このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【5311-2207】更新日:2019年12月10日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

「起動可能なデバイスが見つかりませんでした。」と表示され、パソコンが起動しないことがあります。(2018年11月発表モデル〜2019年2月発表モデル ESPRIMO FHシリーズ)

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2019年2月発表モデルESPRIMO FH70/D1、他・・・
対象OS
  • Windows 10

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

「起動可能なデバイスが見つかりませんでした。」と表示され、パソコンが起動しないことがあります。

回答

インテル Optane メモリーを再設定することで、Windowsをご利用できます。



アドバイス

  • インテル Optane メモリーとは、大容量のHDDをSSD並に高速化する技術です。
    HDDのキャッシュメモリとして機能するため、パソコンの起動やデータの読み込み、ブラウザーなどのソフトの起動を高速に処理することができます。

    インテル Optane メモリーを無効の状態でもWindowsは利用できます。

  • 診断プログラムでエラーが表示されている場合でも、本Q&Aの手順でインテル Optane メモリーの再設定を行い、パソコンが起動できるようになるかどうかを確認してください。


インテル Optane メモリーを無効にする手順は、次のとおりです。


手順1インテル Optane メモリーを無効にする

インテル Optane メモリーを無効にする手順は、次のとおりです。


操作手順

  1. パソコン本体の電源ボタンを押して、パソコンの電源を切ります。

  2. キーボードの「SUPPORT(サポート)」ボタンを押します。

  3. 「起動デバイスを選択してください。」と表示されます。
    【↑】キー、または【↓】キーを押して、【BIOSセットアップ】を選択し、【Enter】キーを押します。

  4. 【←】キー、または【→】キーを押して、「詳細」メニューを選択します。

  5. 【↑】キー、または【↓】キーを押して、「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」を選択し、【Enter】キーを押します。

    「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」を選択

  6. 【↑】キー、または【↓】キーを押して、「SATA 0.4, XXXX, ○○TB」を選択し、【Enter】キーを押します。

    「SATA 0.4, XXXX, 2.7TB」を選択

    アドバイス

    「XXXX」の部分は英数字、「○○」の部分はハードディスクの容量に応じた数字が表示されます。


  7. 「Reset to non-RAID」を選択して、【Enter】キーを押します。

    「Reset to non-RAID」を選択

  8. 【↑】キー、または【↓】キーを押して、「継続」を選択し、【Enter】キーを押します。

    「継続」を選択

  9. 【↑】キー、または【↓】キーを押して、「PCIe 1.0, INTEL MEMPEK1J016GA XXXX, 13.4GB」を選択し、【Enter】キーを押します。

    「PCIe 1.0, INTEL MEMPEK1J016GA XXXX, 13.4GB」を選択

    アドバイス

    「XXXX」の部分は英数字が表示されます。


  10. 「Optaneボリュームの初期化」を選択して、【Enter】キーを押します。

    「Optaneボリュームの初期化」を選択

  11. 【↑】キー、または【↓】キーを押して、「継続」を選択し、【Enter】キーを押します。

    「継続」を選択

  12. 【↑】キー、または【↓】キーを押して、「実行」を選択し、【Enter】キーを押します。

    「実行」を選択

    アドバイス

    【Enter】キーを押して処理が開始されたら、完了して画面が切り替わるまで、操作をせずにお待ちください。


  13. 処理が完了すると、一つ前の画面に自動的に戻ります。
    「終了」メニューが表示されるまで、【Esc】キーを何度か押します。

  14. 【↑】キー、または【↓】キーを押して、「変更を保存して終了する (再起動)」を選択し、【Enter】キーを押します。

  15. 【←】キー、または【→】キーを押して、「はい」を選択し、【Enter】キーを押します。
    インテル Optane メモリーが無効の状態で、Windowsが起動します。

    アドバイス

    インテル Optane メモリーが無効になると、パソコンの処理動作が遅くなります。

Windowsが起動した状態で、次の「インテル Optane メモリーを有効にする」の手順で、インテル Optane メモリーを有効にします。


手順2インテル Optane メモリーを有効にする

インテル Optane メモリーを有効にする手順は、次のとおりです。

ダウンロードインテル(R) ラピッド ストレージ テクノロジー (GUI)


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 上の「ダウンロード」のリンクをクリックし、「ダウンロード」ページを表示します。

  2. ページをスクロールし、「ダウンロードファイル」の「インテル(R) ラピッド ストレージ テクノロジー (GUI)」をクリックします。

    ダウンロードファイル

  3. Microsoft Edgeの画面下側に、「E1027955.exe について行う操作を選んでください。」と表示されます。
    「保存」ボタン右側の「上向き三角」をクリックし、表示される「名前を付けて保存」ボタンをクリックします。

    名前を付けて保存ボタンをクリック

  4. 「名前を付けて保存」が表示されます。画面左側にある「デスクトップ」をクリックします。

    デスクトップをクリック

    アドバイス

    「デスクトップ」が表示されていない場合は、「フォルダーの参照」をクリックします。


  5. 「保存」ボタンをクリックします。

    保存ボタンをクリック

  6. ダウンロードが開始されます。
    完了するまで、そのまましばらく待ちます。

  7. 「E1027955.exe のダウンロードが完了しました。」と表示されます。
    「×」ボタンをクリックし、メッセージを閉じます。

    ×ボタンをクリック

    アドバイス

    「E1027955.exe はダウンロードしたユーザー数が少ないため、PC に問題を起こす可能性があります。」と表示されても、ダウンロードしたファイルに問題はありません。


  8. 「×」ボタンをクリックしMicrosoft Edgeを終了します。

  9. デスクトップにダウンロードして保存した、「E1027955」(または「E1027955.exe」)アイコンをダブルクリックします。

    E1027955

    アドバイス

    「WindowsによってPCが保護されました」と表示された場合は、「詳細情報」→「実行」の順にクリックします。


  10. 黒い画面がしばらく表示され、「IRST」フォルダーが作成されます。
    作成された「IRST」フォルダーをダブルクリックします。

    IRSTフォルダー

  11. 「setup」(または「setup.exe」)アイコンをダブルクリックします。

    setupアイコンをダブルクリック

  12. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    表示されない場合は、次の手順に進みます。

  13. 「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジーのインストールを開始します。」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    はいボタンをクリック

  14. インストールが開始されます。
    完了するまで、しばらく待ちます。

    インストール中

  15. 「インストールが完了しました。」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    はいボタンをクリック

    パソコンが再起動します。

  16. 再起動が完了したら、スタートボタン「スタート」ボタンをクリックし、すべてのアプリの一覧から「Intel」→「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」の順にクリックします。

  17. 「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」が表示されます。
    「インテル(R) Optane メモリー」ボタンをクリックします。

    インテル(R) Optane メモリーボタンをクリック

  18. 「有効化」をクリックします。

    有効化をクリック

  19. 「インテル(R) Optane メモリーを有効にする」が表示されます。
    「互換性のある高速ドライブを選択します」に「コントローラー 1, ポート 0 上の PCIe SSD(13GB)」、「互換性のあるデータドライブを選択してください」に「コントローラー 0, ポート 4 上の SATA ディスク(ハードディスクの容量に応じた数字)(システム)」が表示されていることを確認します。

    対象のドライブを確認

  20. 「はい」ボタンをクリックします。

    はいボタンをクリック

  21. 有効化が開始されます。
    完了するまで、しばらく待ちます。

    有効化中

  22. 「インテル(R) Optane メモリーが正常に有効になりました。」と表示されます。
    「再起動」ボタンをクリックします。

    再起動ボタンをクリック

    パソコンが再起動します。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)