Q&Aナンバー【7311-1910】更新日:2024年1月11日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

「アップデートナビ インストールサービス」(64ビット)の修正項目とインストール方法について(2017年10月発表モデル〜2023年6月発表モデル)

これは機種別のドライバー関連情報です。ドライバー名、および対象の機種やOSをご確認ください。

対象機種とOS (全て表示)
対象機種 2023年6月発表モデルLIFEBOOK AH40/H2、他・・・
対象OS
  • Windows 11 Home (64-bit)
  • Windows 11 Pro (64-bit)
  • Windows 10 Home(64-bit)
  • Windows 10 Pro(64-bit)

質問

次の添付ソフトが公開されています。

【ドライバー名・バージョン】
アップデートナビ インストールサービス V1.4 L27 (64-bit)

【修正項目】
・V1.4L27
- 新しいソフトウェアの更新に対応しました。
- おすすめ設定表示機能の対応を追加しました。

・V1.4L26B
- 新しいソフトウェアの更新に対応しました。

・V1.4L23B
- 説明ファイルの記載を変更しました。

・V1.4L23A
- アップデートナビ V1.4 (ストアアプリ版)の起動確認処理を変更しました。
- 新しいソフトウェアの更新に対応しました。

・V1.4L22B
- 新しいソフトウェアの更新に対応しました。

・V1.4L22A
- 新しいソフトウェアの更新に対応しました。

・V1.4L21
- 起動時にダイアログが表示される場合がある障害を修正しました。

・V1.4L20A
- 新しいソフトウェアの更新に対応しました。

・V1.4L20
- 機種情報が正しく取得できない場合がある障害を修正しました。

・V1.4L19
- インストーラーにて、環境の確認処理を変更しました。

・V1.4L18
- ソフトウェアの更新に失敗する場合がある障害を修正しました。

・V1.4L17
- 新しいソフトウェアの更新に対応しました。
- OSバージョンの判定を修正しました。
- セットアップ時のオプション設定を追加しました。

・V1.4L16A
- アップデートナビ V1.4 (ストアアプリ版)の起動確認処理を変更しました。
- 新しいソフトウェアの更新に対応しました。

・V1.4L16
- アップデートナビ V1.4 (ストアアプリ版)の起動処理を修正しました。

・V1.4L15
- インストール状態の確認処理を追加しました。
- ソフトウェアの更新に失敗する場合がある障害を修正しました。
- 新しいソフトウェアの更新に対応しました。

・V1.4L14
- インストーラーにて、環境の確認処理を修正しました。
- データファイルの構成を変更しました。
- アップデートナビ V1.4 (ストアアプリ版)の起動確認機能を修正しました。
- ソフトウェアの起動方法を修正しました。

・V1.4L12
- インストーラーにて、環境の確認処理を変更しました。
- アップデートナビ V1.4 (ストアアプリ版)の起動確認機能を追加しました。

・V1.4L10
- ストアアプリ版に合わせ Windows(R) 10 版 初版リリース

回答

次の順序で、アップデートナビとアップデートナビ インストールサービスをインストールします。

重要

  • 本ソフトウェアのインストールは、管理者アカウントでサインインして行ってください。

  • 本ソフトウェアは、Windows ユニバーサル アプリのアップデートナビを使用する際に必要です。
    Q&Aの手順に従って本ソフトウェアをインストールすると、Windows ユニバーサル アプリのアップデートナビも同時にインストールされます。

手順1入手手順

次の手順で、アップデートナビ インストールサービスをダウンロードします。

ダウンロードアップデートナビ インストールサービス V1.4 L27 (64-bit)


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 上の「ダウンロード」のリンクをクリックし、「ダウンロード」ページを表示します。

  2. ページをスクロールし、「ダウンロードファイル」の「アップデートナビ インストールサービス[ E1025010.exe、2.00MB( 2096880 bytes )]」をクリックします。

    「ダウンロードファイル」の緑枠内にあるアプリ名をクリック

  3. ダウンロードが完了すると、画面右上に「ファイルを開く」と表示されます。
    「ダウンロード フォルダーを開く」ボタンをクリックします。

    「ダウンロード フォルダーを開く」ボタンをクリック

    アドバイス

    • ダウンロードしたファイルは、ご購入時の状態では「ダウンロード」フォルダーに保存されます。

    • ファイルをダウンロードするときに、セキュリティの警告が表示される場合がありますが、当社が提供するファイルはすべて検査済みです。
      メッセージに関わらず、ダウンロードしてご利用いただけます。

