このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【7608-7621】更新日:2018年4月19日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

マウスやフラットポイントのボタンを押し続けることなくドラッグする方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7
  • WindowsVista
  • Windows XP

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

マウスやフラットポイントのボタンを押したままにしなくても、ドラッグする方法を教えてください。

回答

クリックロックやドラッグロックを使用すると、マウスやフラットポイントのボタンを押し続けなくても、ドラッグ操作ができます。


操作方法は、次の項目をご覧ください。

  1. クリックロックの操作方法
  2. ドラッグロックの操作方法


クリックロックの操作方法

クリックロックとは、マウスまたはフラットポイントのボタンを押したままにしなくても、ドラッグできる機能です。

クリックロックの操作方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. アイコンやフォルダーなどの項目をクリックするときに、マウスやフラットポイントのボタンを、少しの間押したままにしてからボタンから指を離します。

    クリックする項目

  2. 項目が移動可能な状態になったら、マウスやフラットポイントで目的の位置まで移動します。

    目的の位置まで移動する
    (画面は一例です。項目によっては半透明で表示されないものがあります)

  3. 目的の位置まで移動したら、もう一度クリックし、クリックロックを解除します。

    目的の位置で解除する


ドラッグロックの操作方法

ドラッグロックとは、フラットポイントの操作面だけでドラッグできる機能です。

ドラッグロックには、フラットポイントから指を離すとドラッグロックを解除する自動解除と、目的の位置でタップしたときにドラッグロックを解除する、2つの解除方法があります。


自動解除する設定の場合

ドラッグロックの操作方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. アイコンやフォルダーなどの項目を1回タップし、2回目のタップのときに、指をフラットポイントから離さないようにします。

    ドラッグする項目

  2. そのままフラットポイント上で指を動かし、目的の位置まで移動します。

    目的の位置まで移動する
    (画面は一例です。項目によっては半透明で表示されないものがあります)

    アドバイス

    目的の位置に移動するまで、フラットポイントから指を離しません。

  3. 目的の位置まで移動したら、フラットポイントから指を離し、ドラッグロックを解除します。

    目的の位置で解除する

タップするとドラッグロックを解除する設定の場合

ドラッグロックの操作方法は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. アイコンやフォルダーなどの項目を1回タップし、2回目のタップのときに、少しの間指をフラットポイントから離さないままにしてから、フラットポイントから指を離します。

    タップする項目

  2. 項目が移動可能な状態になったら、フラットポイントで目的の位置まで移動します。

    目的の位置まで移動する
    (画面は一例です。項目によっては半透明で表示されないものがあります)

  3. 目的の位置まで移動したら、もう一度タップし、ドラッグロックを解除します。

    目的の位置で解除する

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)