このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【4103-3883】更新日:2018年6月27日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[ボイスレコーダー / サウンドレコーダー] マイクやライン入力から録音する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7
  • WindowsVista
  • Windows XP
  • Windows Me
  • Windows 2000
  • Windows 98
  • Windows 95

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

ボイスレコーダー / サウンドレコーダーでマイクやライン入力から録音する方法を教えてください。
また、録音した音のファイル形式は何になるのでしょうか。

回答

Windowsに搭載しているボイスレコーダー / サウンドレコーダーで、マイクやライン入力から音声を録音できます。

録音した音のファイル形式や録音する方法は、お使いのOSによって異なります。
お使いのOSに応じた項目をクリックして、確認してください。

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

Windows 10の場合

Windows 8.1/8の場合

Windows 7の場合

Windows Vistaの場合

Windows XP / Windows Me / Windows 2000 / Windows 98の場合

サウンドレコーダーは、WMA形式でマイクやライン入力から音声を録音できます。
WMAとは、Windows Media Playerなどで使用されている音楽ファイルの形式です。

サウンドレコーダーでマイクやライン入力から録音する方法は、次のとおりです。

次の項目を順番に確認してください。

  1. 機器を接続する
  2. 録音する

機器を接続する

マイク端子やライン入力端子から音声を録音する場合、機器(マイク / CDプレーヤーなど)とパソコンをケーブルで接続する必要があります。

パソコンのマイク端子、またはライン入力端子に、ステレオミニジャックケーブルを奥までしっかりと差し込みます。
ステレオミニジャックケーブルの一方は、録音する機器に接続します。

【端子やケーブルの例】

  • ライン入力端子(FMV-DESKPOWERの例)

    DESKPOWER LINE IN端子  ライン・イン記号
    (端子と端子のマーク)

  • マイク端子(FMV-BIBLOの例)

    マイク / ラインイン兼用端子  マイクイン / ラインイン兼用端子記号
    (端子と端子のマーク)

  • ステレオミニジャックケーブル

    ステレオミニジャックケーブルは、金属部分に白や黒の線が2本入っています。

    ステレオミニプラグ
重要


録音する

次の手順で、音声を録音します。
画面はWindows XPのサウンドレコーダーの例です。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「エンターテイメント」→「サウンドレコーダー」の順にクリックします。

  2. サウンドレコーダーが起動します。
    「編集」メニュー→「オーディオのプロパティ」の順にクリックします。

    「オーディオのプロパティ」をクリック

  3. 「オーディオのプロパティ」が表示されます。
    「録音」欄の「音量」ボタンをクリックします。

    「音量」ボタンをクリック

    アドバイス

    Windows 98をお使いの場合は、「録音」欄のマイクボタンをクリックします。

    録音ボタン 98

  4. 「録音コントロール」または「Recording Control」が表示されます。
    録音したいデバイス名の「選択」をクリックし、チェックを付けます。

    「選択」をクリック
    (「マイク」を選択した場合)

    アドバイス

    • 選択したいデバイス名が「録音コントロール」にない場合は、「オプション」メニュー→「プロパティ」の順にクリックします。
      表示される「プロパティ」の「表示するコントロール」から、録音したいデバイス名をクリックしてチェックを付けます。
      その後、「OK」ボタンをクリックし、「プロパティ」を閉じます。

      「録音コントロール」に、録音したいデバイス名が表示されたら、そのデバイス名をクリックします。

    • お使いの機種によっては、「録音コントロール」「マイク」「Audio Input」が、次の名前で表示される場合があります。

      • 録音コントロール : 録音の調節、Recording Controlなど

      • マイク : マイクロフォン、Mic、Microphoneなど

      • Audio Input : ライン入力、ライン・イン、Line、Line-inなど

  5. 「オプション」メニュー→「ボリュームコントロールの終了」の順にクリックします。

    「ボリュームコントロールの終了」をクリック

  6. 「音の再生」欄の「音量」ボタンをクリックします。

    「音量」ボタンをクリック

    アドバイス

    Windows 98をお使いの場合は、「再生」欄のスピーカーボタンをクリックします。

    スピーカーボタンをクリック

  7. 「ボリュームコントロール」が表示されます。
    手順4.で選択したデバイス名の「ミュート」を、必要に応じてクリックします。

    • スピーカーから音声を出す場合:「ミュート」のチェックを外します。

    • スピーカーから音声を出さない場合:「ミュート」にチェックを付けます。

    必要に応じて「ミュート」をクリック
    (スピーカーから音声を出す場合の画面)

