このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【5903-7801】更新日:2012年4月17日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

何も操作していないのに、ハードディスクのアクセスランプが点灯します。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • すべて

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

特に何も操作していないのに、ハードディスクのアクセスランプが点灯して、パソコンの動作音が聞こえてくることがあります。
なにか問題はないのでしょうか。

回答

Windowsの機能や、アプリケーションによって、自動的にハードディスクにアクセスする場合があります。
主な動作は次のとおりです。

  • 仮想メモリへのアクセス
    Windowsには、パソコンに搭載されているメモリの容量よりも多くのメモリ領域を扱えるように、「仮想メモリ」という仕組みがあります。
    Windowsは、ハードディスクの中に「ページングファイル」「スワップファイル」という仮想メモリの内容を記録するファイルを作成し、これらのファイルに自動的にアクセスします。

  • 復元ポイントの作成(Windows Me以降)
    動作上の一定条件を満たすと、Windowsが復元ポイントの作成を自動的に開始します。

  • タスクの実行
    ごみ箱を空にする動作や、インターネット一時ファイルを削除する動作がタスクに登録されていると、タスクの実行時にハードディスクへアクセスします。

  • アプリケーションの自動保存機能
    Word、Excelなどのアプリケーションには、作業中のファイルを一定時間おきにバックアップする機能を備えているものがあります。

  • セキュリティ対策ソフトの定時チェック
    セキュリティ対策ソフトで、一定時間の間隔でウイルスチェックなどを行うように設定すると、設定した時間に動作を始めます。

アドバイス
パソコンが正常に動作している場合以外に、ウイルスやハッカーの不正侵入によってハードディスクのアクセスが始まる場合もあるため、セキュリティ対策の実施をお勧めします。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)