このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【6310-8226】更新日:2019年12月7日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows 10] ローカルアカウントからMicrosoft アカウントに切り替える方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 10

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

回答

「設定」メニューの「アカウント」から、アカウントを切り替えます。



アドバイス

ローカルアカウントとは、アカウントを作成したパソコンだけで利用できる、Windowsを使用するときのアカウントです。
Microsoft アカウントと異なり、インターネットに接続せずに作成できます。

ただし、マイクロソフト社提供の、インターネットを使う一部のサービス(一部のアプリ、Microsoft Store、クラウドサービスなど)は利用できません。

Microsoft アカウントとは、Windowsを使用するときだけではなく、マイクロソフト社提供の、インターネットを使う一部のサービス(一部のアプリ、Microsoft Store、クラウドサービスなど)にも使用するアカウントです。
複数のパソコンで同じMicrosoft アカウントを使用することもできます。

  • メールアドレスをMicrosoft アカウントとして設定します。

    すでにお持ちのメールアドレスをMicrosoft アカウントとして設定できます。
    また、新規にMicrosoft アカウントに使用するメールアドレスを作成することもできます。

  • Microsoft アカウントに切り替えるときは、インターネットに接続している必要があります。

  • 1つのMicrosoft アカウントで、複数のパソコンにサインインしている場合、壁紙や簡単操作(ユーザーの補助機能)、Internet Explorerなど、さまざまな設定が同期されることがあります。

    設定を同期したくない場合は、次のQ&Aをご覧になり、設定を変更してください。

    Q&A[Windows 10] OneDriveで設定を同期するまたは同期しない方法を教えてください。

手順は、次のとおりです。


操作手順

2019年11月現在の手順です。
お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「スタート」ボタン→「設定」の順にクリックします。

    「スタート」ボタン→「設定」の順にクリック

  2. 「設定」が表示されます。
    「アカウント」をクリックします。

    「アカウント」をクリック

  3. 「アカウント」と表示されます。
    「ユーザーの情報」をクリックします。

    「ユーザーの情報」をクリック

  4. 画面右側にある、「Microsoft アカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。

    「Microsoft アカウントでのサインインに切り替える」をクリック

    アドバイス

    「まず、現在のパスワードを入力してください。」と表示された場合は、ローカルアカウントのパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

これ以降は、お使いのWindows 10のバージョンによって、手順が異なります。
表示された画面に応じた項目をクリックして、確認してください。

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

「サインイン」と表示された場合

「サインイン」と表示された以降の手順は、目的によって異なります。

「サインイン」が表示された場合の画面例

目的に応じた項目を確認してください。

  1. 既存のMicrosoft アカウントでサインインする

    次の場合にご覧ください。

    • マイクロソフト社のメールアドレス(outlook.comやhotmail.co.jp、hotmail.comなど)を持っている場合
    • Microsoft アカウントをすでに作成したことがある場合

  2. メールアドレスを作成してMicrosoft アカウントでサインインする

    次の場合にご覧ください。

    • メールアドレスを持っていない場合

  3. 既存のメールアドレスをMicrosoft アカウントに登録してサインインする

    次の場合にご覧ください。

    • マイクロソフト社以外の業者が提供しているメールアドレスを持っている場合

既存のMicrosoft アカウントでサインインする

次の手順で、既存のMicrosoft アカウントでサインインします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Microsoft アカウントのメールアドレスを入力します。

    メールアドレスを入力

  2. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  3. Microsoft アカウントのパスワードを入力します。

    パスワードを入力

  4. 「サインイン」ボタンをクリックします。

    「サインイン」ボタンをクリック

  5. 「Microsoft アカウントを使用してこのコンピューターにサインインする」と表示されます。
    「現在のWindows パスワード」欄に、ローカルアカウントで使用していたパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

    アドバイス

    ローカルアカウントにパスワードを設定していない場合は、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。


