このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【3805-8018】更新日:2013年7月31日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[@メール] エラーコード:「13」「262」「276」「279」「321」〜「326」「330」「337」〜「339」「369」〜「375」が表示され、メールの送受信ができません。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • WindowsVista
  • Windows XP
  • Windows Me
  • Windows 2000

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

@メールで次のエラーコードが表示され、メールの送受信ができません。
対処方法を教えてください。

・13
・262
・276
・279
・321、322、323、324、325、326
・330
・337、338、339
・369、370、371、372、373、374、375

回答

@メール V2.0以降では、送受信時にエラーが発生すると、エラーコードと原因が表示されます。

@メールのデータファイルが破損していると、エラーが表示されることがあります。
次の項目を順番に行い、送受信ができるようになるかどうかを確認します。



1番目の確認項目メールデータとアドレス帳をバックアップする

エラーを修復する前に、@メールのメールデータとアドレス帳をバックアップします。
バックアップの手順は、お使いのバージョンによって異なります。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. @メール V3.8の場合
  2. @メール V2.0〜V3.7の場合

アドバイス
@メールのバージョンは、@メールを起動し、「ヘルプ」メニュー→「バージョン情報」の順にクリックすることで確認できます。
バージョンの後ろにはアルファベットが表示されることがあります。


@メール V3.8の場合

メールデータとアドレス帳は、次の方法でバックアップします。
バックアップが終わった後は、「フォルダを最適化する」に進みます。

アドバイス
バックアップしたデータは、エラーを修復した後に、必要に応じて復元します。
復元する方法は、それぞれ参考にしたQ&Aをご覧ください。


@メール V2.0〜V3.7の場合

メールデータとアドレス帳は、次の方法でバックアップします。
バックアップが終わった後は、「フォルダを最適化する」に進みます。

アドバイス
バックアップしたデータは、エラーを修復した後に、必要に応じて復元します。
復元する方法は、それぞれ参考にしたQ&Aをご覧ください。



2番目の確認項目フォルダを最適化する

メールデータとアドレス帳をバックアップした後、@メールのメールフォルダを最適化します。
メールフォルダを最適化することで、送受信ができるようになる可能性があります。

次の手順でフォルダを最適化します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. @メールを起動します。

  2. 「編集」メニュー→「フォルダの最適化」の順にクリックします。

    編集メニュー→フォルダの最適化の順にクリック

  3. 「フォルダの最適化」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    フォルダの最適化 - はいボタンをクリック

  4. フォルダの最適化が行われます。
    終わるまで待ちます。

  5. 「フォルダの最適化が完了しました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    フォルダの最適化が完了しました - OKボタンをクリック

  6. メールを送受信できるかどうかを確認します。

メールを送受信できないときは、次の「「UserData」(ユーザーデータ)フォルダを再作成する」に進みます。



3番目の確認項目「UserData」(ユーザーデータ)フォルダを再作成する

メールフォルダを最適化しても、メールの送受信にエラーが表示されるときは、@メールのユーザーデータが保存されている「UserData」フォルダを再作成します。

重要
@メールが起動している場合は、「×」ボタンをクリックし、@メールを閉じてください。 

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. Windows Vistaの場合
  2. Windows XPの場合
  3. Windows Meの場合
  4. Windows 2000の場合

Windows Vistaの場合

次の手順で、「UserData」フォルダを再作成します。

アドバイス
「UserData」フォルダを再作成する前に、次のQ&Aをご覧になり、隠しフォルダを表示してください。

Q&Aシステムファイルや隠しファイルを表示する / 非表示にする方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「スタート」ボタン→「(ログオンしているユーザーアカウント名)」の順にクリックします。

    スタートボタン→(ログオンしているユーザーアカウント名)の順にクリック
    (画面は、「FMV」というユーザーアカウント名をクリックしているときの例です。)

