このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【4106-8465】更新日:2013年7月20日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Web かんたんログイン / 指紋認証] OmniPass のユーザーを保存 / 復元する方法を教えてください。(2007年春モデル〜2012年夏モデル)

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7
  • WindowsVista
  • Windows XP

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

OmniPass(認証ユーティリティ)に登録したユーザーを保存(エクスポート)したり、復元(インポート)したりする方法を教えてください。

回答

2007年春モデル〜2012年夏モデルで、OmniPass(Web かんたんログイン / 指紋認証)が付属している機種向けのQ&Aです。
付属している機種は、次のQ&Aで確認できます。

Q&AOmniPass(Web かんたんログイン / 指紋認証)について教えてください。(新しいウィンドウで表示)

OmniPass で登録したユーザー情報は、OmniPass に「OmniPass ユーザー情報」として登録されています。
「OmniPass ユーザー情報」をバックアップしたり、復元したりする方法は、次のとおりです。

実行したい操作に応じた項目を確認してください。

  1. 「OmniPass ユーザー情報」を保存する
  2. 「OmniPass ユーザー情報」を復元する


「OmniPass ユーザー情報」を保存する

「OmniPass ユーザー情報」を保存する手順は、次のとおりです。

重要
すでに「OmniPass ユーザー情報」を保存するユーザーでログオンしている場合は、ログオンし直す必要はありません。
「保存する」の手順からご覧ください。


「OmniPass ユーザー情報」を保存するユーザーでログオンする

「OmniPass ユーザー情報」は、登録しているユーザーごとにユーザー情報を保存します。
ユーザー情報を2つ以上登録している場合は、ユーザー情報を保存したいユーザーでログオンする必要があります。

次の手順で、「OmniPass ユーザー情報」を保存するユーザーでログオンします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 画面右下の通知領域にある、鍵の形をした「OmniPass」アイコンを右クリックし、表示されるメニューから「ユーザーのログオン」をクリックします。

    アドバイス
    • 通知領域に「OmniPass」アイコンが表示されていない場合

      Windows 7 は「▲」ボタン、Windows Vista / Windows XPは「<」をクリックすると、隠れたアイコンが表示されます。

    • メニューに「ユーザーのログオン」が表示されていない場合

      すでにログオンしています。
      保存する」へ進みます。

    OmniPassアイコンを右クリックしユーザーのログオンをクリック

  2. 「ユーザーログオンの認証」が表示されます。
    お使いの認証方式に応じて、次のとおり操作します。

    • 暗証キー(Web かんたんログイン)の場合

      マスターパスワードで認証します。

      「ユーザー名:」の欄にWindows ユーザーアカウント名を入力し、「ドメイン:」欄をクリックします。

      「ドメイン:」の欄にドメインが表示されたら、「パスワード:」欄をクリックしてWindows ユーザーアカウントのパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。

      ユーザーログオンの認証

    • 指紋(指紋センサー)の場合

      指紋を登録している指の第1関節を指紋センサーの中央に乗せ、ゆっくりと手前に引いて指紋を読み取ります。

      ユーザーログオンの認証

      アドバイス
      指紋が読み取れたときは緑色で、読み取れなかったときは赤色で表示されます。

      左:読み取れたとき 右:読み取れなかったとき
      (左:読み取れたとき 右:読み取れなかったとき)

      指紋が正しく読み取れない場合は、次のQ&Aをご覧になり、指を正しくスライドする方法を確認してください。

      Q&A[指紋認証] 指紋を認証させるときに指を正しくスライドする方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

    アドバイス
    • マスターパスワードを間違えたり、指紋を読み取れなかったりすると、赤い「×」マークとメッセージが表示されて、入力画面が表示されないことがあります。

      OmniPass という文字の右下にある「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧から、認証方式に応じて「マスターパスワードの認証」、あるいは、「指紋センサー」(または「AuthenTec 指紋ドライバ」)をクリックし、もう一度認証するための画面を表示させてください。

    • すでに他のユーザーがログオンしている場合は、「OmniPass - ユーザーのログアウト」が表示されます。
      この場合は、「はい」ボタンをクリックし、保存するユーザーでログオンしてください。

      はいボタンをクリック

    保存する

    次の手順で、「OmniPass ユーザー情報」を保存します。


    操作手順

    お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

    1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「Softex」→「OmniPass コントロールセンター」(または「OmniPass Control Center」)の順にクリックします。