    アドバイス

    お使いの機種によっては、「ボリュームコントロール」が、次の名前で表示される場合があります。

    音量マスタ、Master Volime、Volime Control、音量の調整など

  8. 「オプション」メニュー→「ボリュームコントロールの終了」の順にクリックします。

    「ボリュームコントロールの終了」をクリック

  9. 「OK」ボタンをクリックし、「オーディオのプロパティ」を閉じます。

    「OK」ボタンをクリック

  10. 「サウンドレコーダー」の赤い丸が表示されている録音ボタンをクリックします。

    「サウンドレコーダター」 - 「録音」ボタン

  11. 録音が始まります。
    正常に録音されている場合は、波形で音量が表示されます。

    録音中
アドバイス

  • 録音を途中で停止するときは、黒い四角形が表示されている停止ボタンをクリックします。

  • 再生するときは、黒い右向きの三角形が表示されている再生ボタンをクリックします。

  • 録音した内容を保存するときは、「ファイル」メニュー→「名前を付けて保存」の順にクリックします。

  • 「名前を付けて保存」の「変更」ボタンをクリックすると、録音した音質を変更して保存できます。


ご参考

サウンドレコーダーでは、1回の操作で録音できる時間は60秒です。
60秒以上録音したい場合は、次のQ&Aをご覧ください。

Windows 95の場合

サウンドレコーダーは、WMA形式でマイクやライン入力から音声を録音できます。
WMAとは、Windows Media Playerなどで使用されている音楽ファイルの形式です。

サウンドレコーダーでマイクやライン入力から録音する方法は、次のとおりです。

次の項目を順番に確認してください。

  1. 機器を接続する
  2. 録音する

機器を接続する

マイク端子やライン入力端子から音声を録音する場合、機器(マイク / CDプレーヤーなど)とパソコンをケーブルで接続する必要があります。

パソコンのマイク端子、またはライン入力端子に、ステレオミニジャックケーブルを奥までしっかりと差し込みます。
ステレオミニジャックケーブルの一方は、録音する機器に接続します。

【端子やケーブルの例】

  • ライン入力端子(FMV-DESKPOWERの例)

    DESKPOWER LINE IN端子  ライン・イン記号
    (端子と端子のマーク)

  • マイク端子(FMV-BIBLOの例)

    マイク / ラインイン兼用端子  マイクイン / ラインイン兼用端子記号
    (端子と端子のマーク)

  • ステレオミニジャックケーブル

    ステレオミニジャックケーブルは、金属部分に白や黒の線が2本入っています。

    ステレオミニプラグ
重要


録音する

次の手順で、音声を録音します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。
  1. 「スタート」ボタン→「プログラム」→「アクセサリ」→「マルチメディア」→「ボリュームコントロール」の順にクリックします。

  2. 「Volume Control」が表示されます。
    「オプション」メニュー→「プロパティ」の順にクリックします。

    「オプション」メニュー→「プロパティ」

  3. 「プロパティ」が表示されます。
    「音量の調整」項目で、「録音」をクリックします。

    「プロパティ」 - 「音量の調整」項目

  4. 「表示するコントロール」の表示が変わったことを確認してから、「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  5. 「Recording Control」が表示されます。
    録音したいデバイス名の「選択」をクリックし、チェックを付けます。

    「Recording Control」 - 録音したいデバイス名 - 「選択」
    (「Microphone」の場合)

  6. 「オプション」メニュー→「ボリュームコントロールの終了」の順にクリックします。

    「オプション」メニュー - 「ボリュームコントロールの終了」

  7. 「Recording Control」が終了します。
    「スタート」ボタン→「プログラム」→「アクセサリ」→「マルチメディア」→「サウンドレコーダー」の順にクリックします。

  8. サウンドレコーダーが起動します。
    「サウンドレコーダー」の 赤い丸が表示されている録音ボタンをクリックします。

    「サウンドレコーダー」 - 「録音」ボタン

  9. 録音が始まります。
    正常に録音されている場合は、波形で音量が表示されます。

    録音中
アドバイス

  • 録音を途中で停止するときは、黒い四角形が表示されている停止ボタンをクリックします。

  • 再生するときは、黒い右向きの三角形が表示されている再生ボタンをクリックします。

  • 録音した内容を保存するときは、「ファイル」メニュー→「名前を付けて保存」の順にクリックします。
    「名前を付けて保存」の「変更」ボタンをクリックすると、録音した音質を変更して保存できます。

  • 録音した内容を保存するときは、「ファイル」メニュー→「名前を付けて保存」の順にクリックします。

  • 「名前を付けて保存」の「変更」ボタンをクリックすると、録音した音質を変更して保存できます。

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)