      メッセージが表示されたときのファイルのダウンロード方法は、次のQ&Aをご覧ください。

      Q&A[Microsoft Edge] 画面の右上にメッセージが表示されてファイルをダウンロードできません。

  4. 「ダウンロード」フォルダーなど、ファイルのダウンロード先が表示されます。
    「E1025010」(または「E1025010.exe」)アイコンが作成されたことを確認します。

    「E1025010」アイコン

  5. 「×」ボタンをクリックし、ファイルのダウンロード先を閉じます。

  6. 「×」ボタンをクリックし、Microsoft Edge を閉じます。

手順2アンインストール手順

次の手順で、アップデートナビとアップデートナビ インストールサービスをアンインストールします。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 作業中のアプリケーションをすべて終了します。
    作成中のファイルがある場合は、ファイルを保存します。

  2. タスクバーの端にある「三角」ボタンをクリックします。

    タスクバーの端にある三角ボタンをクリック

  3. 表示されるアイコンの一覧から「アップデートナビ」アイコンを右クリックし、表示されるメニューから「終了」をクリックします。

    表示されるメニューから「終了」をクリック

    アドバイス

    「アップデートナビ」アイコンが表示されていない場合は、次の手順に進みます。


  4. 「スタート」ボタンを右クリックし、表示されるメニューから「インストールされているアプリ」または「アプリと機能」をクリックします。

    「インストールされているアプリ」をクリック

  5. 「インストールされているアプリ」または「アプリと機能」が表示されます。
    お使いのOSによって、手順が異なります。

    • Windows 11の場合

      アプリの一覧から、「アップデートナビ」の右側にある、「…」または「三点」→「アンインストール」の順にクリックします。

      三点→「アンインストール」の順にクリック

    • Windows 10の場合

      アプリの一覧から、「アップデートナビ」をクリックし、表示される「アンインストール」ボタンをクリックします。


  6. 「このアプリとその関連情報がアンインストールされます。」と表示されます。
    「アンインストール」ボタンをクリックします。

    「アンインストール」ボタンをクリック

  7. 「×」ボタンをクリックし、「インストールされているアプリ」または「アプリと機能」を閉じます。

  8. お使いのOSに応じた操作で、「コントロールパネル」を開きます。

    • Windows 11の場合
      スタートボタン(Windows 11)「スタート」ボタン→右上の「すべてのアプリ」→「Windowsツール」の順にクリックします。

      「Windowsツール」が表示されたら、「コントロールパネル」をダブルクリックします。

      「コントロールパネル」をダブルクリック


    • Windows 10の場合
      スタートボタン「スタート」ボタンをクリックし、すべてのアプリの一覧から「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  9. 「コントロールパネル」が表示されます。
    一覧にある「プログラムのアンインストール」をクリックします。

    「プログラムのアンインストール」をクリック

  10. 「プログラムと機能」が表示されます。
    「アップデートナビ インストールサービス」をダブルクリックします。

    アップデートナビ インストールサービス

  11. 「アップデートナビ インストールサービスをアンインストールしますか?」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    「はい」ボタンをクリック

  12. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    表示されない場合は、次の手順に進みます。

  13. アンインストールが開始されます。
    自動的にウィンドウが消えるまで、しばらく待ちます。

    アンインストール中

  14. 「×」ボタンをクリックし、「プログラムと機能」を閉じます。

  15. お使いのOSに応じた操作で、パソコンを再起動します。

    • Windows 11の場合
      「スタート」ボタン→右下の「電源」→「再起動」の順にクリックします。

      「スタート」ボタン→右下の「電源」→「再起動」の順にクリック

    • Windows 10の場合
      スタートボタン「スタート」ボタン→「電源」→「再起動」の順にクリックします。

    パソコンが再起動します。

手順3インストール手順

次の手順で、アップデートナビとアップデートナビ インストールサービスをインストールします。


操作手順

  1. 画面下側のタスクバーにある、「Microsoft Edge」アイコンをクリックします。

    「Microsoft Edge」アイコンをクリック

    アドバイス

    • 「Microsoft Edge」アイコンがない場合は、スタートボタン(Windows 11とWindows 10)「スタート」ボタンをクリックし、すべてのアプリの一覧(Windows 11の場合は右上の「すべてのアプリ」をクリックして表示される一覧)から「Microsoft Edge」をクリックします。

