすると、「1014」のスキップコードが表示されます。

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

ご参考

富士通ハードウェア診断ツールの実行方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A診断プログラムを実行する方法を教えてください。(2015年9月・10月・12月発表モデル以降)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)