    現在のWindowsパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリック

  6. 顔認証、または、指紋認証を設定する画面が表示された場合は、「今はスキップ」をクリックします。
    表示されない場合は、そのまま次の手順に進みます。

    「今はスキップ」をクリック
    (顔認証の場合)

    アドバイス

    顔認証、または、指紋認証の対象機種は、後で設定できます。


  7. 「PINを作成します」と表示されます。

    • PINを作成する場合

      「次へ」ボタンをクリックし、次の手順に進みます。

    • PINを作成しない場合

      「×」ボタンをクリックし、手順10.に進みます。

    アドバイス

    PINとは、パスワードの代わりに使用できる数字4桁などの文字列の組み合わせです。


    「次へ」ボタンをクリック

  8. 「PINのセットアップ」と表示されます。
    ご希望の4桁の数字を「新しいPIN」と「PINの確認」に入力します。

    PINを入力

    アドバイス

    • すでにローカルアカウントでPINを設定している場合は、ローカルアカウントで使用していたPINを入力します。
      設定したパソコンでのみ、Microsoftアカウント設定後も同じPINでサインインできるようになります。

    • 「英字と記号を含める」の項目がある場合、チェックを付けると、次の要件でPINを設定できます。

      • 4文字以上127文字以下

      • 大文字、小文字、数字、特殊文字の使用が可能

      • 数字のパターン(123456や111111)は使用不可

        「英字と記号を含める」をクリック

  9. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  10. 「アカウント」に戻ります。
    「アカウント」の「ユーザーの情報」の画面に「確認する」と表示されている場合は、本人確認が必要です。
    「確認する」をクリックし、画面の指示に従って操作してください。

    「確認する」をクリック
アドバイス

本人確認を行う方法は、次のQ&Aで手順を紹介しています。

Q&A[Windows 10] Microsoft アカウントの本人確認を行う方法を教えてください。

重要

一部の富士通パソコンやタブレットは、デバイスの暗号化の機能を搭載しています。
これらの機種では、Microsoft アカウントでサインインすると、デバイスの暗号化がオン(有効)になります。

これらの機種では、デバイスの暗号化がオン(有効)のまま、「このPCを初期状態に戻す」を実行すると、回復キーの入力を求められます。
回復キーを入力しないと、手順を続行できません。


このため、万が一の場合に備えて、Microsoft アカウントに切り替えた後は、すぐにデバイスの暗号化の回復キーを取得することをお勧めします。
または、デバイスの暗号化が必要ない場合、デバイスの暗号化をオフにすることもご検討ください。

デバイスの暗号化の対象機種と、それぞれの手順は、次のQ&Aをご覧になり、確認してください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化の回復キー(BitLocker 回復キー)を取得する方法を教えてください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化をオフ(無効)にする方法を教えてください。


メールアドレスを作成してMicrosoft アカウントでサインインする

次の手順で、マイクロソフト社が提供するメールアドレス(outlook.jp)を作成して、Microsoft アカウントでサインインします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「アカウントをお持ちでない場合、作成できます。」の「作成」をクリックします。

    「作成」をクリック

  2. 「アカウントの作成」と表示されます。
    「新しいメールアドレスを取得」をクリックします。

    「新しいメールアドレスを取得」をクリック

  3. 作成するメールアドレスを入力、または選択します。

    作成するメールアドレスを入力

    アドバイス

    • 電子メールアドレスは、半角英数字(a 〜 z、A 〜 Z、0 〜 9) および ピリオド(.)、ハイフン(-)、下線(_)で入力してください。

    • 「(入力したメールアドレス)は Microsoft アカウントとして既に使用されています。」と表示された場合は、別のメールアドレスを入力するか、「V」ボタンをクリックして異なるドメインに変更するか、「次の中から選んでください」をクリックして表示される候補からメールアドレスを選択します。