    • 「エクスプローラー」アイコンなどから「ダウンロード」フォルダーを開いている場合は、手順4.に進みます。

  2. Microsoft Edgeが起動します。
    右上の「…(設定など)」→「ダウンロード」の順にクリックします。

    「設定」→からダウンロード」の順にクリック

  3. 「ダウンロード フォルダーを開く」ボタンをクリックします。

    「ダウンロード フォルダーを開く」ボタンをクリック

  4. 「ダウンロード」フォルダーが表示されます。
    「E1025010」(または「E1025010.exe」)アイコンをダブルクリックします。

    「E1025010」アイコン

    アドバイス


  5. 黒い画面がしばらく表示され、「UNSV14L27」フォルダーが作成されます。
    作成された「UNSV14L27」フォルダーをダブルクリックします。

    「UNSV14L27」フォルダーをダブルクリック

    アドバイス

    ダウンロードフォルダーにファイルを展開した場合、ファイルは「今日」以外の場所に表示されることがあります。
    「今日」にファイルが見当たらないときは、「先週」など別の日付の場所も確認してください。


  6. 「setup」(または「setup.exe」)アイコンをダブルクリックします。

    「setup」アイコンをダブルクリック

  7. ユーザーアカウント制御が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    表示されない場合は、次の手順に進みます。

  8. インストールが始まります。
    完了するまで、しばらく待ちます。

    インストール中

  9. 表示されるメッセージに応じて、次のとおり操作します。

    • 「インストールを完了しました。」と表示された場合

      アップデートナビと、アップデートナビ インストールサービスは、インストールされました。
      「OK」ボタンをクリックし「インストールの確認手順」に進みます。

      「インストールを完了しました。」と表示された場合

      アドバイス

      自動的にアップデートナビの設定画面が表示された場合は、「閉じる」ボタンをクリックします。

      閉じるボタン


    • 「インストールを完了しました。ストアよりアップデートナビをインストールしてください。「OK」を押すとストア画面を開きます。」と表示された場合

      アップデートナビのインストールが必要です。
      「OK」ボタンをクリックし、次の手順に進みます。

      「ストアよりアップデートナビをインストールしてください。」と表示された場合

  10. Microsoft Edgeが起動し、アップデートナビのダウンロードページが表示されます。
    「インストール」ボタン、「Microsoft Store アプリの取得」ボタン、または「入手」ボタンをクリックします。

    「インストール」ボタン、「Microsoft Store アプリの取得」ボタン、または「入手」ボタンをクリック

    アドバイス

    • 「このサイトは、Microsoft Store を開こうとしています。」と表示された場合は、「開く」ボタンをクリックします。

      「開く」ボタンをクリック

    • 「サインアップする」または「どうぞお見逃しなく」と表示された場合は、画面の内容を確認し、お好みでメールアドレスを登録してください。
      不要の場合は、「×」で画面を閉じてください。

      「サインアップする」または「どうぞお見逃しなく」と表示された場合

  11. Microsoft Storeのアップデートナビの画面が表示されます。
    「入手」ボタン、または「インストール」ボタンをクリックします。

    「入手」ボタン、または「インストール」ボタンをクリック

    アドバイス

    • 「サインイン」または「サインインする方法」と表示された場合は、メッセージの「×」ボタンをクリックして閉じます。
      ダウンロードが始まらない場合は、もう一度「入手」ボタン、または「インストール」ボタンをクリックし、表示される画面の指示に従って、Microsoft アカウントでサインインしてください。

    • 「複数のデバイスで使用する」と表示された場合は、「必要ありません」ボタンをクリックします。

    • 「お使いのアカウントには重要な情報が不足しています」または「何歳ですか。」と表示された場合は、お使いのMicrosoft アカウントに設定する「名前」と「生年月日」を画面の指示に従って登録してください。

