このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【6608-7533】更新日:2022年9月10日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Corel Digital Studio] 写真や動画を使用してスライドショーを作成する方法を教えてください。

対象機種とOS
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 11
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Corel Digital Studioで、写真や動画を使用してオリジナルのスライドショーを作成する方法を教えてください。

作成したスライドショーをビデオファイルに保存する方法や、ディスクに書き込む方法を教えてください。

このQ&Aを見た人はこれも見ています!

回答

お好みの写真を組み合わせて、スライドショーを作成します。
作成したスライドショーは、パソコン内に保存することも、DVDやBDに出力することも可能です。



ご案内

2010年夏モデル以降で、Corel Digital Studioが付属している機種向けのQ&Aです。
付属している機種は、次のQ&Aで確認できます。

Q&ACorel Digital Studioについて教えてください。

2010年夏モデル以降の Corel Digital Studioでは、次のスライドショーを作成できます。

  • 動画を使用したスライドショー

  • 写真を使用したスライドショー

  • 写真と動画を組み合わせたスライドショー

作成したスライドショーをファイルとして保存する方法や、ディスクに書き込む方法は、次の項目を順番に確認してください。

重要

外付けのマイクを使用してスライドショーに音声を録音する場合は、あらかじめマイク端子にマイクを接続します。
また、接続したマイクは、Corel Digital Studioを終了してから取り外します。


アドバイス

2010年春モデル以前の場合は、 Corel Digital Studioではなく、マイフォトビューアーと DVD MovieWriter を使ってスライドショーを作成します。
スライドショーを作成する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[マイフォトビューアー] 写真を使ってスライドショーを作成しDVDに保存する方法を教えてください。



手順1スライドショーを作成する

次の手順で、スライドショーを作成します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「すべてのメディア」をクリックします。

    すべてのメディア

  2. スライドショーに挿入する写真または動画が保存されているフォルダーのサムネイルを、ダブルクリックします。

    サムネイル

    アドバイス

    フォルダーには、サムネイルの下にフォルダー名が表示されます。

    追加したい写真が表示されている場合は、次の手順に進みます。


  3. 写真または動画の一覧が表示されます。
    スライドショーに挿入する写真または動画のサムネイルにマウスポインターを合わせ、表示されるチェックマークをクリックします。

    チェックマークをクリック

  4. 背景が黄色のチェックマークが表示され、メディアトレイに動画または写真が追加されたことを確認します。

    メディアトレイ

  5. 手順2.〜手順4.を繰り返し、動画や写真を追加します。

  6. 「作成」または「編集」にマウスポインターを合わせ、表示されるメニューから「ビデオとスライドショー」をクリックします。

    「作成」→「ビデオとスライドショー」をクリック

  7. 「ビデオとスライドショーを作成」と表示されます。
    「プロジェクト名」欄に、スライドショーをファイルとして保存するときのファイル名を入力します。

    プロジェクト名

  8. 「出力形式」欄の「▼」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「標準(4:3)」または「ワイド(16:9)」をクリックします。

    出力形式

  9. 「プロジェクトの種類」欄の「▼」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「標準画質」または「ハイビジョン」をクリックします。

    プロジェクトの種類

    アドバイス

    • お使いの機種によっては、メニューに「標準画質」のみ表示されます。

    • 「標準画質」はアナログテレビと同等の画質、「ハイビジョン」はデジタルテレビと同等の画質です。

  10. 「スタイルを選択」の一覧から、お好みのスタイルをクリックします。

    スタイルを選択

    アドバイス

    スタイルを選択しない場合は、「シンプル」(または「HD-シンプル」)タブをクリックし、表示される一覧から「スタイルなし」をクリックします。


  11. 「スライドショーへ」ボタンをクリックします。

    「スライドショーへ」ボタン

  12. スライドショーの編集画面が表示されます。
    お好みで、スライドショーを編集し、テキストや BGM などの効果をかけます。
    詳しくは、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[Corel Digital Studio] スライドショーを作成するときにテキストやBGMなどを編集する方法を教えてください。

    スライドショーの編集画面

    アドバイス

    手順10.で「スタイルなし」を選択した場合、トランジション効果はかけられません。


  13. 右向き三角形の「再生」ボタンをクリックし、動作を確認します。

    「再生」ボタン

  14. 動作を確認したら、「出力」ボタンをクリックします。

    「出力」ボタン

  15. 「スライドショーを出力」と表示されます。
    「ビデオファイル」または「ディスク」をクリックし、作成したスライドショーを出力します。

    「ビデオファイル」または「ディスク」をクリック


手順2作成したスライドショーを出力する

作成したスライドショーを出力します。

目的に応じた項目を確認してください。

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

ファイルとして保存する

次の手順で、作成したスライドショーをファイルとして保存します。


操作手順

  1. 「ビデオファイル」をクリックします。

    ビデオファイル

  2. 「ビデオファイルとして保存」と表示されます。
    「ファイル名」欄に、スライドショーのファイル名が入力されていることを確認します。

    ファイル名

  3. 「保存場所」欄に、保存するフォルダー名を入力します。

    保存場所

    アドバイス

    既存のフォルダーに保存する場合は、フォルダーと「▼」が描かれた「既存フォルダーを選択」ボタンをクリックし、表示される一覧から、保存先のフォルダーを選択します。

    「既存フォルダーを選択」ボタン


  4. 「ビデオ形式」欄の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧から、お好みのファイル形式を選択します。