      「(入力したメールアドレス)は Microsoft アカウントとして既に使用されています。」と表示された場合

      • 「V」ボタンをクリックし別のドメインに変更する場合

        ドメインが変わることにより、入力したメールアドレスが使用できる場合があります。
        「V」ボタンをクリックし、表示された一覧にある別のドメインをクリックします。

        別のドメインを選択

      • 「次の中から選んでください」をクリックして表示される候補から選択する場合

        「次の中から選んでください」をクリックすると「アドレスを選択」画面に入力したメールアドレスと近い、使用できるメールアドレスが表示されます。
        使用したいメールアドレスがある場合は、使用したいメールアドレスをクリックします。
        使用したいメールアドレスがない場合は、「戻る」ボタンをクリックします。

        別のアドレスを選択

  4. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  5. 「パスワードの作成」が表示されます。
    パスワードを入力します。

    パスワードを入力

    重要

    パスワードは8 文字以上で、半角英数字(a 〜 z、A 〜 Z、0 〜 9)および半角記号を組み合わせて作成する必要があります。


  6. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  7. 「このアプリを使用するには、もう少し詳しい情報が必要です。」と表示されます。
    画面の指示に従い「姓」と「名」を入力します。

    画面の指示に従い姓名を入力

  8. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  9. 「生年月日の入力」と表示されます。
    画面の指示に従い「国/地域」と「生年月日」を選択します。

    国地域と生年月日を選択

    アドバイス

    生年月日を選択するときに、スクロールでうまく操作ができない場合は、キーボードの【↑】【↓】キーを押して選択してください。


  10. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  11. 「Microsoft アカウントを使用してこのコンピューターにサインインする」と表示されます。
    「現在のWindows パスワード」欄に、ローカルアカウントで使用していたパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

    アドバイス

    ローカルアカウントにパスワードを設定していない場合は、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。


    現在のWindowsパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリック

  12. 顔認証、または、指紋認証を設定する画面が表示された場合は、「今はスキップ」をクリックします。
    表示されない場合は、そのまま次の手順に進みます。

    アドバイス

    顔認証、または、指紋認証の対象機種は、後で設定できます。


    「今はスキップ」をクリック

  13. 「PINを作成します」と表示されます。

    • PINを作成する場合

      「次へ」ボタンをクリックし、次の手順に進みます。

    • PINを作成しない場合

      「×」ボタンをクリックし、手順16.に進みます。

    アドバイス

    PINとは、パスワードの代わりに使用できる数字4桁などの文字列の組み合わせです。


    「次へ」ボタンをクリック

  14. 「PINのセットアップ」と表示されます。
    ご希望の4桁の数字を「新しいPIN」と「PINの確認」に入力します。

    PINを入力

    アドバイス

    • すでにローカルアカウントでPINを設定している場合は、ローカルアカウントで使用していたPINを入力します。
      設定したパソコンでのみ、Microsoftアカウント設定後も同じPINでサインインできるようになります。

    • 「英字と記号を含める」の項目がある場合、チェックを付けると、次の要件でPINを設定できます。

      • 4文字以上127文字以下

      • 大文字、小文字、数字、特殊文字の使用が可能

      • 数字のパターン(123456や111111)は使用不可

        「英字と記号を含める」をクリック

  15. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  16. 「アカウント」に戻ります。
    「×」ボタンをクリックし、ウィンドウを閉じます。

    アカウント画面
重要

一部の富士通パソコンやタブレットは、デバイスの暗号化の機能を搭載しています。
これらの機種では、Microsoft アカウントでサインインすると、デバイスの暗号化がオン(有効)になります。

これらの機種では、デバイスの暗号化がオン(有効)のまま、「このPCを初期状態に戻す」を実行すると、回復キーの入力を求められます。
回復キーを入力しないと、手順を続行できません。


このため、万が一の場合に備えて、Microsoft アカウントに切り替えた後は、すぐにデバイスの暗号化の回復キーを取得することをお勧めします。
または、デバイスの暗号化が必要ない場合、デバイスの暗号化をオフにすることもご検討ください。

