このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【3611-0198】更新日:2019年5月24日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

Office 365のサブスクリプションの有効期限切れで使えなくなる機能やサービスを教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • すべて

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

Office 365のサブスクリプションの有効期限切れで使えなくなる機能やサービスを教えてください。

回答

Office Premiumに付属のOffice 365 サービスの有効期限が切れても、Word、ExcelなどのOfficeのアプリは、引き続き利用できます。
ただし、OneDriveやOffice Mobile、Skype、テクニカルサポートの内容が一部制限されます。



Office 365 サービスの有効期限切れで、影響がでる機能やサービスは次のとおりです。

  • OneDrive
    OneDrive(オンラインストレージサービス)の容量拡張サービスが解除され、マイクロソフト社の定めるOS標準の保存容量になります。

  • Office Mobile
    2台のタブレット(iPad および Android タブレットを含む)および2台のスマートフォンで、Officeのプレミアム機能が利用できなくなります。

  • Skype
    固定電話や携帯電話などの一般電話番号に、Skypeで電話をかける場合の、毎月60分の無料通話サービスが利用できなくなります。

  • プレミアム Office サポート
    マイクロソフト社のプレミアム Office サポートが、お問い合わせ内容によって、有料になります。

これらのサービスを延長して利用したいときは、Office 365 サービスの更新(有料)が必要です。
サービスを利用しないときは、有効期限切れのままでも、問題ありません。

Office 365 サービスの詳しい内容や、更新方法は、次のホームページをご覧ください。

マイクロソフト社
Office 365 サービス
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/scenario/default.aspx

アドバイス

Office 365 サービスの内容は変更される可能性があります。
最新の情報は、マイクロソフト社のOffice 365 サービスのページで確認してください。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)