  2. 「(ログオンしているユーザーアカウント名)」が表示されます。
    「AppData」をクリックします。

    ログオンしているユーザーアカウント名) - AppDataをクリック

  3. 「AppData」が表示されます。
    「Local」をクリックします。

    AppData - Localをクリック

  4. 「Local」が表示されます。
    「Fujitsu」をクリックします。

    Local - Fujitsuをクリック

  5. 「Fujitsu」が表示されます。
    「AtMail」をクリックします。

    Fujitsu - AtMailをクリック

  6. 「AtMail」が表示されます。
    「UserData」を右クリックし、表示されるメニューから「名前の変更」をクリックします。

    AtMail - UserDataを右クリックし、表示されるメニューから名前の変更をクリック

  7. 「UserData」の名前が青く反転して表示されます。
    名前を次のように変更して、【Enter】キーを押します。

    UserData1

  8. 名前が「UserData1」に変わったことを確認します。

    名前がUserData1に変わったことを確認

  9. 右上の「×」ボタンをクリックして、「AtMail」を閉じます。

  10. @メールを起動し、アカウントを設定します。
    アカウントを設定する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[@メール] メールを送受信するための設定方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

  11. メールを送受信できるかどうかを確認します。

メールを送受信できないときは、「@メールを再インストールする」に進みます。


Windows XPの場合

次の手順で、「UserData」フォルダを再作成します。

アドバイス
「UserData」フォルダを再作成する前に、次のQ&Aをご覧になり、隠しフォルダを表示してください。

Q&Aシステムファイルや隠しファイルを表示する / 非表示にする方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「マイコンピュータ」をクリックします。

    マイコンピュータをクリック

  2. 「マイコンピュータ」が表示されます。
    「ローカルディスク(C:)」をクリックします。

    ローカルディスク(C:)をクリック

  3. 「ローカルディスク(C:)」が表示されます。
    「Documents and Settings」をクリックします。

    Documents and Settingsをクリック

  4. 「Documents and Settings」が表示されます。
    「Owner」(または「ログオンしているユーザー名」)をクリックします。

    Documents and Settings - Owner、またはログオンしているユーザー名をクリック

  5. 「Owner」(または「ログオンしているユーザー名」)が表示されます。
    「Local Settings」をクリックします。

    Owner、またはログオンしているユーザー名 - Local Settingsをクリック

  6. 「Local Settings」が表示されます。
    「Application Data」をクリックします。

    Local Settings - Application Dataをクリック

  7. 「Application Data」が表示されます。
    「Fujitsu」をクリックします。

    Application Data - Fujitsuをクリック

  8. 「Fujitsu」が表示されます。
    「AtMail」をクリックします。

    Fujitsu - AtMailをクリック

  9. 「AtMail」が表示されます。
    「UserData」を右クリックして、表示されるメニューから、「名前の変更」をクリックします。

    AtMail - UserData」を右クリックし、メニューから名前の変更をクリック

  10. 「UserData」の名前が青く反転して表示されます。
    名前を次のように変更して、【Enter】キーを押します。

    UserData1

  11. 名前が「UserData1」に変わったことを確認します。

    名前がUserData1に変わったことを確認

  12. 右上の「×」ボタンをクリックして、「AtMail」を閉じます。

  13. @メールを起動し、アカウントを設定します。
    アカウントを設定する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[@メール] メールを送受信するための設定方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

  14. メールを送受信できるかどうかを確認します。

メールを送受信できないときは、「@メールを再インストールする」に進みます。


Windows Meの場合

次の手順で、「UserData」フォルダを再作成します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「マイコンピュータ」をクリックします。

    マイコンピュータをクリック

  2. 「マイコンピュータ」が表示されます。
    「ローカルディスク(C:)」をクリックします。

    マイコンピュータ - ローカルディスク(C:)をクリック

  3. 「ローカルディスク(C:)」が表示されます。
    「WINDOWS」をクリックします。

    ローカルディスク(C:) - WINDOWSをクリック

  4. 「WINDOWS」が表示されます。
    「Application Data」をクリックします。

    WINDOWS - Application Dataをクリック

    アドバイス
    パソコンにユーザーを作成している場合は、「Profiles」→「(パソコンに作成したユーザー名)」→「Application Data」の順にクリックします。