デバイスの暗号化の対象機種と、それぞれの手順は、次のQ&Aをご覧になり、確認してください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化の回復キー(BitLocker 回復キー)を取得する方法を教えてください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化をオフ(無効)にする方法を教えてください。


既存のメールアドレスをMicrosoft アカウントに登録してサインインする

次の手順で、既存のメールアドレスをMicrosoft アカウントに登録してサインインします。

重要

携帯電話のメールアドレスは使用できません。
プロバイダーから提供されているメールアドレスなどをお使いください。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「アカウントをお持ちでない場合、作成できます。」の「作成」をクリックします。

    「作成」をクリック

  2. 「アカウントの作成」と表示されます。
    既存のメールアドレスを入力します。

    既存のメールアドレスを入力

  3. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  4. 「パスワードの作成」と表示されます。
    パスワードを入力します。

    パスワードを入力

    重要

    パスワードは8 文字以上で、半角英数字(a 〜 z、A 〜 Z、0 〜 9)および半角記号を組み合わせて作成する必要があります。


  5. 「次へ」ボタンを入力します。

    「次へ」ボタンをクリック

  6. 表示された内容を入力、または選択します。
    「姓」と「名」を入力する画面が表示された場合は、「姓」と「名」を入力します。

    画面の指示に従い姓名を入力

  7. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  8. 表示された内容を入力、または選択します。
    「国/地域」と「生年月日」を選択する画面が表示された場合は、「国/地域」と「生年月日」を選択します。

    国地域と生年月日を選択

    アドバイス

    生年月日を選択するときに、スクロールでうまく操作ができない場合は、キーボードの【↑】【↓】キーを押して選択してください。


  9. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  10. Microsoft アカウントに登録したメールアドレスに「お使いのメールアドレスの確認」というメールが送信されます。
    次のQ&Aをご覧になり、「メール」アプリにメールアドレスを設定して、メールを確認します。

    Q&A[Windows 10] メールを送受信するための設定方法を教えてください。

    アドバイス

    Microsoft アカウントに登録したメールアドレスが次の状況であれば、Windows 10標準のメールアプリを使用しなくても、アカウントの設定を完了できます。
    次の手順に進み、Microsoft アカウントの設定を完了してください。

    • 別のパソコンで受信できる場合
    • お使いのパソコンで、Outlookなどメールソフトの設定をすでに終えている場合
    • Webメール(メールソフトを使用せず、インターネットの画面でメールを送受信できるサービス)を利用できる場合

  11. メール本文にある「メールアドレスを確認するには、次のセキュリティコードを使用してください」に表示されているセキュリティコードを確認し、「メールの確認」画面の「コードの入力」欄にセキュリティコードを入力します。

    受信したセキュリティコードを入力

  12. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック 
  13. 「セキュリティ情報の追加」と表示されます。
    アクセスコードを受け取る、携帯電話の番号を入力します。
    表示されない場合は、手順17.に進みます。

    携帯電話の番号を入力

  14. 「コードの送信」ボタンをクリックします。

    コードの送信ボタンをクリック

  15. 携帯電話のSMSに届いたメッセージに記載されている、コードの番号を入力します。

    コードを入力

  16. 「次へ」ボタンをクリックします。

    次へボタンをクリック

  17. 「Microsoft アカウントを使用してこのコンピューターにサインインする」と表示されます。
    「現在のWindows パスワード」欄に、ローカルアカウントで使用していたパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

    アドバイス

    ローカルアカウントにパスワードを設定していない場合は、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。


    現在のWindowsパスワードを入力し「次へ」ボタンをクリック

  18. 顔認証、または、指紋認証を設定する画面が表示された場合は、「今はスキップ」をクリックします。
    表示されない場合は、そのまま次の手順に進みます。

    「今はスキップ」をクリック
    (顔認証の場合)

