このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【9306-8546】更新日:2007年2月22日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows Vista] Windows ファイアウォールでプログラムごとに通信を許可 / ブロックする方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • WindowsVista

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Windows ファイアウォールでデータの送受信をブロックされているため、アプリケーションが正常に動作しません。
勝手に通信しないように、アプリケーションの通信をブロックする方法を教えてください。

回答

Windowsファイアウォールは、インターネットで通信するプログラムについて、プログラムごとに通信を許可、またはブロック(遮断)するかどうかを設定できます。



プログラムごとに通信を許可する / ブロックする


プログラムごとに通信をブロック、または許可をしたいときは、次の手順でWindows ファイアウォールの例外を無効、または有効にします。

ここでは、例として「@映像館 EZweb用Webページを作る」の通信を許可する設定にします。


操作手順

  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「セキュリティ」をクリックします。

    「セキュリティ」をクリック

    アドバイス
    「セキュリティ」が表示されていない場合は、「Windows ファイアウォール」をクリックします。

    「Windows ファイアウォール」をクリック

  3. 「Windows ファイアウォール」の、「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。

    「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリック

    アドバイス
    右側に「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」が表示されていない場合は、左側の「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。

    「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリック

  4. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「続行」ボタンをクリックします。

  5. 「Windows ファイアウォールの設定」が表示されます。
    「例外」タブをクリックします。

    「例外」タブをクリック

  6. 「プログラムまたはポート」の一覧から、「@映像館 EZweb用Webページを作る」のチェックボックスをクリックし、チェックを付けます。

    アドバイス
    プログラムの通信をブロックする場合は、チェックボックスをクリックし、チェックを外します。

    プログラムをクリック

  7. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  8. 「×」ボタンをクリックし、表示されているウィンドウをすべて閉じます。

プログラムが通信可能なネットワークの範囲を設定する


プログラムの通信を許可するネットワークの範囲は、初期の設定では、インターネットを含め、ネットワークに接続されているパソコンすべてが対象に設定されています。

プログラムの通信を許可するネットワークを、家庭内LANや、特定のパソコンに限定したい場合は、次の手順で、スコープを変更します。


操作手順

  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「セキュリティ」をクリックします。

    「セキュリティ」をクリック

    アドバイス
    「セキュリティ」が表示されていない場合は、「Windows ファイアウォール」をクリックします。

    「Windows ファイアウォール」をクリック

  3. 「Windows ファイアウォール」の、「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。

    「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリック

    アドバイス
    右側に「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」が表示されていない場合は、左側の「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。

    「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリック

  4. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「続行」ボタンをクリックします。

  5. 「Windows ファイアウォールの設定」が表示されます。
    「例外」タブをクリックします。

    「例外」タブをクリック

  6. 「プログラムまたはポート」の一覧から、スコープを変更するプログラムをクリックします。
    ここでは、例として「@映像館 EZWeb用Webページを作る」をクリックします。

    スコープを変更するプログラムをクリック

  7. 「プロパティ」ボタンをクリックします。

    「プロパティ」ボタンをクリック

  8. 「プログラムの編集」と表示されます。
    「スコープの変更」ボタンをクリックします。

    アドバイス
    Windows がシステムで使用しているプログラムの場合は、スコープを変更できないため、「スコープの変更」ボタンが表示されません。

    「スコープの変更」ボタンをクリック

  9. 「スコープの変更」が表示されます。
    次の項目のどれかを設定します。

    • 任意のコンピュータ(インターネット上のコンピュータを含む)
      接続しているどのパソコンからも通信ができます。

    • ユーザーのネットワーク(サブネット)のみ
      サブネット内のコンピュータへの通信のみが許可されます。

    • カスタムの一覧
      カスタムの一覧の入力欄に、通信を許可したいIPアドレスを入力します。
      入力されたIPアドレス以外の通信はブロックされます。

    スコープの変更

  10. 設定が終わったら、「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  11. 「プログラムの編集」が表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  12. 「Windows ファイアウォールの設定」が表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  13. 「×」ボタンをクリックし、表示されているウィンドウをすべて閉じます。

「プログラムまたはポート」の一覧にプログラムを追加する


「プログラムまたはポート」の一覧にプログラムがない場合は、プログラムを追加してから、通信を許可する、またはブロックするかを設定します。

次の手順で、プログラムを追加します。


操作手順

  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「セキュリティ」をクリックします。

    「セキュリティ」をクリック

    アドバイス
    「セキュリティ」が表示されていない場合は、「Windows ファイアウォール」をクリックします。

    「Windows ファイアウォール」をクリック

  3. 「Windows ファイアウォール」の、「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。

    「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリック

    アドバイス
    右側に「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」が表示されていない場合は、左側の「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。

    「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリック

  4. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「続行」ボタンをクリックします。

  5. 「Windows ファイアウォールの設定」が表示されます。
    「例外」タブをクリックします。

    「例外」タブをクリック

  6. 「プログラムの追加」ボタンをクリックします

    「プログラムの追加」ボタンをクリック

  7. 「プログラムの追加」が表示されます。
    「プログラム」の一覧から、例外に追加したいプログラムをクリックします。
    ここでは、例として「@フォトレタッチ」をクリックします。

    アドバイス
    「プログラム」の一覧に、目的のプログラムが表示されていない場合は、「参照」ボタンをクリックし、プログラムを指定します。

    プログラムをクリック

  8. 「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  9. 「プログラムまたはポート」の一覧に、プログラムが追加されていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  10. 「×」ボタンをクリックし、表示されているウィンドウをすべて閉じます。

「プログラムまたはポート」の一覧からプログラムを削除する


「プログラムまたはポート」の一覧からプログラムを削除する方法は、次のとおりです。


操作手順

  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「セキュリティ」をクリックします。

    「セキュリティ」をクリック

    アドバイス
    「セキュリティ」が表示されていない場合は、「Windows ファイアウォール」をクリックします。

    「Windows ファイアウォール」をクリック

  3. 「Windows ファイアウォール」の、「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。

    「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリック

    アドバイス
    右側に「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」が表示されていない場合は、左側の「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。

    「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリック

  4. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「続行」ボタンをクリックします。

  5. 「Windows ファイアウォールの設定」が表示されます。
    「例外」タブをクリックします。

    「例外」タブをクリック

  6. 「プログラムまたはポート」の一覧から、削除するプログラムをクリックします。
    ここでは、例として「@フォトレタッチ」をクリックします。

    削除するプログラムをクリック

  7. 「削除」ボタンをクリックします。

    アドバイス
    Windows がシステムで使用しているプログラムの場合は、削除できないため、「削除」ボタンがグレーで表示されてクリックできません。

    「削除」ボタンをクリック

  8. 「プログラムの削除」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    「はい」ボタンをクリック

  9. 削除したプログラムが、一覧に表示されていないことを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

    「OK」ボタンをクリック

  10. 「×」ボタンをクリックし、表示されているウィンドウをすべて閉じます。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)