このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【6206-6288】更新日:2012年9月7日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

キートップの取り付け方を教えてください。(2005年春モデル〜2009年冬モデル)

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2009年冬モデルFMV-BIBLO MG/E70、他・・・
対象OS
  • Windows 7
  • WindowsVista
  • Windows XP

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

キートップが外れてしまったので、取り付け方を教えてください。

このQ&Aを見た人はこれも見ています!

回答

キーボードのキー(以降、キートップ)を取り付け方は、次のとおりです。

ご注意
  • キートップは、故意に外さないでください。
    故障の原因となります。

  • キートップを取り付けるときに無理に力を加えると、キートップやキーボードの破損の原因となります。

  • キートップの部品を紛失、または破損してしまった場合や、うまく取り付けられない場合には修理が必要です。

重要
目次に記載されていない機種や、FMV-BIBLO NF / NBシリーズの次の機種をお使いで、キートップが外れた場合は、故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

  • 2007年秋冬モデル:FMV-BIBLO NF50XN、NF55X、NF70XN、NF75X

  • 2007年夏モデル:FMV-BIBLO NF50WN、NF75WN

  • 2007年春モデル:FMV-BIBLO NB55U/D、NB55UN/D

  • 2006年秋冬モデル:FMV-BIBLO NB55T/T、NB55T/TS

  • 2006年夏モデル:FMV-BIBLO NB75S/T、NB75SN/T

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)

アドバイス
次のホームページで、パソコンの修理に関連するQ&Aを紹介しています。

一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)
PC修理関連Q&A(新しいウィンドウで表示)
http://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=117&ca=14



FMV-BIBLO NXシリーズ(2006年春モデル〜2008年夏モデル)

キートップが外れたときは、イラストのようにキートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで押し込みます。

カチッと音がするまで押し込む

キートップと一緒にギアリンク(プラスチック製のバネ)も外れた場合には、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップからギアリンクを取り外します。

    重要
    ギアリンクは壊れやすいので、キートップから外すときは注意してください。

    ギアリンクを取り外す

  2. ギアリンクの平らな面を下にして、向きを確認してからキーボードに取り付けます。

    ギアリンク取り付け

  3. キートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで上から押し込みます。

    キートップ取り付け

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)



FMV-BIBLO NFシリーズ(2006年秋冬モデル〜2007年秋冬モデル)

キートップの取り付け方は、次のとおりです。


NF40X、NF50X、NF50X/V、NF53X、NF60Xの場合

キートップが外れたときは、イラストのようにキートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで押し込みます。

カチッと音がするまで押し込む

キートップと一緒にギアリンク(プラスチック製のバネ)も外れた場合には、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップからギアリンクを取り外します。

    重要
    ギアリンクは壊れやすいので、キートップから外すときは注意してください。

    ギアリンクを取り外す

  2. ギアリンクの平らな面を下にして、向きを確認してからキーボードに取り付けます。

    ギアリンク取り付け

  3. キートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで上から押し込みます。

    キートップ取り付け

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NF55X/D、NF70X、NF75X/D、NF75XN/Dの場合

キートップが外れたときは、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップが外れた後、本体側に残っている内レバーと外レバーが、アクチュエーターとユニットベースにきちんと挿入されていることを確認します。

    重要
    • 内レバーや外レバー、アクチュエーターをユニットベースに取り付けられない場合には修理が必要です。

    • フック、内レバー、外レバー、アクチュエーターが外れてしまった場合は、無理に取り付けないでください。
      金属部分で怪我をする恐れがあるため、使用を中止してください。

    内レバーと外レバーの画像

  2. キートップの奥側のフックを外レバーのフックにはめ込み、そのまま手前側に倒し、手前側を押してキートップ手前のフックをパチンと音がするまで押します。

    重要
    キートップやキートップ裏側のフック、内レバー、外レバー、アクチュエーターのいずれかが破損してしまった場合には修理が必要です。

    はめ込む画像
    (本体右側面から見た図)

  3. キートップを数回押して、きちんとはまっていることを確認します。
    キートップを押したときに重く感じた場合には、もう一度キートップを抜いてから、上述の手順を繰り返し、正しくはめ込みます。

    はまった画像

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NF40W、NF43W、NF45W、NF50W、NF50W/V、NF53W、NF60W、NF75Wの場合

キートップが外れたときは、イラストのようにキートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで押し込みます。

カチッと音がするまで押し込む

キートップと一緒にギアリンク(プラスチック製のバネ)も外れた場合には、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップからギアリンクを取り外します。