    アドバイス

    顔認証、または、指紋認証の対象機種は、後で設定できます。


  19. 「PINを作成します」と表示されます。

    • PINを作成する場合

      「次へ」ボタンをクリックし、次の手順に進みます。

    • PINを作成しない場合

      「×」ボタンをクリックし、手順22.に進みます。

    アドバイス

    PINとは、パスワードの代わりに使用できる数字4桁などの文字列の組み合わせです。


    「次へ」ボタンをクリック

  20. 「PINのセットアップ」と表示されます。
    ご希望の4桁の数字を「新しいPIN」と「PINの確認」に入力します。

    PINを入力

    アドバイス

    • すでにローカルアカウントでPINを設定している場合は、ローカルアカウントで使用していたPINを入力します。
      設定したパソコンでのみ、Microsoftアカウント設定後も同じPINでサインインできるようになります。

    • 「英字と記号を含める」の項目がある場合、チェックを付けると、次の要件でPINを設定できます。

      • 4文字以上127文字以下

      • 大文字、小文字、数字、特殊文字の使用が可能

      • 数字のパターン(123456や111111)は使用不可

        「英字と記号を含める」をクリック

  21. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  22. 「アカウント」に戻ります。
    「アカウント」の「ユーザーの情報」の画面に「確認する」と表示されている場合は、本人確認が必要です。
    「確認する」をクリックし、画面の指示に従って操作してください。

    「確認する」をクリック
アドバイス

本人確認を行う方法は、次のQ&Aで手順を紹介しています。

Q&A[Windows 10] Microsoft アカウントの本人確認を行う方法を教えてください。


重要

一部の富士通パソコンやタブレットは、デバイスの暗号化の機能を搭載しています。
これらの機種では、Microsoft アカウントでサインインすると、デバイスの暗号化がオン(有効)になります。

これらの機種では、デバイスの暗号化がオン(有効)のまま、「このPCを初期状態に戻す」を実行すると、回復キーの入力を求められます。
回復キーを入力しないと、手順を続行できません。


このため、万が一の場合に備えて、Microsoft アカウントに切り替えた後は、すぐにデバイスの暗号化の回復キーを取得することをお勧めします。
または、デバイスの暗号化が必要ない場合、デバイスの暗号化をオフにすることもご検討ください。

デバイスの暗号化の対象機種と、それぞれの手順は、次のQ&Aをご覧になり、確認してください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化の回復キー(BitLocker 回復キー)を取得する方法を教えてください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化をオフ(無効)にする方法を教えてください。

「自分用にセットアップする」と表示された場合

「自分用にセットアップする」と表示された以降の手順は、目的によって異なります。

「自分用にセットアップする」画面が表示

目的に応じた項目を確認してください。

  1. 既存のMicrosoft アカウントでサインインする

    次の場合にご覧ください。

    • マイクロソフト社のメールアドレス(outlook.comやhotmail.co.jp、hotmail.comなど)を持っている場合
    • Microsoft アカウントをすでに作成したことがある場合

  2. メールアドレスを作成してMicrosoft アカウントでサインインする

    次の場合にご覧ください。

    • メールアドレスを持っていない場合

  3. 既存のメールアドレスをMicrosoft アカウントに登録してサインインする

    次の場合にご覧ください。

    • マイクロソフト社以外の業者が提供しているメールアドレスを持っている場合

既存のMicrosoft アカウントでサインインする

次の手順で、既存のMicrosoft アカウントでサインインします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. Microsoft アカウントのメールアドレスを入力します。

    メールアドレスを入力

  2. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  3. パスワードを入力します。

    パスワードを入力

  4. 「サインイン」ボタンをクリックします。

    「サインイン」ボタンをクリック

  5. 「Microsoft アカウントを使用してこのコンピューターにサインインする」と表示されます。
    「現在のWindows パスワード」欄に、ローカルアカウントで使用していたパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

    アドバイス

    ローカルアカウントにパスワードを設定していない場合は、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。


