このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【8408-7670】更新日:2017年1月5日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[ハードディスクリカバリ] リカバリ領域を削除してハードディスクの容量を増やす方法を教えてください。(2010年夏モデル〜2012年夏モデル)

これは機種別のドライバー関連情報です。ドライバー名、および対象の機種やOSをご確認ください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

ハードディスクリカバリに使う領域を削除して、ハードディスクの容量を増やす方法を教えてください。

回答

2010年夏モデル〜2012年夏モデル向けのQ&Aです。

2010年夏モデル〜2012年夏モデルは、リカバリ領域をハードディスクに確保しています。
リカバリ領域には、ハードディスクリカバリを実行するために使用するイメージを保存しています。

リカバリ領域を削除することで、ハードディスクの容量を増やせます。

次の項目を順番に確認してください。

  1. 事前準備
  2. リカバリ領域の削除手順


手順1事前準備

リカバリ領域を削除するときは、事前にいくつかの準備が必要です。


「リカバリディスクセット」を用意する

リカバリ領域を削除する前に、「リカバリディスクセット」を用意します。

「リカバリディスクセット」を作成していない場合は、あらかじめ作成してください。
「リカバリディスクセット」の内容は、お使いの機種やディスクの種類によって異なります。


ご注意

リカバリ領域を削除すると、ハードディスクリカバリを実行できません。
また、リカバリ領域を削除した後に「リカバリディスクセット」を作成することはできません。

そのため、リカバリ領域を削除する前に、必ず「リカバリディスクセット」を作成してください。

「リカバリディスクセット」の作成方法は、次のQ&Aをご覧ください。


データをバックアップする

リカバリ領域を削除する前に、パソコン内のハードディスクに保存したデータをバックアップします。

アドバイス
次の機種をお使いの場合は、リカバリ領域を削除すると、Cドライブのすべてのデータが削除され、Dドライブのデータは残ります。

  • 2012年夏モデル
    ESPRIMO DH70/HN(FMVD7HN71、FMVD7HN7G1、FMVD7HN81、FMVD7HN8G1に限る)、DH77/H

  • 2012年春モデル
    ESPRIMO DH70/GN(FMVD7GN71、FMVD7GN81、FMVD7GN7G1、FMVD7GN8G1に限る)、DH77/G

  • 2011年冬モデル
    LIFEBOOK NH77/ED

  • 2010年冬モデル
    LIFEBOOK NH900/BND(FMVN9BND27、FMVN9BND28に限る)

  • 2010年夏モデル
    LIFEBOOK NH900/ANT(FMVN90ANT2に限る)

外付けハードディスクなどを取り外す

リカバリ領域を削除する前に、外付けハードディスクやUSBメモリなど外部記憶装置を取り外します。

重要
パソコンに接続したまま作業を開始すると、データが破損したり消失したりする可能性があります。


CD/DVDドライブを接続する
(CD/DVDドライブが搭載されていない機種に限る)

リカバリ領域を削除する前に、外付けCD/DVDドライブを用意し、パソコンに接続します。

アドバイス
外付けCD/DVDドライブは「スーパーマルチドライブユニット FMV-NSM53」、または「スーパーマルチドライブユニット FMV-NSM54」をお勧めします。

他社製の外付けCD/DVDドライブは、動作確認された製品を用意してください。
動作確認された製品の情報は、次のサポートページをご覧ください。

My Cloud他社周辺機器接続情報


その他の注意事項を確認する


  • Windows 7(32ビット)とWindows 7(64ビット)とが搭載されている機種をお使いの場合は、リカバリ領域を削除すると、CドライブはWindows 7(32ビット)になります。

  • LIFEBOOK をお使いの場合は、必ずACアダプタを使用し、コンセントから電源を確保してください。

  • タッチパネル搭載機種をお使いの場合は、マウスとキーボードで操作してください。


手順2リカバリ領域の削除手順

リカバリ領域の削除手順は、次のとおりです。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「リカバリディスクセット」のディスクを使用して、トラブル解決ナビを起動します。

    アドバイス
    トラブル解決ナビを起動する方法について詳しくは、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[トラブル解決ナビ] 起動する方法を教えてください。(2010年夏モデル〜2012年夏モデル)