    重要
    ギアリンクは壊れやすいので、キートップから外すときは注意してください。

    ギアリンクを取り外す

  2. ギアリンクの平らな面を下にして、向きを確認してからキーボードに取り付けます。

    ギアリンク取り付け

  3. キートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで上から押し込みます。

    キートップ取り付け

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NF70W、NF75W/Vの場合

キートップが外れたときは、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップが外れた後、本体側に残っている内レバーと外レバーが、アクチュエーターとユニットベースにきちんと挿入されていることを確認します。

    重要
    • 内レバーや外レバー、アクチュエーターをユニットベースに取り付けられない場合には修理が必要です。

    • フック、内レバー、外レバー、アクチュエーターが外れてしまった場合は、無理に取り付けないでください。
      金属部分で怪我をする恐れがあるため、使用を中止してください。

    内レバーと外レバーの画像

  2. キートップの奥側のフックを外レバーのフックにはめ込み、そのまま手前側に倒し、手前側を押してキートップ手前のフックをパチンと音がするまで押します。

    重要
    キートップやキートップ裏側のフック、内レバー、外レバー、アクチュエーターのいずれかが破損してしまった場合には修理が必要です。

    はめ込む画像
    (本体右側面から見た図)

  3. キートップを数回押して、きちんとはまっていることを確認します。
    キートップを押したときに重く感じた場合には、もう一度キートップを抜いてから、上述の手順を繰り返し、正しくはめ込みます。

    はまった画像

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


2006年秋冬モデル〜2007年春モデルの場合

キートップが外れたときは、イラストのようにキートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで押し込みます。

カチッと音がするまで押し込む

キートップと一緒にギアリンク(プラスチック製のバネ)も外れた場合には、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップからギアリンクを取り外します。

    重要
    ギアリンクは壊れやすいので、キートップから外すときは注意してください。

    ギアリンクを取り外す

  2. ギアリンクの平らな面を下にして、向きを確認してからキーボードに取り付けます。

    ギアリンク取り付け

  3. キートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで上から押し込みます。

    キートップ取り付け

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)



FMV-BIBLO NBシリーズ

キートップの取り付け方は、次のとおりです。


2006年秋冬モデル〜2007年春モデルの場合

キートップが外れたときは、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップが外れた後、本体側に残っている内レバーと外レバーが、アクチュエーターとユニットベースにきちんと挿入されていることを確認します。

    重要
    • 内レバーや外レバー、アクチュエーターをユニットベースに取り付けられない場合には修理が必要です。

    • フック、内レバー、外レバー、アクチュエーターが外れてしまった場合は、無理に取り付けないでください。
      金属部分で怪我をする恐れがあるため、使用を中止してください。

    内レバーと外レバーの画像

  2. キートップの奥側のフックを外レバーのフックにはめ込み、そのまま手前側に倒し、手前側を押してキートップ手前のフックをパチンと音がするまで押します。

    重要
    キートップやキートップ裏側のフック、内レバー、外レバー、アクチュエーターのいずれかが破損してしまった場合には修理が必要です。

    はめ込む画像
    (本体右側面から見た図)

  3. キートップを数回押して、きちんとはまっていることを確認します。
    キートップを押したときに重く感じた場合には、もう一度キートップを抜いてから、上述の手順を繰り返し、正しくはめ込みます。

    はまった画像

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NB40S、NB40SN、NB50S、NB55S、NB55S/T、NB55S/TS、NB80Sの場合

キートップが外れたときは、イラストのようにキートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで押し込みます。

カチッと音がするまで押し込む

キートップと一緒にギアリンク(プラスチック製のバネ)も外れた場合には、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップからギアリンクを取り外します。

    重要
    ギアリンクは壊れやすいので、キートップから外すときは注意してください。

    ギアリンクを取り外す

  2. ギアリンクの平らな面を下にして、向きを確認してからキーボードに取り付けます。

    ギアリンク取り付け

  3. キートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで上から押し込みます。

    キートップ取り付け

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NB70S、NB70SN、NB75Sの場合

キートップが外れたときは、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップが外れた後、本体側に残っている内レバーと外レバーが、アクチュエーターとユニットベースにきちんと挿入されていることを確認します。

    重要
    • 内レバーや外レバー、アクチュエーターをユニットベースに取り付けられない場合には修理が必要です。

    • フック、内レバー、外レバー、アクチュエーターが外れてしまった場合は、無理に取り付けないでください。
      金属部分で怪我をする恐れがあるため、使用を中止してください。

    内レバーと外レバーの画像

  2. キートップの奥側のフックを外レバーのフックにはめ込み、そのまま手前側に倒し、手前側を押してキートップ手前のフックをパチンと音がするまで押します。

    重要
    キートップやキートップ裏側のフック、内レバー、外レバー、アクチュエーターのいずれかが破損してしまった場合には修理が必要です。

    はめ込む画像
    (本体右側面から見た図)