  5. 「Application Data」が表示されます。
    「Fujitsu」をクリックします。

    Application Data - Fujitsu」をクリック

  6. 「Fujitsu」が表示されます。
    「AtMail」をクリックします。

    Fujitsu - AtMailをクリック

  7. 「AtMail」が表示されます。
    「UserData」を右クリックして、表示されるメニューから、「名前の変更」をクリックします。

    AtMail - UserDataを右クリック、メニューから名前の変更をクリック

  8. 「UserData」の名前が青く反転して表示されます。
    名前を次のように変更して、【Enter】キーを押します。

    UserData1

  9. 名前が「UserData1」に変わったことを確認します。

    名前がUserData1に変わったことを確認

  10. 右上の「×」ボタンをクリックして、「AtMail」を閉じます。

  11. @メールを起動し、アカウントを設定します。
    アカウントを設定する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[@メール] メールを送受信するための設定方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

  12. メールを送受信できるかどうかを確認します。

メールを送受信できないときは、「@メールを再インストールする」に進みます。


Windows 2000の場合

次の手順で、「UserData」フォルダを再作成します。

アドバイス
「UserData」フォルダを再作成する前に、次のQ&Aをご覧になり、隠しフォルダを表示してください。

Q&Aシステムファイルや隠しファイルを表示する / 非表示にする方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「マイコンピュータ」をクリックします。

    マイコンピュータをクリック

  2. 「マイコンピュータ」が表示されます。
    「ローカルディスク(C:)」をクリックします。

    マイコンピュータ - ローカルディスク(C:)をクリック

  3. 「ローカルディスク(C:)」が表示されます。
    「Documents and Settings」をクリックします。

    Documents and Settingsをクリック

  4. 「Documents and Settings」が表示されます。
    「Administrator」(または「ログオンしているユーザー名」)をクリックします。

    Documents and Settings - Administrator、またはログオンしているユーザー名をクリック

  5. 「Administrator」(または「ログオンしているユーザー名」)が表示されます。
    「Local Settings」をクリックします。

    Administrator、またはログオンしているユーザー名 - Local Settingsをクリック

  6. 「Local Settings」が表示されます。
    「Application Data」をクリックします。

    Local Settings - ApplicationDataをクリック

  7. 「Application Data」が表示されます。
    「Fujitsu」をクリックします。

    Application Data - Fujitsuをクリック

  8. 「Fujitsu」が表示されます。
    「AtMail」をクリックします。

    Fujitsu - AtMailをクリック

  9. 「AtMail」が表示されます。
    「UserData」を右クリックして、表示されるメニューから、「名前の変更」をクリックします。

    AtMail - UserDataを右クリック、メニューから名前の変更をクリック

  10. 「UserData」の名前が青く反転して表示されます。
    名前を次のように変更して、【Enter】キーを押します。

    UserData1

  11. 名前が「UserData1」に変わったことを確認します。

    名前がUserData1に変わったことを確認

  12. 右上の「×」ボタンをクリックして、「AtMail」を閉じます。

  13. @メールを起動し、アカウントを設定します。
    アカウントを設定する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[@メール] メールを送受信するための設定方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

  14. メールを送受信できるかどうかを確認します。

メールを送受信できないときは、次の「@メールを再インストールする」に進みます。



4番目の確認項目@メールを再インストールする

「UserData」(ユーザーデータ)フォルダを再作成してもエラーが表示されるときは、@メールを再インストールします。

@メールを再インストールする方法は、お使いのバージョンによって異なります。
お使いのバージョンに応じたQ&Aをご覧ください。

@メールを再インストールしても、メールを送受信できない場合は、次の「アップデートパックを適用する」に進みます。



5番目の確認項目アップデートパックを適用する

@メールを再インストールしてもエラーが表示されるときは、@メールのアップデートパックを適用します。

@メールのアップデートパックは、FMVサポートのホームページで提供されています。

最新のアップデートパックが、FMVサポートのホームページで提供されているかどうかを確認し、提供されている場合は、ダウンロードし、インストールしてください。

手順は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&AFMVサポートのダウンロードページから、ドライバー類をダウンロードして適用する方法を教えてください。 (新しいウィンドウで表示)

適用してもメールを送受信できないとき、またはアップデートパックが公開されていないときは、次の「富士通パーソナル製品に関する電話お問い合わせ窓口に問い合わせる」に進みます。



6番目の確認項目富士通パーソナル製品に関する電話お問い合わせ窓口に問い合わせる

ここまでの項目をご覧になっても送受信ができないときは、次のホームページをご覧になり、「富士通パーソナル製品に関するお問合せ窓口」までご連絡ください。

My Cloudお困りごとのご相談(新しいウィンドウで表示)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)