  2. 「ユーティリティ」タブをクリックします。

    「ユーティリティ」タブをクリック

  3. 「リカバリ領域の削除」アイコンをクリックします。

    「リカバリ領域の削除」アイコンをクリック

  4. 「実行」ボタンをクリックします。

    「実行」ボタンをクリック

  5. 「リカバリ領域の削除を始める前に、必ず以下をよくお読みください。」と表示されます。
    ご使用上の注意をよく読み、同意する場合は、「同意する」をクリックします。

    内容に同意する場合は、「同意する」をクリック

    アドバイス
    「同意する」をクリックできない場合は、ご使用上の注意の「▼」ボタンをクリックし、スクロールバーを一番下まで移動してから「同意する」をクリックしてください。

    注意事項の「▼」ボタンをクリックし、スクロールバーを一番下まで移動

  6. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  7. 「リカバリ領域の削除」と表示されます。
    「次の順番で作業を進めていきます。」の内容を確認し、「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  8. 「リカバリディスクセットの確認」と表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    リカバリディスクセットの確認

    重要
    リカバリディスクが揃っているかどうか、また書き込まれているデータに問題がないかどうかを確認するために、リカバリディスクセットの確認はスキップしないでください。

  9. 「ディスクの確認をしています。しばらくお待ちください。」と表示されます。
    ディスクの確認が終わるまで、そのまましばらく待ちます。

    ディスクの確認をしています。しばらくお待ちください。

    アドバイス
    BD-Rをセットしている場合は、「「リカバリディスクセット」が揃っていることを確認できました。」と表示されたら、手順14.に進みます。

  10. 「「(ディスク名称)」を入れてください。」と表示されます。
    画面に表示されているディスクをセットします。

    リカバリデータディスクの表示
    (「リカバリデータディスク1 (32ビット版)」が表示されている例)

  11. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  12. 「ディスクの確認をしています。しばらくお待ちください。」と表示されます。
    ディスクの確認が終わるまで、そのまましばらく待ちます。

    ディスクの確認をしています。しばらくお待ちください。

  13. 「「リカバリディスクセット」が揃っていることを確認できました。」と表示されるまで、
    手順10.〜手順12.を繰り返します。

  14. 「「リカバリディスクセット」が揃っていることを確認できました。」と表示されます。
    パソコンにセットしたディスクの種類によって、操作が異なります。

    • BD-R
      そのまま「次へ」ボタンをクリックします。

    • DVD-R
      パソコンにセットしたディスクを取り出し、「次へ」ボタンをクリックします。

    (DVD-Rの場合はセットしたディスクを取り出して)「次へ」ボタンをクリック

  15. 「ハードディスクの領域を設定する」と表示されます。
    パソコンにセットしたディスクの種類によって、手順が異なります。

    • BD-R
      そのまま「次へ」ボタンをクリックします。

    • DVD-R
      「トラブル解決ナビディスク」をパソコンにセットし、「次へ」ボタンをクリックします。

    ハードディスクの領域を設定する

  16. 「ハードディスク内の全てのデータが削除されます !!!」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    ハードディスク内の全てのデータが削除されます

  17. 「ハードディスクの領域を設定しています。しばらくお待ちください。」と表示されます。
    領域の設定が終わるまで、そのまましばらく待ちます。

    アドバイス
    BD-Rをセットしている場合は、「リカバリが正常に完了しました。」と表示されたら、手順22.に進みます。

  18. 「「(ディスク名称)」を入れてください。」と表示されます。
     画面に表示されているディスクをセットします。

  19. 「OK」ボタンをクリックします。

  20. 「ディスクイメージの復元」と表示されます。
    そのまましばらく待ちます。

  21. 「リカバリが正常に完了しました。」と表示されるまで、手順18.〜手順20.までを繰り返します。

  22. 「リカバリが正常に完了しました。」と表示されます。
    パソコンにセットしたディスクを取り出し、「OK」ボタンをクリックします。

    パソコンが再起動します。

    重要
    パソコンを再起動すると、しばらく黒い画面が表示されて起動するまで時間がかかります。

  23. 続けて、Windowsセットアップを行います。
    お使いの機種によって操作が異なります。次のQ&Aをご覧ください。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)