    現在のWindowsパスワードを入力し「次へ」ボタンをクリック

  6. 顔認証、または、指紋認証を設定する画面が表示された場合は、「今はスキップ」をクリックします。
    表示されない場合は、そのまま次の手順に進みます。

    「今はスキップ」をクリック
    (顔認証の場合)

    アドバイス

    顔認証、または、指紋認証の対象機種は、後で設定できます。


  7. 「PINを作成します」と表示されます。

    • PINを作成する場合

      「次へ」ボタンをクリックし、次の手順に進みます。

    • PINを作成しない場合

      「×」ボタンをクリックし、手順10.に進みます。

    アドバイス

    PINとは、パスワードの代わりに使用できる数字4桁などの文字列の組み合わせです。


    PINを作成しますが表示

  8. 「PINのセットアップ」と表示されます。
    ご希望の4桁の数字を「新しいPIN」と「PINの確認」に入力します。

    PINを入力

    アドバイス

    • すでにローカルアカウントでPINを設定している場合は、ローカルアカウントで使用していたPINを入力します。
      設定したパソコンでのみ、Microsoftアカウント設定後も同じPINでサインインできるようになります。

    • 「英字と記号を含める」の項目がある場合、チェックを付けると、次の要件でPINを設定できます。

      • 4文字以上127文字以下

      • 大文字、小文字、数字、特殊文字の使用が可能

      • 数字のパターン(123456や111111)は使用不可

        「英字と記号を含める」をクリック

  9. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  10. 「アカウント」に戻ります。
    「アカウント」の「ユーザーの情報」の画面に「確認する」と表示されている場合は、本人確認が必要です。
    「確認する」をクリックし、画面の指示に従って操作してください。

    「確認する」をクリック
アドバイス

本人確認を行う方法は、次のQ&Aで手順を紹介しています。

Q&A[Windows 10] Microsoft アカウントの本人確認を行う方法を教えてください。

重要

一部の富士通パソコンやタブレットは、デバイスの暗号化の機能を搭載しています。
これらの機種では、Microsoft アカウントでサインインすると、デバイスの暗号化がオン(有効)になります。

これらの機種では、デバイスの暗号化がオン(有効)のまま、「このPCを初期状態に戻す」を実行すると、回復キーの入力を求められます。
回復キーを入力しないと、手順を続行できません。


このため、万が一の場合に備えて、Microsoft アカウントに切り替えた後は、すぐにデバイスの暗号化の回復キーを取得することをお勧めします。
または、デバイスの暗号化が必要ない場合、デバイスの暗号化をオフにすることもご検討ください。

デバイスの暗号化の対象機種と、それぞれの手順は、次のQ&Aをご覧になり、確認してください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化の回復キー(BitLocker 回復キー)を取得する方法を教えてください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化をオフ(無効)にする方法を教えてください。


メールアドレスを作成してMicrosoft アカウントでサインインする

次の手順で、マイクロソフト社が提供するメールアドレス(outlook.jp)を作成して、Microsoft アカウントでサインインします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「アカウントをお持ちでありませんか?作成しましょう!」の「作成しましょう!」をクリックします。

    「作成しましょう!」をクリック

  2. 「アカウントを作成しましょう」と表示されます。
    「新しいメール アドレスを取得」をクリックします。

    「新しいメールアドレスを取得」をクリック

  3. 表示された内容を入力、または選択します。

    表示された内容を入力

    重要

    パスワードは8 文字以上で、半角英数字(a 〜 z、A 〜 Z、0 〜 9)および半角記号を組み合わせて作成する必要があります。

    アドバイス

    • 電子メールアドレスは、半角英数字(a 〜 z、A 〜 Z、0 〜 9) および ピリオド(.)、ハイフン(-)、下線(_)で入力してください。

    • 「このメールアドレスは既に使われています。」と表示された場合は、別のメールアドレスを入力するか、「次の中から選んでください」をクリックして表示される候補からメールアドレスを選択します。

