このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【5408-5894】更新日:2011年3月5日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

USBメモリ機能について教えてください。

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2010年夏モデルLIFEBOOK MH380/1A、他・・・
対象OS
  • Windows 7 Starter

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

USBメモリ機能について教えてください。

回答

USBメモリ機能とは、USBクライアント機能の1つで、ハードディスクの一部を仮想USBメモリとして使用するための機能です。

USBクライアントポートを搭載した機種と、他のパソコンをUSBクライアント用ケーブルで接続することで、通常のUSBメモリを接続したときと同じように、データの受け渡しができるようになります。


ご注意

USBクライアントポートを搭載した機種の「コンピューター」に表示される「USB Duet HD(E:)」または「リムーバブルディスク(E:)」は、仮想USBメモリの領域です。
実際のデータは、Cドライブに保存されています。

このため、リカバリやマイリカバリを実行すると、「USB Duet HD(E:)」または「リムーバブルディスク(E:)」のデータも削除されます。
必要なデータはバックアップしてください。


USBクライアントポートの位置を確認する


USBクライアント機能を使用するときは、USBクライアントポートにUSBクライアント用ケーブルを接続します。

USBクライアントポートは、パソコン本体左側面にあります。

USBクライアントポート

アドバイス
USBクライアントポートは、USBクライアント機能専用のコネクタです。
通常のUSBコネクタとしては使用できません。


USBメモリ機能の容量を変更する


仮想USBメモリのディスク容量は、初期設定の状態では4GBです。
ディスク容量を変更する手順は、お使いの機種によって異なります。


ご注意

  • 仮想USBメモリのディスク容量を変更すると、「USB Duet HD(E:)」または「リムーバブルディスク(E:)」に保存されているデータが消失します。
    「USB Duet HD(E:)」または「リムーバブルディスク(E:)」のデータをバックアップしてから作業を開始してください。

  • パソコンをUSBクライアントケーブルで接続した状態では、仮想USBメモリのディスク容量を変更できません。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. 2010年夏モデル
  2. 2010年春モデル

2010年夏モデル

次の手順で、ディスク容量を変更します。


操作手順

  1. 画面右下の通知領域にある、三角形のボタンをクリックします。

    三角形のボタンをクリック

  2. 表示されるサムネイルから、「USBクライアント機能」アイコンを右クリックし、表示されるメニューから「ディスク容量変更」をクリックします。

    USBクライアント機能アイコンを右クリックしディスク容量変更をクリック

  3. 「仮想USBメモリのディスク容量を変更」が表示されます。
    「変更容量を選択」または「変更容量を手動で入力」をクリックし、変更後のディスク容量を設定します。

    選択か手動で入力をクリック

    • 変更容量を選択

      「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧からお好みの容量をクリックします。

      ▼ボタンをクリックし変更する容量をクリック

    • 変更容量を手動で入力

      入力欄に変更する容量を入力します。

      お好みの容量を入力

      アドバイス
      変更できる容量の最大値は、Cドライブの空き容量から10GBを引いた値です。

  4. 「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック

  5. 「警告:仮想USBメモリ上の全てのデータが消去され、取り戻すことができなくなります。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    警告:仮想USBメモリ上の全てのデータが消去され、取り戻すことができなくなります。

  6. 「ドライブ E: を使うにはフォーマットする必要があります。」と表示されます。
    「ディスクのフォーマット」ボタンをクリックします。

    ドライブ E: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?

  7. 「フォーマット - USB Duet HD(E:)」が表示されます。
    「開始」ボタンをクリックします。

    開始ボタンをクリック

  8. 「警告:フォーマットするとこのディスクのすべてのデータが消去されます。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック

  9. フォーマットが完了すると、「フォーマットが完了しました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック

  10. 「フォーマット - USB Duet HD(E:)」に戻ります。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    閉じるボタンをクリック

2010年春モデル

次の手順で、ディスク容量を変更します。


操作手順
  1. 画面右下の通知領域にある、三角形のボタンをクリックします。

    通知領域の三角形のボタン

  2. 表示されるサムネイルから、「USBクライアント機能」アイコンを右クリックし、表示されるメニューから「ディスク容量変更」をクリックします。

    「USBクライアント機能」→「ディスク容量変更」

  3. 「仮想USBメモリのディスク容量を変更」が表示されます。
    「▼」ボタンをクリックします。

    「▼」ボタン

  4. 表示される一覧から、ディスクの容量をクリックします。

    ディスク容量を選択

  5. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  6. 「警告:仮想USBメモリ上の全てのデータが消去され、取り戻すことができなくなります。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    警告:仮想USBメモリ上の全てのデータが消去され、取り戻すことができなくなります。

  7. 「ドライブ E: を使うにはフォーマットする必要があります。」と表示されます。
    「ディスクのフォーマット」ボタンをクリックします。

    ドライブ E: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?

  8. 「フォーマット - リムーバブルディスク(E:)」が表示されます。
    「開始」ボタンをクリックします。

    フォーマット - リムーバブルディスク(E:)

  9. 「警告:フォーマットするとこのディスクのすべてのデータが消去されます。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    警告:フォーマットするとこのディスクのすべてのデータが消去されます。

  10. フォーマットが完了すると、「フォーマットが完了しました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    フォーマットが完了しました。

  11. 「フォーマット - リムーバブルディスク(E:)」に戻ります。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    「閉じる」ボタン

USBメモリ機能を使用する


USBメモリ機能を使用する手順は、次のとおりです。
USBクライアントポートを搭載した機種と、他のパソコンを同時に操作します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. USBクライアントポートを搭載した機種と、他のパソコンを、USBクライアント用ケーブルで接続します。

    アドバイス
    USBクライアント用ケーブルは、USBクライアントポートを搭載した機種に添付されています。

  2. USBクライアントポートを搭載した機種に、「USBクライアント機能」が表示されます。
    「USBメモリ機能」ボタンをクリックします。

    USBクライアント機能

  3. 接続したパソコンの「コンピューター」(または「コンピュータ」、「マイコンピュータ」)をクリックします。

    コンピューター

    アドバイス
    「自動再生」などが表示された場合は、「×」ボタンをクリックします。

  4. 「HD」と書かれた、リムーバブルディスクのアイコンが表示されていることを確認します。
    このアイコンから、通常のUSBメモリを接続したときと同じように、データの受け渡しができます。

    HD

    重要
    2台のパソコンをUSBクライアント用ケーブルで接続すると、USBクライアントポートを搭載した機種の仮想USBメモリの表示が薄くなり、アクセスできなくなります。

    • 2台のパソコンが未接続の状態

      未接続
      (2010年夏モデルの場合)

    • 2台のパソコンを接続した状態

      接続
      (2010年夏モデルの場合)

  5. データの受け渡しが完了したら、「ハードウェアの安全な取り外し」を実行して、USBクライアント用ケーブルを取り外します。

    アドバイス
    「ハードウェアの安全な取り外し」を実行する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A「ハードウェアの安全な取り外し」 / 「ハードウェアの取り外し」について教えてください。(新しいウィンドウで表示)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)