    2. 「OmniPass コントロールセンター」が表示されます。
      左側に表示されている「ユーザー情報」をメモに控えます。

      • 現在のユーザー

      • ドメイン

      重要
      「ユーザー情報」にはパスワードが表示されませんが、「OmniPass ユーザー情報」を復元するときに必要です。
      パスワードも忘れないようにしてください。

      OmniPass コントロールセンター_ユーザー情報の確認

    3. 「ユーザー管理ウィザードの実行」(または「登録ウィザードの実行」)をクリックします。

      OmniPass コントロールセンター_ユーザー管理ウィザードの実行

    4. 「ユーザー管理ウィザードメニュー」(または「登録ウィザードメニュー」)が表示されます。
      「OmniPass ユーザー情報のバックアップ」をクリックします。

      ユーザー管理ウィザードメニュー、または登録ウィザードメニュー - OmniPassユーザー情報のバックアップをクリック

    5. 「プロファイルのバックアップの認証」が表示されます。
      お使いの認証方式に応じて、次のとおり操作します。

      • 暗証キー(Web かんたんログイン)の場合

        暗証キーをクリックして入力し、「決定」ボタンをクリックします。

        プロファイルのバックアップの認証

      • 指紋(指紋センサー)の場合

        指紋を登録している指の第1関節を指紋センサーの中央に乗せ、ゆっくりと手前に引いて指紋を読み取ります。

        プロファイルのバックアップの認証

    6. 「バックアップファイルのパスワード」が表示されます。
      「...」ボタンをクリックします。

      バックアップファイルのパスワード_「...」ボタン

      アドバイス
      「バックアップファイルのパスワード」が表示されない場合は、次の手順に進みます。

    7. 「ユーザープロファイルのバックアップを名前を付けて保存...」が表示されます。
      「保存する場所」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧から「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

      ▼ボタンをクリックしローカルディスク(D:)をクリック

      アドバイス
      デスクトップなどのローカルディスク(C:)に保存すると、ご購入時の状態に戻すリカバリを実行したときに削除されるため、ご注意ください。

    8. 「ファイル名」欄に、「OmniPass ユーザー情報」の名前をお好みで入力します。

      バックアップするファイル名を入力
      (「指紋バックアップ」と入力した場合)

    9. 「保存」ボタンをクリックします。

      保存ボタンをクリック

    10. 「バックアップファイルのパスワード」が表示されます。
      または、「バックアップファイルのパスワード」に戻ります。

      「OmniPass ユーザー情報」のファイルをパスワードで保護するかしないかによって、次のとおり操作します。

      • パスワードで保護しない場合

        手順11.に進みます。

      • パスワードで保護する場合

        次の項目にパスワードを入力します。

        • パスワード:ファイルを保護するためのパスワードを入力します。

        • パスワードの確認:「パスワード」欄に入力した文字を、もう一度入力します。
          (お使いの環境によっては、表示されない場合があります)

        バックアップファイルのパスワード_パスワードを入力

        重要
        入力したパスワードは、「OmniPass ユーザー情報」を復元するときに必要です。
        間違えて入力したり、忘れたりしないようにしてください。

    11. 「OK」ボタンをクリックします。

      バックアップファイルのパスワード_OKボタン

    12. 「OmniPass - プロファイルのバックアップ成功」が表示されます。
      表示されている内容を確認のうえ、「OK」ボタンをクリックします。

      OmniPass - プロファイルのバックアップ成功

    13. 「スタート」ボタン→「コンピューター」の順にクリックします。

    14. 「コンピューター」が表示されます。
      「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

      ローカルディスク(D:)をクリック

    15. ローカルディスク(D:)に、鍵の形をしたOmniPass ユーザー情報のアイコンが保存されたことを確認します。

      OmniPassのアイコンが表示されていることを確認


      「OmniPass ユーザー情報」を復元する

      「OmniPass ユーザー情報」を復元する方法は、次のとおりです。

      次の項目を順番に確認してください。

      1. 事前に準備する
      2. 復元する

      事前に準備する

      「OmniPass ユーザー情報」を復元するときに、保存したときと同じ情報(ユーザー名、ドメイン、パスワード)を入力する必要があります。

      このため、復元を実行する前に、Windows の次の情報が、「OmniPass ユーザー情報」を保存したときと同じであることを確認してください。

      • ユーザーアカウント名

      • ユーザーアカウントのパスワード

      • コンピューター名(ドメイン)

