このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【6105-4556】更新日:2011年11月5日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

ローカルディスク(C:)とローカルディスク(D:)の特徴や役割を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7
  • WindowsVista
  • Windows XP
  • Windows Me
  • Windows 2000
  • Windows 98
  • Windows 95

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

FMVパソコンの内蔵ハードディスクは、CドライブとDドライブに分かれていますが、それぞれの使い分け方を教えてください。

回答

FMVパソコンの内蔵ハードディスクドライブは、ローカルディスク(C:)と、ローカルディスク(D:)に分かれています。

ローカルディスク(C:)とローカルディスク(D:)の特徴や役割は、次のとおりです。

コンピューター(Windows 7)
(Windows 7の画面例)

アドバイス
Windows 98とWindows 95は表示が異なり、(C:)や(D:)と表示されます。

それぞれのドライブの機能と特徴を確認してください。

  1. ローカルディスク(C:)
  2. ローカルディスク(D:)
アドバイス
ローカルディスク(C:)とローカルディスク(D:)の容量(割り当てられた大きさ)を変更したい場合は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aハードディスクの領域を再設定する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)


ローカルディスク(C:)


ローカルディスク(C:)の特徴や役割は、次のとおりです。

  • ローカルディスク(C:)は、Windowsがインストールされているシステムドライブです。
    そのため、ローカルディスク(C:)の空き容量が少なくなると、システムが不安定になったり、動作が遅くなったりする場合があります。

    ローカルディスク(C:)の空き容量が少なくなった場合は、ローカルディスク(C:)のデータをローカルディスク(D:)に移動したり、ハードディスク以外のメディア(CD/DVDやUSBメモリ、外付けのハードディスクなど)にデータをバックアップするなどして、ローカルディスク(C:)の空き容量を増やします。

    ハードディスクの容量や空き容量を確認する方法については、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&Aハードディスクの容量や空き容量を確認する方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

  • Officeなどのアプリケーションは、標準ではローカルディスク(C:)にインストールされます。

  • 次の場所に保存したデータは、ローカルディスク(C:)に保存されます。

    • デスクトップ

    • マイドキュメント、またはドキュメント

    • マイピクチャ、またはピクチャ

    • マイビデオ、またはビデオ

    • マイミュージック、またはミュージック

  • 次のデータは、標準ではローカルディスク(C:)に保存されます。

    • メールソフトのメールデータ(受信したメール)やアドレス帳

    • Internet Explorerのお気に入り

    • はがき作成ソフトの住所録データ

  • 2005年秋冬モデル以降の機種に搭載されているバックアップナビ / マイリカバリを使用すれば、ローカルディスク(C:)全体をディスクイメージとして、ローカルディスク(D:)やDVDなどに保存することができます。(一部の機種を除く)

    お使いの機種に応じたQ&Aをご覧ください。


  • 通常のリカバリ(パソコンをご購入時の状態に戻す)を行うと、ローカルディスク(C:)の内容はすべて消去されます。

    リカバリを実行するときのご注意点や、リカバリの方法などは、パソコンに添付のマニュアルに記載されています。
    マニュアルの名称や記載場所については、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&Aリカバリ(パソコンを購入時の状態に戻す)には、どのマニュアルを見ればよいですか。(新しいウィンドウで表示)

ローカルディスク(D:)


ローカルディスク(D:)の特徴や役割は、次のとおりです。

  • ローカルディスク(D:)は、アプリケーションで作成したデータなどの保存先や、データのバックアップ先として使用できます。

    重要
    通常のリカバリ(パソコンをご購入時の状態に戻す)を実行しても、ローカルディスク(D:)の内容は消去されません。
    しかし、ハードディスクの領域を作成し直してからリカバリを行う場合や、ハードディスクが故障したり、物理的な障害が発生したりした場合は、ローカルディスク(D:)の内容も消去されます。

    そのため、定期的にかんたんバックアップ / FMかんたんバックアップなどをの機能を使って、パソコン内のデータをバックアップすることをお勧めします。
    バックアップの方法について詳しくは、次のQ&Aをご覧ください。


  • かんたんバックアップ / FMかんたんバックアップでの標準のバックアップ先は、ローカルディスク(D:)に設定されています。

    FMかんたんバックアップ
    (FMかんたんバックアップの画面例)

    かんたんバックアップについては、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[かんたんバックアップ] バックアップと復元の方法を教えてください。(新しいウィンドウで表示)

    FMかんたんバックアップについては、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&AFMかんたんバックアップについて教えてください。(新しいウィンドウで表示)

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)