このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【7409-9569】更新日:2018年2月12日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

ハードディスク全体をリカバリする方法を教えてください。(2012年10月発表モデル〜2015年5月発表モデル)

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 8.1
  • Windows 8

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

ハードディスク全体をリカバリする方法を教えてください。

回答

ハードディスクからリカバリ領域を削除している場合は、リカバリディスクセットを使って、ハードディスク全体をリカバリして復元します。



ご案内
このQ&Aは、2012年10月発表モデル〜2015年5月発表モデル向けの、ハードディスク全体をリカバリ(全ドライブをご購入時の状態に戻すリカバリ)の手順を案内しています。
他の機種をお使いの場合は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aハードディスク全体をリカバリする方法を教えてください。

なお、2012年10月発表モデル〜2015年5月発表モデルでWindows 7が搭載された機種の手順は、2010年夏モデル〜2012年夏モデルと同じです。
手順は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A全ドライブを購入時の状態に戻す方法を教えてください。(2010年夏モデル〜2012年夏モデル)

ハードディスク全体のリカバリは、次のような場面で実施します。

  • ハードディスク全体をご購入時の状態に戻したい場合
  • Windows 10にアップグレードした後に元のOSに戻す場合
  • Cドライブのみのリカバリに失敗した場合
  • 削除したリカバリ領域を復元する場合

ご注意

ハードディスク全体をリカバリするには、リカバリディスクセットが必ず必要です。
リカバリディスクセットがお手元にない場合は、リカバリメディア有償サービスで購入できます。


リカバリメディア有償サービスについては、次のホームページをご覧ください。

My Cloudリカバリメディア有償サービス

次の項目を順番に確認してください。

  1. 事前準備
  2. ハードディスク全体をリカバリ
  3. リカバリ後の作業


手順1事前準備

ハードディスク全体をリカバリするときは、事前にいくつかの準備が必要です。


リカバリディスクセットを準備する

手順の前に、リカバリディスクセットを準備します。
ディスクの枚数は、ディスクの種類や機種によって異なります。

  • DVDで作成した場合

    • トラブル解決ナビディスク
    • リカバリデータディスク1
    • リカバリデータディスク2
    • リカバリデータディスク3 (一部機種を除く)
    • ソフトウェアディスク1
    • ソフトウェアディスク2
    • ソフトウェアディスク3(一部機種を除く)

  • Blu-ray Discで作成した場合

    • トラブル解決ナビ&ソフトウェア&リカバリデータディスク

データをバックアップする

CドライブやDドライブなどに保存したすべてのデータが削除されます。
必要なデータは、手順の前にバックアップします。

重要

外付けハードディスクやUSBメモリ、増設用内蔵ハードディスクユニットは必ず取り外す

外付けハードディスクやUSBメモリ、増設用内蔵ハードディスクユニットを接続したまま操作を続けると、大切なデータを壊してしまう可能性があります。
手順の前に必ず取り外してください。


CD/DVDドライブを接続する

CD/DVDドライブが搭載されていない機種は、手順の前に、外付けCD/DVDドライブを用意し、パソコンに接続します。

ACアダプタが付属しているCD/DVDドライブは、ACアダプタを接続してください。
接続しないと、正常に書き込みができない場合があります。

アドバイス
外付けCD/DVDドライブは、富士通純正のスーパーマルチドライブユニットをお勧めします。

他社製の外付けCD/DVDドライブは、動作確認された製品を用意してください。
動作確認された製品の情報は、次のサポートページをご覧ください。

My Cloud他社周辺機器接続情報

付属ディスプレイ、キーボード、マウス以外の周辺機器は取り外す

周辺機器を接続したままだと、手順と異なってしまう場合があります。
手順の前に必ず取り外してください。
(CD/DVDドライブ未搭載機種の外付けCD/DVDドライブを除く)

  • プリンター
  • デジタルカメラ
  • スキャナー
  • HDMI入力 / 出力端子に接続している周辺機器
  • USBコネクタに接続している周辺機器
  • セットしているExpressCard
  • アンテナケーブル
  • LANケーブル
  • クレードル

LIFEBOOKの場合は、付属のマウスも取り外してください。
また、LIFEBOOKで、ワイヤレスマウスをお使いの場合は、底面の電源スイッチをOFF側にして電源を切ってください。

ARROWS Tabでスリムキーボードが添付されている機種は、スリムキーボードも取り外してください。


メモリーカードは取り外す

メモリーカードをセットしていると、手順と異なってしまう場合があります。
手順の前に必ず取り外してください。


時間に余裕をもって作業する

リカバリの実行からアプリのインストール終了まで、早く終了する機種でも2〜3時間はかかります。
半日以上は時間をとり、じっくりと作業することをお勧めします。


Microsoft アカウントのメールアドレスとパスワードを確認する

Microsoft アカウントでサインインしている場合、パソコンをご購入時に状態に戻した後に、以前と同じ環境で使用するには、Microsoft アカウントのメールアドレスとパスワードが必要です。