      表示される候補からメールアドレスを選択する場合

  4. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  5. 「お子様の情報の保護にご協力ください」または「セキュリティ情報の追加」と表示されます。
    電話番号を入力します。

    アドバイス

    • この情報は、パスワードをリセットするときに使用されます。

    • 「代わりに連絡用メールアドレスを追加」をクリックすると、電話番号の代わりにメールアドレスを入力できます。携帯電話のメールアドレスは使用できません。

      「代わりに連絡用メールアドレスを追加」をクリック

    電話番号を入力

  6. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  7. 「最も関連の高いものを表示」と表示されます。
    表示された一覧から、希望する項目をクリックしてチェックを付けます。

    希望する項目をクリックしてチェック

  8. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  9. 顔認証、または、指紋認証を設定する画面が表示された場合は、「今はスキップ」をクリックします。
    表示されない場合は、そのまま次の手順に進みます。

    アドバイス

    顔認証、または、指紋認証の対象機種は、後で設定できます。


    「今はスキップ」をクリック

  10. 「PINを作成します」と表示されます。

    • PINを作成する場合

      「次へ」ボタンをクリックし、次の手順に進みます。

    • PINを作成しない場合

      「×」ボタンをクリックし、手順13.に進みます。

    アドバイス

    PINとは、パスワードの代わりに使用できる数字4桁などの文字列の組み合わせです。


    PINを作成しますが表示

  11. 「PINのセットアップ」と表示されます。
    ご希望の4桁の数字を「新しいPIN」と「PINの確認」に入力します。

    PINを入力

    アドバイス

    • すでにローカルアカウントでPINを設定している場合は、ローカルアカウントで使用していたPINを入力します。
      設定したパソコンでのみ、Microsoftアカウント設定後も同じPINでサインインできるようになります。

    • 「英字と記号を含める」の項目がある場合、チェックを付けると、次の要件でPINを設定できます。

      • 4文字以上127文字以下

      • 大文字、小文字、数字、特殊文字の使用が可能

      • 数字のパターン(123456や111111)は使用不可

        「英字と記号を含める」をクリック

  12. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  13. 「アカウント」に戻ります。
    「×」ボタンをクリックし、ウィンドウを閉じます。

    アカウント画面
重要

一部の富士通パソコンやタブレットは、デバイスの暗号化の機能を搭載しています。
これらの機種では、Microsoft アカウントでサインインすると、デバイスの暗号化がオン(有効)になります。

これらの機種では、デバイスの暗号化がオン(有効)のまま、「このPCを初期状態に戻す」を実行すると、回復キーの入力を求められます。
回復キーを入力しないと、手順を続行できません。


このため、万が一の場合に備えて、Microsoft アカウントに切り替えた後は、すぐにデバイスの暗号化の回復キーを取得することをお勧めします。
または、デバイスの暗号化が必要ない場合、デバイスの暗号化をオフにすることもご検討ください。

デバイスの暗号化の対象機種と、それぞれの手順は、次のQ&Aをご覧になり、確認してください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化の回復キー(BitLocker 回復キー)を取得する方法を教えてください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化をオフ(無効)にする方法を教えてください。


既存のメールアドレスをMicrosoft アカウントに登録してサインインする

次の手順で、既存のメールアドレスをMicrosoft アカウントに登録してサインインします。

重要

携帯電話のメールアドレスは使用できません。
プロバイダーから提供されているメールアドレスなどをお使いください。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「アカウントをお持ちでありませんか?作成しましょう!」の「作成しましょう!」をクリックします。

    「作成しましょう!」をクリック

  2. 表示された内容を入力、または選択します。

    表示された内容を入力、または選択

    重要

    パスワードは8 文字以上で、半角英数字(a 〜 z、A 〜 Z、0 〜 9)および半角記号を組み合わせて作成する必要があります。


    アドバイス

    電子メールアドレスは、半角英数字(a 〜 z、A 〜 Z、0 〜 9) および ピリオド(.)、ハイフン(-)、下線(_)で入力してください。


  3. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  4. 「最も関連の高いものを表示」と表示されます。
    表示された一覧から、希望する項目をクリックしてチェックを付けます。