  3. キートップを数回押して、きちんとはまっていることを確認します。
    キートップを押したときに重く感じた場合には、もう一度キートップを抜いてから、上述の手順を繰り返し、正しくはめ込みます。

    はまった画像

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NB40R、NB40RN、NB50R、NB50R/A、NB55R、NB55R/T、NB55R/TS、NB75R、NB80Rの場合

キートップが外れたときは、イラストのようにキートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで押し込みます。

カチッと音がするまで押し込む

キートップと一緒にギアリンク(プラスチック製のバネ)も外れた場合には、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップからギアリンクを取り外します。

    重要
    ギアリンクは壊れやすいので、キートップから外すときは注意してください。

    ギアリンクを取り外す

  2. ギアリンクの平らな面を下にして、向きを確認してからキーボードに取り付けます。

    ギアリンク取り付け

  3. キートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで上から押し込みます。

    キートップ取り付け

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NB75R/TN、B75RN、NB75RN/Tの場合

キートップが外れたときは、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップが外れた後、本体側に残っている内レバーと外レバーが、アクチュエーターとユニットベースにきちんと挿入されていることを確認します。

    重要
    • 内レバーや外レバー、アクチュエーターをユニットベースに取り付けられない場合には修理が必要です。

    • フック、内レバー、外レバー、アクチュエーターが外れてしまった場合は、無理に取り付けないでください。
      金属部分で怪我をする恐れがあるため、使用を中止してください。

    内レバーと外レバーの画像

  2. キートップの奥側のフックを外レバーのフックにはめ込み、そのまま手前側に倒し、手前側を押してキートップ手前のフックをパチンと音がするまで押します。

    重要
    キートップやキートップ裏側のフック、内レバー、外レバー、アクチュエーターのいずれかが破損してしまった場合には修理が必要です。

    はめ込む画像
    (本体右側面から見た図)

  3. キートップを数回押して、きちんとはまっていることを確認します。
    キートップを押したときに重く感じた場合には、もう一度キートップを抜いてから、上述の手順を繰り返し、正しくはめ込みます。

    はまった画像

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NB40M、NB40MG、NB50M、NB55M、NB55M/T、NB60M/W、NB75M/T、
NB75M/TS、NB75MN/T、NB80M、NB90M/W、NB90MN/Wの場合

キートップが外れたときは、イラストのようにキートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで押し込みます。

カチッと音がするまで押し込む

キートップと一緒にギアリンク(プラスチック製のバネ)も外れた場合には、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップからギアリンクを取り外します。

    重要
    ギアリンクは壊れやすいので、キートップから外すときは注意してください。

    ギアリンクを取り外す

  2. ギアリンクの平らな面を下にして、向きを確認してからキーボードに取り付けます。

    ギアリンク取り付け

  3. キートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで上から押し込みます。

    キートップ取り付け

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NB75M、NB75MNの場合

キートップが外れたときは、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップが外れた後、本体側に残っている内レバーと外レバーが、アクチュエーターとユニットベースにきちんと挿入されていることを確認します。

    重要
    • 内レバーや外レバー、アクチュエーターをユニットベースに取り付けられない場合には修理が必要です。

    • フック、内レバー、外レバー、アクチュエーターが外れてしまった場合は、無理に取り付けないでください。
      金属部分で怪我をする恐れがあるため、使用を中止してください。

    内レバーと外レバーの画像

  2. キートップの奥側のフックを外レバーのフックにはめ込み、そのまま手前側に倒し、手前側を押してキートップ手前のフックをパチンと音がするまで押します。

    重要
    キートップやキートップ裏側のフック、内レバー、外レバー、アクチュエーターのいずれかが破損してしまった場合には修理が必要です。

    はめ込む画像
    (本体右側面から見た図)

  3. キートップを数回押して、きちんとはまっていることを確認します。
    キートップを押したときに重く感じた場合には、もう一度キートップを抜いてから、上述の手順を繰り返し、正しくはめ込みます。

    はまった画像

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NB50L/A、NB55L、NB55L/A、NB55L/T、NB60L/WNB75L、NB75L/T、NB75L/TS、NB75LN/T、NB80L、NB90L/W、NB90LN/Wの場合

キートップが外れたときは、イラストのようにキートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで押し込みます。

カチッと音がするまで押し込む

キートップと一緒にギアリンク(プラスチック製のバネ)も外れた場合には、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップからギアリンクを取り外します。

    重要
    ギアリンクは壊れやすいので、キートップから外すときは注意してください。

    ギアリンクを取り外す

  2. ギアリンクの平らな面を下にして、向きを確認してからキーボードに取り付けます。

    ギアリンク取り付け

  3. キートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで上から押し込みます。

    キートップ取り付け

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NB50L、NB50LNの場合

キートップが外れたときは、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップが外れた後、本体側に残っている内レバーと外レバーが、アクチュエーターとユニットベースにきちんと挿入されていることを確認します。