      それぞれの方法については、お使いのOSに応じて、次のQ&Aをご覧ください。

      また、「OmniPass ユーザー情報」のファイルを保存するときにパスワードで保護した場合は、そのパスワードも準備してください。


      復元する

      次の手順で、「OmniPass ユーザー情報」を復元します。


      操作手順

      お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

      1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「Softex」→「OmniPass コントロールセンター」(または「OmniPass Control Center」)の順にクリックします。

        アドバイス
        「OmniPass」にログオンする必要はありません。

      2. 「OmniPass  コントロールセンター」が表示されます。
        「新規ユーザーの登録」(または「登録ウィザードの実行」)をクリックします。

        OmniPass コントロールセンター_新規ユーザーの登録

        アドバイス
        「ユーザー アカウント制御」が表示された場合は、「続行」ボタンをクリックします。

      3. 「タスクの選択」が表示されます。
        「既存のWindows ユーザーの登録」ボタンをクリックします。

        タスクの選択

      4. 「OmniPass への登録」が表示されます。
        「バックアップしたユーザー情報からユーザーを復元します。」をクリックし、チェックを付けます。

        ユーザーのインポート/エクスポート

        アドバイス
        「ユーザー名」や「パスワード」を入力する必要はありません。

      5. 「次へ」ボタンをクリックします。

        次へ

      6. 「復元するユーザープロファイルを開く...」が表示されます。

        「ファイルの場所」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧から「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

        ▼ボタンをクリックしローカルディスク(D:)をクリック

      7. 復元したいOmniPass ユーザー情報のアイコンをクリックします。

        OmniPassユーザー情報のアイコンをクリック
        (「指紋バックアップ」という名前の場合)

      8. 「バックアップファイルのパスワード」が表示されます。
        「OmniPass ユーザー情報」のファイルをパスワードで保護しているかしていないかによって、手順が異なります。

        • パスワードで保護していない場合

          手順9.に進みます。

        • パスワードで保護している場合

          「OmniPass ユーザー情報」を保存したときに設定したパスワードを入力します。

          バックアップファイルのパスワード_入力

          重要
          パスワードを忘れた場合は、「OmniPass ユーザー情報」を復元できません。
          新規で登録してください。

      9. 「OK」ボタンをクリックします。

        バックアップファイルのパスワード_OK

      10. 「ユーザープロファイルの復元」が表示されます。
        次のそれぞれの項目に、ユーザー情報を入力します。

        • 「ユーザー名」(メモに控えた「現在のユーザー」の名称です)

        • 「パスワード」(Windows ユーザーアカウントのパスワードです)

        ユーザープロファイルの復元_入力

        アドバイス
        表示されている「ドメイン」が、「OmniPass ユーザー情報」を保存したときと同じものであることを確認してください。

      11. 「次へ」ボタンをクリックします。

        ユーザープロファイルの復元_次へ

        アドバイス
        「ユーザー名またはパスワードが認識されませんでした」(または、「ユーザー名またはパスワードが間違っています。」)と表示された場合は、「ユーザー名」や「パスワード」を確認し、もう一度それぞれの項目を入力してください。

      12. 「OmniPass - ユーザーの復元成功」が表示されます。
        「OK」ボタンをクリックします。

        OKボタンをクリック

        アドバイス
        「OmniPass は 新しいユーザーの作成を完了しました。」と表示された場合は、「OK」ボタンをクリックしてください。

      13. 画面右下の通知領域にある、鍵の形をした「OmniPass」アイコンを右クリックし、表示されるメニューから「ユーザーのログオン」をクリックします。

        アドバイス
        • 通知領域に「OmniPass」アイコンが表示されていない場合

          Windows 7 は「▲」ボタン、Windows Vista / Windows XPは「<」をクリックすると、隠れたアイコンが表示されます。

        • メニューに「ユーザーのログオン」が表示されていない場合

          すでにログオンしている状態です。ログオンの確認は不要です。

        OmniPassアイコンを右クリックしユーザーのログオンをクリック

      14. 「ユーザーログオンの認証」が表示されます。
        復元したユーザーで認証し、正しくログオンできることを確認します。

        ユーザーログオンの認証
        (指紋による認証の場合)

        アドバイス
        • 「OmniPass - ユーザーのログアウト」が表示された場合は、すでにログオンしています。「ユーザー名:」が、復元したユーザーのものであることを確認してから、「いいえ」ボタンをクリックしてください。

          いいえボタンをクリック

        • 正しくログオンできることを確認したら、OmniPass ユーザープロファイル(鍵の形をしたアイコン)は削除しても構いません。

      アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

      問題は解決しましたか?
      ご意見など(400文字まで)

      【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
      質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

      このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

      Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

      その他の便利なサービス(有料)