    希望する項目をクリックしてチェック

  5. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  6. 「Microsoft アカウントを使用してこのコンピューターにサインインする」と表示されます。
    「現在のWindows パスワード」欄に、ローカルアカウントで使用していたパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

    アドバイス

    ローカルアカウントにパスワードを設定していない場合は、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。


    現在のWindowsパスワードを入力し「次へ」ボタンをクリック

  7. 「PINを作成します」と表示されます。

    • PINを作成する場合

      「次へ」ボタンをクリックし、次の手順に進みます。

    • PINを作成しない場合

      「×」ボタンをクリックし、手順10.に進みます。

    アドバイス

    PINとは、パスワードの代わりに使用できる数字4桁などの文字列の組み合わせです。


    PINを作成しますが表示

  8. 「PINのセットアップ」と表示されます。
    ご希望の4桁の数字を「新しいPIN」と「PINの確認」に入力します。

    PINを入力

    アドバイス

    • すでにローカルアカウントでPINを設定している場合は、ローカルアカウントで使用していたPINを入力します。
      設定したパソコンでのみ、Microsoftアカウント設定後も同じPINでサインインできるようになります。

    • 「英字と記号を含める」の項目がある場合、チェックを付けると、次の要件でPINを設定できます。

      • 4文字以上127文字以下

      • 大文字、小文字、数字、特殊文字の使用が可能

      • 数字のパターン(123456や111111)は使用不可

        「英字と記号を含める」をクリック

  9. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  10. 「アカウント」に戻ります。
    「×」ボタンをクリックし、ウィンドウを閉じます。

  11. Microsoft アカウントに登録したメールアドレスに「お使いのメールアドレスの確認」というメールが送信されます。
    次のQ&Aをご覧になり、「メール」アプリにメールアドレスを設定して、メールを確認します。

    Q&A[Windows 10] メールを送受信するための設定方法を教えてください。

    アドバイス

    Microsoft アカウントに登録したメールアドレスが次の状況であれば、Windows 10標準のメールアプリを使用しなくても、アカウントの設定を完了できます。
    次の手順に進み、Microsoft アカウントの設定を完了してください。

    • 別のパソコンで受信できる場合
    • お使いのパソコンで、Outlookなどメールソフトの設定をすでに終えている場合
    • Webメール(メールソフトを使用せず、インターネットの画面でメールを送受信できるサービス)を利用できる場合

  12. マイクロソフト社のメールを受信したら、メール本文の次の文章の下にある「(登録したメールアドレス)の確認」リンクをクリックします。

    「(登録したメールアドレス)の確認」リンクをクリックします。

  13. Microsoft Edgeが起動し、「確認できました」と表示されたことを確認します。

    「確認できました」と表示されたことを確認

  14. 「×」ボタンをクリックし、Microsoft Edgeを閉じます。
重要

一部の富士通パソコンやタブレットは、デバイスの暗号化の機能を搭載しています。
これらの機種では、Microsoft アカウントでサインインすると、デバイスの暗号化がオン(有効)になります。

これらの機種では、デバイスの暗号化がオン(有効)のまま、「このPCを初期状態に戻す」を実行すると、回復キーの入力を求められます。
回復キーを入力しないと、手順を続行できません。


このため、万が一の場合に備えて、Microsoft アカウントに切り替えた後は、すぐにデバイスの暗号化の回復キーを取得することをお勧めします。
または、デバイスの暗号化が必要ない場合、デバイスの暗号化をオフにすることもご検討ください。

デバイスの暗号化の対象機種と、それぞれの手順は、次のQ&Aをご覧になり、確認してください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化の回復キー(BitLocker 回復キー)を取得する方法を教えてください。

Q&A[Windows 10] デバイスの暗号化をオフ(無効)にする方法を教えてください。

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)