  12. インストールが始まります。
    完了するまで、しばらく待ちます。

    しばらく待ちます

  13. 「開く」、または「この製品はインストール済みです。」と表示されます。
    「×」ボタンをクリックし、Microsoft Storeを閉じます。

    「×」ボタンをクリック

  14. 「×」ボタンをクリックし、「UNSV14L27」フォルダーを閉じます。

手順4インストールの確認手順

次の手順で、アップデートナビとアップデートナビ インストールサービスが正常にインストールされていることを確認します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. お使いのOSに応じた操作で、「コントロールパネル」を開きます。

    • Windows 11の場合
      スタートボタン(Windows 11)「スタート」ボタン→右上の「すべてのアプリ」→「Windowsツール」の順にクリックします。

      「Windowsツール」が表示されたら、「コントロールパネル」をダブルクリックします。

      「コントロールパネル」をダブルクリック


    • Windows 10の場合
      スタートボタン「スタート」ボタンをクリックし、すべてのアプリの一覧から「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    一覧にある「プログラムのアンインストール」をクリックします。

    「プログラムのアンインストール」をクリック

  3. 「プログラムと機能」が表示されます。
    「アップデートナビ インストールサービス」をクリックします。

    アップデートナビ インストールサービス

  4. 正常にインストールされているときは、「製品バージョン」に「1.2.0119」と表示されます。

    バージョンを確認

  5. 「×」ボタンをクリックし、「プログラムと機能」を閉じます。

  6. タスクバーの端の「三角」ボタンをクリックし、アップデートナビのアイコンがあることを確認します。

    アップデートナビのアイコンがあることを確認

    アドバイス

    アイコンがない場合は、お使いのOSに応じた操作で、「アップデートナビ」を起動します。

    • Windows 11の場合
      スタートボタン(Windows 11)「スタート」ボタン→右上の「すべてのアプリ」→「アップデートナビ」の順にクリックします。

    • Windows 10の場合
      スタートボタン「スタート」ボタンをクリックし、すべてのアプリの一覧から「アップデートナビ」をクリックします。

手順5ダウンロードしたファイルの削除手順

アップデートナビ インストールサービスが正常にインストールされたことを確認したら、FMVサポートのホームページからダウンロードしたファイルは、削除して結構です。
次の手順で、ダウンロードしたファイルと、「インストール手順」で作成したフォルダーを削除します。


操作手順

  1. 画面下側のタスクバーにある、「Microsoft Edge」アイコンをクリックします。

    「Microsoft Edge」アイコンをクリック

    アドバイス

    • 「Microsoft Edge」アイコンがない場合は、スタートボタン(Windows 11とWindows 10)「スタート」ボタンをクリックし、すべてのアプリの一覧(Windows 11の場合は右上の「すべてのアプリ」をクリックして表示される一覧)から「Microsoft Edge」をクリックします。

    • 「エクスプローラー」アイコンなどから「ダウンロード」フォルダーを開いている場合は、手順4.に進みます。

  2. Microsoft Edgeが起動します。
    右上の「…(設定など)」→「ダウンロード」の順にクリックします。

    「設定」→からダウンロード」の順にクリック

  3. 「ダウンロード フォルダーを開く」ボタンをクリックします。

    「ダウンロード フォルダーを開く」ボタンをクリック

  4. 「ダウンロード」フォルダーが表示されます。
    「E1025010」(または「E1025010.exe」)アイコンを右クリックし、表示されるメニューから「削除」をクリックします。

    「E1025010」アイコン右クリック「削除」

  5. 「UNSV14L27」フォルダーを右クリックし、表示されるメニューから「削除」をクリックします。

    「UNSV14L27」フォルダー右クリック「削除」

  6. アイコンやフォルダーが消えたことを確認します。

  7. 「×」ボタンをクリックし、「ダウンロード」フォルダーを閉じます。

  8. 「×」ボタンをクリックし、Microsoft Edgeを閉じます。

このQ&Aは役に立ちましたか?(今後の改善の参考とさせていただきます。)

このQ&Aを見た人はこれも見ています!

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)

オンライン学習サービスFMVまなびナビ

ページの先頭へ