ご購入時の状態に戻す前に、必ずMicrosoft アカウントのメールアドレスとパスワードをメモなどに控えてください。

アドバイス
Office Premium をお使いの場合は、Office を初期設定したときに使用した、Microsoft アカウントのメールアドレスとパスワードをメモなどに控えてください。忘却すると、パソコンをご購入時の状態に戻した後に、Office が使用できなくなります。

LIFEBOOK / ARROWS Tab / STYLISTICは必ずACアダプタを接続する


  • LIFEBOOK の場合は、必ずACアダプタを使用し、コンセントから電源を確保してください。

  • STYLISTICの場合は、キーボード・ドッキングステーションを接続したままでも、AC アダプタを接続し、手順を実行できます。
    キーボード・ドッキングステーションを使用しない場合は、本体に AC アダプタを取り付けてください。

  • ARROWS Tabの場合は、必ずパソコン本体にACアダプタを接続してください。
    なお、パソコン本体にDC-INコネクタ(ACアダプタの接続口)がない場合は、パソコン本体にクレードルを取り付けて、クレードルのDC-INコネクタにACアダプタを接続してください。


手順2ハードディスク全体をリカバリ

ハードディスク全体をリカバリする手順は、次のとおりです。


操作手順

お使いの機種によっては、表示される画面や使用するディスクが異なります。

  1. 「トラブル解決ナビディスク」または「トラブル解決ナビ&ソフトウェア&リカバリデータディスク」のディスクを使用して、トラブル解決ナビを起動します。

    重要
    トラブル解決ナビが起動せずに、起動メニューに戻る場合は、異なるディスクを使用していないかどうかを確認してください。
  2. トラブル解決ナビの「リカバリ」をクリックします。

    リカバリ

  3. 「ハードディスク全体をリカバリ」をクリックします。

    ハードディスク全体をリカバリ

  4. 「ディスク全体をご購入時の状態に戻す」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタン

  5. 「1.ご使用上の注意」と表示されます。
    ご使用上の注意をよく読み、内容に同意する場合は、「同意する」をクリックします。

    同意する

  6. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタン

  7. 「リカバリディスクセットの確認」と表示されます。
    「トラブル解決ナビディスク」または「トラブル解決ナビ&ソフトウェア&リカバリデータディスク」がパソコンにセットされていることを確認します。

    リカバリディスクセットの確認

  8. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタン

  9. 「ディスクのチェックを行っています。」と表示されます。
    ディスクの確認が終わるまで、そのまましばらく待ちます。

    ディスクのチェックを行っています。

    アドバイス
    Blu-ray Discをセットしている場合は、「リカバリディスクセットが揃っていることを確認できました。」と表示されたら、手順14.に進みます。
  10. 「(ディスク名称)」を入れてください。」と表示されます。
    画面に表示されているディスクをセットします。

    ディスクをセットします
    (「リカバリディスク1」が表示されている例)

  11. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  12. 「ディスクのチェックを行っています。」と表示されます。
    ディスクの確認が終わるまで、そのまましばらく待ちます。

    ディスクのチェックを行っています。

  13. 「リカバリディスクセットが揃っていることを確認できました。」と表示されるまで、手順10.〜手順12.を繰り返します。

  14. 「リカバリディスクセットが揃っていることを確認できました。」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタン

  15. 「リカバリデータディスクの確認」と表示されます。

    • Blu-ray Discをお使いの場合
      「次へ」ボタンをクリックします。

    • DVDをお使いの場合
      パソコンに「リカバリデータディスク1」をセットし、「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタン

  16. 「「OK」をクリックすると、リカバリを実行します。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  17. 「ハードディスクの領域を設定しています。」と表示されます。
    設定が完了するまで、そのまましばらく待ちます。

    アドバイス
    Blu-ray Discをセットした場合は、「ディスクの復元が完了しました。」と表示されたら、手順21.に進みます。
  18. 「CD/DVD/BDドライブに「(ディスクの名称)」を入れてください。」と表示されます。
    画面に表示されているディスクをセットします。

    ディスクをセット

  19. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタン

  20. 「リカバリが正常に完了しました。」と表示されるまで、手順18.〜手順19.を繰り返します。

  21. 「ディスクの復元が完了しました。」と表示されます。
    パソコンにセットしたディスクを取り出し、「完了」ボタンをクリックします。

    「完了」ボタン

    パソコンの電源が自動的に切れます。

    アドバイス
    お使いの機種によっては、パソコンが再起動します。


手順3リカバリ後の作業

リカバリ後は、次の作業を実行します。


Windowsのセットアップを行う

お使いのOSに応じたQ&Aをご覧ください。


リカバリ後に必要な作業を行う

リカバリ後は、セキュリティ対策やバックアップしたデータの復元などの作業が必要です。

リカバリ後に必要な作業については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&Aリカバリ後に必要な作業について教えてください。


Microsoft Officeのセットアップを実行する

Officeを使うための準備です。
お使いの機種に応じたQ&Aをご覧ください。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)