このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【4906-4650】更新日:2006年8月16日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

「PowerUtility」のスケジュール機能を利用して、デフラグとディスククリーンアップを実行する方法を教えてください。

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2006年夏モデルDESKPOWER、他・・・
対象OS
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional
  • Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • Windows XP Media Center Edition 2004
  • Windows XP Media Center Edition 2005

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

「PowerUtility」のスケジュール機能を利用して、デフラグとディスククリーンアップを実行する方法を教えてください。

回答

「PowerUtility」のスケジュール機能を利用して、デフラグやディスククリーンアップを実行する方法は、それぞれ次のとおりです。



操作手順
  1. 「スタート」ボタン →「すべてのプログラム」→「PowerUtility」→「スケジュール」→「PowerUtility - スケジュール機能」(または「PowerUtility - スケジュール」)の順にクリックします。

  2. 「PowerUtility - スケジュール機能」(また「PowerUtility - スケジュール」)が表示されます。
    「追加」ボタンをクリックします。

    追加ボタン

  3. 「アクションの追加」が表示されます。
    「アクション」タブをクリックします。

    アクションタブをクリック

  4. 「アプリケーションの実行」をクリックします。

    アプリケーションの実行をクリック

  5. 「直接指定する」をクリックします。

    直接指定するをクリック

  6. 「参照」ボタンをクリックします。

    参照ボタンをクリック

  7. 「参照」が表示されます。
    「マイコンピュータ」→「ローカル ディスク (C:)」→「WINDOWS」→「sysytem32」→「defrag」の順にクリックします。

    参照

  8. 「パラメータ」欄に次のように入力します。

    • ローカルディスク(C:)のデフラグを行う場合

      c: -f

    • ローカルディスク(D:)のデフラグを行う場合

      d: -f

    パラメータの入力

  9. 「スケジュール」タブをクリックします。

    スケジュールタブをクリック

  10. 「間隔」の「▼」をクリックし、実行する間隔を指定します。

    間隔を設定

  11. 「開始日」の「▼」をクリックし、実行する日にちを指定します。

    開始日を設定

  12. 「開始時刻」の「▲」「▼」をクリックし、開始する時刻を指定します。

    開始時刻を設定

  13. 「オプション設定」タブをクリックします。

    オプション設定タブをクリック

  14. 「停止した状態で保存する」をクリックし、チェックを外します。

    停止した状態で保存する

  15. 「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタン

  16. 「閉じる」ボタンをクリックします。

    閉じるボタン


操作手順
  1. 「スタート」ボタン →「すべてのプログラム」→「PowerUtility」→「スケジュール」→「PowerUtility - スケジュール機能」(または「PowerUtility - スケジュール」)の順にクリックします。

  2. 「PowerUtility - スケジュール機能」(また「PowerUtility - スケジュール」)が表示されます。
    「追加」ボタンをクリックします。

    追加ボタン

  3. 「アクションの追加」が表示されます。
    「アクション」タブをクリックします。

    アクションタブをクリック

  4. 「アプリケーションの実行」をクリックします。

    アプリケーションの実行をクリック

  5. 「直接指定する」をクリックします。

    直接指定するをクリック

  6. 「参照」ボタンをクリックします。

    参照ボタンをクリック

  7. 「参照」が表示されます。
    「マイコンピュータ」→「ローカル ディスク (C:)」→「WINDOWS」→「sysytem32」→「cleanmgr」の順にクリックします。

    参照

  8. 「パラメータ」欄に次のように入力します。
    • ローカルディスク(C:)のディスククリーンアップを行う場合

      /d c:

    • ローカルディスク(D:)のディスククリーンアップを行う場合

      /d d:

    パラメータの入力

  9. 「スケジュール」タブをクリックします。

    スケジュールタブをクリック

  10. 「間隔」の「▼」をクリックし、実行する間隔を指定します。

    間隔を設定

  11. 「開始日」の「▼」をクリックし、実行する日にちを指定します。

    開始日を設定

  12. 「開始時刻」の「▲」「▼」をクリックし、開始する時刻を指定します。

    開始時刻を設定

  13. 「オプション設定」タブをクリックします。

    オプション設定タブをクリック

  14. 「停止した状態で保存する」をクリックし、チェックを外します。

    停止した状態で保存する

  15. 「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタン

  16. 「閉じる」ボタンをクリックします。

    閉じるボタン

アドバイス
ディスククリーンアップはスケジュールで起動した後、削除データの選択画面で停止します。
これはデータを誤って削除しないための、正常な動作です。

ディスククリーンアップ

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)