このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【8906-1864】更新日:2007年5月24日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[DigitalTVbox] 「移動(ムーブ)」と「ダビング」について教えてください。(2005年夏モデル〜2006年秋冬モデル)

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2006年秋冬モデルFMV-DESKPOWER CE50T7/D、他・・・
対象OS
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

2005年夏モデル〜2006年秋冬モデルを使用しています。
DigitalTVboxの録画設定にある「メディア書出し」には、「移動(ムーブ)」と「ダビング」があります。
これらはどのような機能ですか。また、設定を変更する方法を教えてください。

回答

DigitalTVboxでは、録画したデジタル放送の番組を、CPRM対応のDVD-RAMに書き出すことができます。

録画したデジタル放送のテレビ番組をDVDに残す場合、事前に行う録画の設定によって、録画データをDVDへ書き出す方法が異なります。

書き出す方法として、「移動(ムーブ)」または「ダビング」が選択できます。ご購入時は「移動(ムーブ)」に設定されています。

録画したあとではこの設定を変更することはできないため、必ず録画を行う前に設定します。

ここでは、「移動(ムーブ)」と「ダビング」の特徴と、設定方法を紹介します。



1番目の確認項目「移動(ムーブ)」と「ダビング」について


「移動(ムーブ)」と「ダビング」のどちらにも共通する点と、それぞれの特徴を紹介します。

各項目をご覧になり、録画したデジタル放送のテレビ番組を、「移動(ムーブ)」と「ダビング」のどちらでDVD-RAMへ書き出すかを、用途にあわせて検討してください。


「移動(ムーブ)」と「ダビング」の共通事項


「移動(ムーブ)」または「ダビング」のどちらの設定でも、DVD-RAMに保存した番組は他のパソコンやDVD-RAM対応のDVDレコーダーなどの機器で視聴することができます。

画質は、DVD-RAMへの書き出し時に、ハイビジョン画質(HD画質)から標準画質(SD画質)に変換されます。

重要
次の点に注意してください。

  • 他の機器で再生するためには、その機器が、CPRM方式で著作権保護された番組を録画したDVDディスクの再生に対応している必要があります。

  • DVD-RAMに保存すると、5.1ch音声は、2chにダウンミックスされて記録されます。また、データ放送や字幕情報は保存できません。

  • データの保存に使用するDVD-RAMは、CPRMに対応している必要があります。

    「移動(ムーブ)」の特徴


    「移動(ムーブ)」で、録画データをDVD-RAMに書き出すと、元のデータはハードディスクから削除されます。そのため、ハードディスクの空き容量を増やすことができます。

    ハードディスクに録画データを残すことはできませんが、「ダビング」よりも制限事項が少ないため、使用しやすい機能です。

    重要
    「移動(ムーブ)」の設定で番組を録画した場合、録画データを「DigitalTVbox分割結合ツール」でバックアップすることはできません。


    「ダビング」の特徴


    「ダビング」は、パソコンのハードディスクに録画データを残したまま、DVD-RAMにデータをバックアップする機能です。

    「移動(ムーブ)」とは異なり、DVD-RAMへ書き出しても、録画した番組のデータは、ハードディスクから削除されません。

    ハードディスク上の録画番組は、ハイビジョン画質(HD画質)のまま残すことができます。

    「ダビング」の設定でハードディスクに録画した番組は、「DigitalTVbox分割結合ツール」でバックアップできます。ただし、バックアップしたデータの再生ができるのは、録画したパソコンに限られます。

    「ダビング」には、「移動(ムーブ)」よりも多くの制限事項があります。

    重要
    「ダビング」を行うときは、次の点に注意してください。

    • DVDは、録画番組1本に対し、1枚しか作成できません。

    • 「ダビング」を選択した場合、予約できる番組は同時に1本までに制限されます。

    • 「ダビング」を選択して録画した番組が、DVDに保存せずにハードディスクに残っていると、続けて他の番組を「ダビング」の設定で録画予約または録画することはできません。その場合、自動的に「移動(ムーブ)」で録画されます。

      他の番組を「ダビング」の設定で録画予約または録画するには、保存せずに残っている録画データをDVD-RAMに書き出すか、ダビング用データを削除する必要があります。


    2番目の確認項目「移動(ムーブ)」または「ダビング」の設定手順


    次の手順で、「移動(ムーブ)」または「ダビング」に設定します。

    操作はリモコンで行います。ご利用の機種によっては、画面が異なります。

    重要
    次の機種をお使いの場合は、ご購入時の状態では、「移動(ムーブ)」と「ダビング」の機能を使用できません。

    2005年秋冬モデル(一部は2006年春モデルでも継続)
    FMVLX90MD、FMVLX90MND、FMVLX90MDE、FMVTX90MD、FMVTX90MND、FMVTX90MDE

    2005年夏モデル
    FMVLX90LD、FMVLX90LND、FMVTX90LD、 FMVTX90LDE、FMVTX90LND

    これらの機種で、「移動(ムーブ)」と「ダビング」の機能を使用するには、DigitalTVboxの最新版アップデートプログラムを適用する必要があります。ただしアップデート前に録画した番組は、新機能には非対応です。アップデート後に録画した番組だけが新機能の対象です。

    アップデートプログラムについては、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A添付ソフト「デジタルTVチューナーカードアプリケーション DigitalTVbox」の修正項目とインストール方法について(2006年春モデル:FMV-DESKPOWER LX90R/D ほか)(新しいウィンドウで表示)


    操作手順

    1. リモコンのデジタルTVボタンを押します。
      DigitalTVboxが起動します。

    2. メニューボタンを押します。

    3. 「メニュー」画面が表示されます。
      上下ボタンを押して「設定」を選択し、決定ボタンを押します。

      メニュー

    4. 「設定」画面が表示されます。
      上下ボタンを押して「録画」を選択し、決定ボタンを押します。

      設定

    5. 「設定 録画」画面が表示されます。
      右下ボタンを押して、「メディア書出し」の項目を選択し、決定ボタンを押します。

      設定 録画

    6. 上下ボタンを押して、「移動(ムーブ)」または「ダビング」を選択し、決定ボタンを押します。

      ダビング

    7. 右ボタンを押して、「決定」を選択し、決定ボタンを押します。

      決定

    8. 「設定」画面が表示されます。
      メニューボタンを押します。

    9. DigitalTVboxの視聴画面が表示されます。
      デジタルTVボタンを押します。DigitalTVboxが終了します。

    ご参考

    録画した番組を実際にDVDへ書き込む方法については、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[DigitalTVbox] 録画した番組をDVDへ書き込む方法を教えてください。(2005年夏モデル〜2006年秋冬モデル)(新しいウィンドウで表示)


  • アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

    問題は解決しましたか?
    ご意見など(400文字まで)

    【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
    質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

    このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

    Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

    その他の便利なサービス(有料)