    ビデオ形式

    アドバイス

    スライドショーに含まれている動画の形式によっては、「ビデオ形式」と「ビデオの品質」の欄に、あらかじめ動画に適した設定が表示されます。
    特別な理由がない限り、設定を変更する必要はありません。


  5. 「ビデオの品質」欄の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧から、お好みの品質を選択します。

    ビデオの品質

  6. 「保存」ボタンをクリックします。

    「保存」ボタン

  7. 「ムービーファイルを作成しています」と表示されます。
    作成が完了するまで、しばらく待ちます。

    ムービーファイルを作成しています

  8. 「ファイルが作成されました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  9. 「スライドショーを出力」に戻ります。
    「終了」ボタンをクリックします。

    「終了」ボタン

  10. 「×」ボタンをクリックし、Corel Digital Studioを終了します。

ディスクに書き込む

次の手順で、作成したスライドショーをディスクに書き込みます。

ご注意

操作を行う前に、次のQ&Aをご覧になり、ディスクに書き込む前の注意事項を確認してください。

Q&A[Corel Digital Studio] 動画やスライドショーを書き込むときの注意事項を教えてください。



操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「ディスク」をクリックします。

    ディスク

  2. 「ビデオディスクの作成」と表示されます。
    「ビデオディスクの作成」の下に表示される内容によって、手順が異なります。

    • 「プロジェクト名」欄が表示される場合
      「プロジェクト名」欄にスライドショーのタイトルを入力し、次の手順に進みます。

      「プロジェクト名」欄にスライドショーのタイトルを入力

    • 「タイトル」欄が表示される場合
      「タイトル」欄にスライドショーのタイトルを入力し、手順7.に進みます。

      「タイトル」欄にスライドショーのタイトルを入力

  3. 「ディスクを選択」欄の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧から、保存するディスクをクリックします。

    「ディスクを選択」欄の「▼」ボタンをクリックし書き込むディスクを選択

    アドバイス

    「ディスクを選択」欄に「▼」ボタンが表示されていない場合は、そのまま次の手順に進みます。


  4. 「プロジェクト形式」欄の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧から、お好みの保存形式をクリックします。

    「プロジェクト形式」欄の「▼」ボタンをクリックし保存形式を選択

    アドバイス

    • 「プロジェクト形式」欄に「▼」ボタンが表示されていない場合は、そのまま次の手順に進みます。
    • 手順3.で「Blu-ray」を選択した場合は、自動で「BDMV」が選択されます。

  5. 「スタイルを選択」欄で、ディスクのメニューに使用するスタイルをお好みでクリックします。
    ここでは例として、「メニューなし」を選択します。

    メニューに使用するスタイルをお好みでクリック

  6. 「書き込み開始」ボタンをクリックします。

    「書き込み開始」ボタンをクリック

  7. 画面右側の「設定」にマウスポインターを合わせます。

    設定

  8. 「設定」が表示されます。
    「プロジェクト形式」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧から、セットするディスクに応じた形式をクリックします。
    手順4.で形式を選択済みの場合や、「プロジェクト形式」の項目がない場合は、次の手順に進みます。

    • Blu-ray Disc をセットする場合:「BDMV」
    • DVD をセットする場合:「DVD-Video」、または「AVCHD」

    アドバイス

    お使いの機種によって、選択可能なプロジェクト形式が異なります。
    また、プロジェクト形式によって、使用できるディスクが異なります。

    詳細は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[Corel Digital Studio] 動画やスライドショーを書き込むときの注意事項を教えてください。


    プロジェクト形式

  9. 必要に応じて、「オーディオ形式」などの設定を変更します。

    設定を変更

  10. 設定が終わったら、画面の何もないところにマウスポインターを移動します。

  11. 書き込み可能なディスクをセットします。

    アドバイス

    「タップして、空の(ディスクの種類) に対して行う操作を選択してください。」、「自動再生」、または「ディスクの書き込み」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックします。


  12. 「使用可能なディスク容量」欄と「必要なディスク容量」欄に、ディスク容量の目安が表示されます。
    必要なディスク容量が、使用可能なディスク容量を超えていないことを確認します。

    使用可能なディスク容量

  13. 「書き込み開始」ボタンをクリックします。

    「書き込み開始」ボタン

  14. 「ビデオディスクを書き込んでいます...」と表示されます。
    書き込みが完了するまで、しばらく待ちます。

    ビデオディスクを書き込んでいます

  15. 「ディスクの書き込みが完了しました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  16. 「スライドショーを出力」に戻ります。
    「終了」ボタンをクリックします。

    「終了」ボタン

  17. 「×」ボタンをクリックし、Corel Digital Studioを終了します。

[+]すべてを開く [-]すべてを閉じる

このQ&Aを見た人はこれも見ています!

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

サポートコール予約を利用する

その他の便利なサービス(有料)

オンライン学習サービスFMVまなびナビ