このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【6409-9585】更新日:2014年8月1日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows 8.1/8] タッチキーボードのレイアウトについて教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 8.1
  • Windows 8

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

タッチキーボードのレイアウトについて教えてください。

回答

タッチキーボードでは、右下にある「キーボードの切り替え」ボタンをタップして、表示される一覧からお好みのレイアウトを選択することができます。

レイアウトの選択
(タッチキーボードの例)

レイアウトの種類については、次のとおりです。

内容に応じた項目を確認してください。

  1. 通常のレイアウト通常のレイアウト のマーク
  2. 分割キーボード分割キーボード のマーク
  3. 手書きパネル手書きパネル のマーク
  4. 標準キーボード(ハードウェアキーボードに準拠したレイアウト)標準キーボード のマーク

アドバイス
標準キーボード( 標準キーボード のマーク)が一覧に表示されていない場合は、タッチキーボードの設定を変更すると選択できるようになります。
手順については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows 8.1/8] タッチキーボードでひらがなのキーを表示する方法を教えてください。


通常のレイアウト

通常のレイアウトでは、アルファベット表記のキーが表示されます。
キーの配列は通常のハードウェアキーボードと同様(QWERTY配列)です。

通常のレイアウト

通常の文字入力のほかに、次のキー操作で、入力設定の切り替えができます。

  • 【↑】キー【↑】キー ):アルファベットの大文字/小文字を切り替え

  • 【&123】キー【&123】キー ):数字や記号の入力に切り替え

  • 顔のマークのキー顔マークのキー ):絵文字の入力に切り替え

アドバイス
キーの左上に数字が表示されている場合、フリック入力ができます。
入力するときは、キーを長押しし、数字が表示されたら、その方向に指をはじきます。

左上に表示されている数字を入力


分割キーボード

分割キーボードのレイアウトは、OSによって異なります。

  • Windows 8.1(ひらがなが表示)

    ひらがなのキーは、フリックで入力します。
    ひらがなを長押しし、ひらがなが表示されたら、入力したい文字の方向に指をはじきます。

    分割キーボード

    次のキー操作で、入力設定の切り替えができます。

    • 顔のマークのキー顔マークのキー ):絵文字の入力に切り替え

  • Windows 8(アルファベットが表示)

    通常の文字入力ができます。

    分割キーボード

    次のキー操作で、入力設定の切り替えができます。

    • 【↑】キー【↑】キー ):アルファベットの大文字/小文字を切り替え

    • 【&123】キー【&123】キー ):数字や記号の入力に切り替え

    • 顔のマークのキー顔マークのキー ):絵文字の入力に切り替え

アドバイス
3つの点が縦に並んだキー3つの点が縦に並んだキー )で、キーのサイズを切り替えられます。
キーのサイズは、S、M、L のいずれかを選択できます。

キーのサイズ変更


手書きパネル

手書きパネルのレイアウトでは、文字を手書きで入力できます。

手書きパネル

手書き入力の詳しい操作方法については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[Windows 8.1/8] タッチキーボードで手書き入力する方法を教えてください。

Q&A[Windows 8.1/8] タッチキーボードでの手書き入力で、スペースや改行を入力する方法を教えてください。

Q&A[Windows 8.1/8] タッチキーボードでの手書き入力で、文字を修正する方法を教えてください。

なお、手書きで入力する文字の認識は、画面左下の欄で選択し、次のいずれかに切り替えができます。

  • すべての文字:日本語、アルファベット、数字や記号など、すべての文字を認識します。

  • 英数字:アルファベット、または数字として認識します。

  • 数字:数字として認識します。

  • 英単語:英単語として認識します。
アドバイス
  • 入力したい文字の種類が表示されていない場合は、「V」のマークをタップして、表示される一覧から選択してください。

    入力する文字の種類を切り替え

  • 【&123】キー【&123】キー )をタップすることで、数字や記号のキー入力に切り替えることもできます。

標準キーボード(ハードウェアキーボードに準拠したレイアウト)

標準キーボードのレイアウトでは、通常のハードウェアキーボードと同様に、ひらがなや記号などが表記されたキーを使用できます。

標準キーボード

基本的な操作はハードウェアキーボードと同様ですが、複数のキーを組み合わせて使用する場合は、次のキーを先にタップする必要があります。

  • 【Shift】キー
  • 【Ctrl】キー
  • 【Alt】キー
  • 【Windows】キー
  • 【Fn】キー

なお、上の5つのキーを複数組み合わせて使用する場合には、どのキーを先にタップしてもかまいません。

複数のキーの組み合わせ
(【Shift】キーと【Ctrl】キーを組み合わせてタップした例)

アドバイス
【Alt】キーと【かな】キーの組み合わせで、ローマ字入力/かな入力を切り替えたときに、「Alt+ひらがな キーが押されました。」と確認のメッセージが表示される場合があります。「はい」ボタンをタップすることで、入力設定の切り替えが適用されます。

ローマ字入力/かな入力の切り替え

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)