    重要
    • 内レバーや外レバー、アクチュエーターをユニットベースに取り付けられない場合には修理が必要です。

    • フック、内レバー、外レバー、アクチュエーターが外れてしまった場合は、無理に取り付けないでください。
      金属部分で怪我をする恐れがあるため、使用を中止してください。

    内レバーと外レバーの画像

  2. キートップの奥側のフックを外レバーのフックにはめ込み、そのまま手前側に倒し、手前側を押してキートップ手前のフックをパチンと音がするまで押します。

    重要
    キートップやキートップ裏側のフック、内レバー、外レバー、アクチュエーターのいずれかが破損してしまった場合には修理が必要です。

    はめ込む画像
    (本体右側面から見た図)

  3. キートップを数回押して、きちんとはまっていることを確認します。
    キートップを押したときに重く感じた場合には、もう一度キートップを抜いてから、上述の手順を繰り返し、正しくはめ込みます。

    はまった画像

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NB55K、NB55K/T、NB75K、NB75K/T、NB80K、NB80KN、NB90K/T、NB90K/TS、NB90KN/Tの場合

キートップが外れたときは、イラストのようにキートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで押し込みます。

カチッと音がするまで押し込む

キートップと一緒にギアリンク(プラスチック製のバネ)も外れた場合には、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップからギアリンクを取り外します。

    重要
    ギアリンクは壊れやすいので、キートップから外すときは注意してください。

    ギアリンクを取り外す

  2. ギアリンクの平らな面を下にして、向きを確認してからキーボードに取り付けます。

    ギアリンク取り付け

  3. キートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで上から押し込みます。

    キートップ取り付け

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


NB50K、NB50KNの場合

キートップが外れたときは、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップが外れた後、本体側に残っている内レバーと外レバーが、アクチュエーターとユニットベースにきちんと挿入されていることを確認します。

    重要
    • 内レバーや外レバー、アクチュエーターをユニットベースに取り付けられない場合には修理が必要です。

    • フック、内レバー、外レバー、アクチュエーターが外れてしまった場合は、無理に取り付けないでください。
      金属部分で怪我をする恐れがあるため、使用を中止してください。

    内レバーと外レバーの画像

  2. キートップの奥側のフックを外レバーのフックにはめ込み、そのまま手前側に倒し、手前側を押してキートップ手前のフックをパチンと音がするまで押します。

    重要
    キートップやキートップ裏側のフック、内レバー、外レバー、アクチュエーターのいずれかが破損してしまった場合には修理が必要です。

    はめ込む画像
    (本体右側面から見た図)

  3. キートップを数回押して、きちんとはまっていることを確認します。
    キートップを押したときに重く感じた場合には、もう一度キートップを抜いてから、上述の手順を繰り返し、正しくはめ込みます。

    はまった画像

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)



FMV-BIBLO MGシリーズ

キートップの取り付け方は、次のとおりです。


2006年夏モデル〜2009年冬モデルの場合

キートップが外れたときは、イラストのようにキートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで押し込みます。

カチッと音がするまで押し込む

キートップと一緒にギアリンク(プラスチック製のバネ)も外れた場合には、次の手順で取り付けます。


操作手順

  1. キートップからギアリンクを取り外します。

    重要
    ギアリンクは壊れやすいので、キートップから外すときは注意してください。

    ギアリンクを取り外す

  2. ギアリンクの平らな面を下にして、向きを確認してからキーボードに取り付けます。

    ギアリンク取り付け

  3. キートップを元の位置に戻して、カチッと音がするまで上から押し込みます。

    キートップ取り付け

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)


2005年春モデル〜2006年春モデルの場合

キートップが外れたときは、次の手順で取り付けます。

重要
キートップやキーボード本体のツメ(画像矢印の箇所)が、変形したり、破損したりしたときは、修理が必要です。

キートップやキーボード本体のツメ


操作手順

  1. キートップ裏のツメの位置を確認します。

    ツメの位置を確認

  2. ツメとツメの間が広い側を斜め上から差し込みます。

    斜め上から差し込む

  3. ツメとツメの間が狭い側を「カチッ」という音がするまで押します。

    音がするまで押す

重要
キートップの部品を紛失、または破損した場合や、うまく取り付けられない場合は修理が必要です。
故障や修理に関する受付窓口まで、ご相談ください。

Q&A修理に関する問い合わせ先について教えてください。(新しいウィンドウで表示)

このQ&Aを見た人はこれも見ています!

この画面で出てきた用語新規ウィンドウが開きます

cgi

キーボード

ホームページ

リンク

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)