このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【8508-6083】更新日:2012年5月23日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows 7] 作成した外字をバックアップする / 復元する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

作成した外字をバックアップする方法と、復元する方法を教えてください。

回答

作成した外字をバックアップする方法と復元する方法は、次のとおりです。


ご注意 

データの保存、およびバックアップ作業は、お客様の責任で行ってください。
パソコンに保存したデータや、バックアップしたデータについては、当社では責任を負いかねます。

重要
作成した外字を他のパソコンで使用することは、動作保証外です。
同じパソコンでお使いください。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. バックアップする場合
  2. 復元する場合

バックアップする場合

次の手順で、バックアップします。
ここでは例として、ローカルディスク(D:)に外字ファイルを保存します。


操作手順

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」の順にクリックします。

  2. コマンドプロンプトが起動します。
    次の文字列を半角で入力します。

    cd c:¥windows¥fonts

    cdコマンド

    アドバイス
    「cd」と「c:¥」の間には、半角で【空白(スペース)】キーを一回押します。

  3. 【Enter】キーを押します。

  4. 次の文字列を半角で入力します。

    copy eudc.* d:

    copyコマンド

    アドバイス
    次の文字列の間には半角で【空白(スペース)】キーを一回押します。

    • 「copy」と「eudc.*」の間

    • 「eudc.*」と「d:」の間

  5. 【Enter】キーを押します。

  6. 「2個のファイルをコピーしました。」と表示されたことを確認します。

    2個のファイルをコピーしました。

  7. 「×」ボタンをクリックし、コマンドプロンプトを閉じます。

  8. デスクトップの「コンピューター」をクリックします。

  9. 「コンピューター」が表示されます。
    「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    「ローカルディスク(D:)」をクリック

  10. 「EUDC.TTE」ファイルと「EUDC.EUF」ファイルがコピーされていることを確認します。

    コピーされていることを確認
アドバイス

復元する場合

次の手順で、復元します。
ここでは例として、ローカルディスク(D:)に保存している外字ファイルを復元します。

アドバイス
外字ファイルを、CDやDVDなどに保存している場合は、ローカルディスク(D:)にコピーしてから、次の操作手順をご覧ください。


操作手順

  1. 起動しているアプリケーションはすべて終了します。

    重要
    外字エデイターやメモ帳などのアプリケーションが起動していると、復元に失敗することがあります。

  2. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」の順にクリックします。

  3. 「コマンドプロンプト」を右クリックし、表示されるメニューから「管理者として実行」をクリックします。

    「管理者として実行」をクリック

  4. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

  5. コマンドプロンプトが起動します。
    次の文字列を半角で入力します。

    cd c:¥windows¥fonts

    cdコマンド

    アドバイス
    「cd」と「c:¥」の間には半角で【空白(スペース)】キーを一回押します。

  6. 【Enter】キーを押します。

  7. 次の文字列を半角で入力します。

    ren eudc.tte eudc.bak

    renコマンド

    アドバイス
    次の文字列の間には半角で【空白(スペース)】キーを一回押します。

    • 「ren」と「eudc.tte」の間

    • 「eudc.tte」と「eudc.bak」の間

  8. 【Enter】キーを押します。

    アドバイス
    • 「指定されたファイルが見つかりません。」と表示される場合は、そのまま次の手順に進みます。

    • 「重複するファイル名が存在するか、またはファイルが見つかりませんでした。」と表示される場合は、手順7.〜手順8.をもう一度くり返します。
      このとき、「eudc.bak」を「eudc.old」にするなど、「.bak」の文字列を変更してください。

  9. 次の文字列を半角で入力します。

    copy d:¥eudc.*

    copyコマンド

    アドバイス
    「copy」と「d:¥」の間には半角で【空白(スペース)】キーを一回押します。

  10. 【Enter】キーを押します。

    アドバイス
    「上書きしますか?」と表示された場合は、【y】キーを1回押し、【Enter】キーを押します。

    上書きしますか?

  11. 「2個のファイルをコピーしました。」と表示されたことを確認します。

    2個のファイルをコピーしました。

  12. 「×」ボタンをクリックし、コマンドプロンプトを閉じます。

  13. 外字が復元されていることを確認します。

アドバイス
指定したフォントにリンクした外字を復元する場合は、ローカルディスク(D:)などにコピーした外字ファイルを、次の場所に保存します。

  • C:¥Users¥(ユーザーフォルダー名)¥AppData¥Local¥Microsoft¥Winddows¥EUDC

なお、外字ファイルをコピーした後は、外字エディターを起動し、フォントと外字ファイルを関連付けする必要があります。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)