このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【9409-6353】更新日:2019年5月16日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Word 2007 / Excel 2007] ファイルのプロパティから個人情報などを削除する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 7
  • WindowsVista
  • Windows XP

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

Word 2007 / Excel 2007を使用しています。
ファイルのプロパティに表示される、作成者や会社名などの情報を削除する方法を教えてください。

回答

Word 2007 / Excel 2007は、ファイルを保存すると、作成者や会社名、回覧先などの個人情報や、非表示のデータ(変更履歴、バージョン、注釈、隠し文字、隠しプロパティなど)が自動で保存されます。
ファイルのプロパティに表示される個人情報は、次のいずれかの方法で削除できます。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. 一括で削除する
  2. 個別に削除する

一括で削除する


ファイルに個人情報や表示のデータがあるかどうかを検査して、一括で削除します。
次の手順で、ファイルから個人情報を削除します。

重要
非表示のデータや個人情報を一括で削除すると、「元に戻す」をクリックしても復元できないことがあります。
あらかじめ削除するファイルを別名で保存し、バックアップを取っておいてください。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 個人情報が保存されているファイルを開きます。

  2. 画面左上のMicrosoft Office ボタンをクリックし、表示されるメニューから「Excelのオプション」ボタンまたは「Wordのオプション」ボタンをクリックします。

    Officeボタン→ExcelのオプションボタンまたはWordのオプションボタンをクリック
    (「Excelのオプション」ボタンをクリックする場合)

  3. 「Excelのオプション」または「Wordのオプション」が表示されます。
    「セキュリティ センター」をクリックします。

    セキュリティ センターをクリック

  4. 「セキュリティ センターの設定」ボタンをクリックします。

    セキュリティセンターの設定ボタンをクリック

  5. 「セキュリティセンター」が表示されます。
    「プライバシー オプション」をクリックします。

    プライバシー オプションをクリック

  6. 「ドキュメント検査」ボタンをクリックします。

    ドキュメント検査ボタンをクリック

  7. 「ドキュメント検査」が表示されます。
    「ドキュメントのプロパティと個人情報」にチェックがあることを確認します。
    チェックがない場合は、クリックしてチェックを付けます。

    ドキュメントのプロパティと個人情報にチェックがあることを確認

  8. 一覧にある「ドキュメントのプロパティと個人情報」以外の項目をすべてクリックし、チェックを外します。

    ドキュメントのプロパティと個人情報以外の項目のチェックを外す

  9. 「検査」ボタンをクリックします。

    検査ボタンをクリック

  10. 「検査結果を確認してください。」と表示されます。
    「ドキュメントのプロパティと個人情報」の「すべて削除」ボタンをクリックします。

    すべて削除ボタンをクリック

  11. 「ドキュメントのプロパティと個人情報が削除されました。」と表示されたことを確認します。

    ドキュメントのプロパティと個人情報が削除されたことを確認

  12. 「閉じる」ボタンをクリックします。

    閉じるボタンをクリック

  13. 「OK」ボタンをクリックし、「セキュリティセンター」を閉じます。

    OKボタンをクリック

  14. 「OK」ボタンをクリックし、「Excelのオプション」または「Wordのオプション」を閉じます。

    OKボタンをクリック

  15. 「×」ボタンをクリックし、ExcelまたはWordを閉じます。

  16. 「'(ファイル名)'への変更を保存しますか?と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    はいボタンをクリック
アドバイス

一括で個人情報を削除したファイルは、以降は保存するときに個人情報が自動で削除されます。

一括削除したファイルは、以降保存するときに自動で個人情報が削除されます


個別に削除する


次の手順で、個人情報を個別に削除します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 個人情報が保存されているファイルを開きます。

  2. 画面左上のMicrosoft Office ボタンをクリックし、表示されるメニューから「配布準備」にマウスポインターを合わせます。

    Officeボタンをクリックし配布準備にマウスポインターを合わせる

  3. 「プロパティ」をクリックします。

    プロパティをクリック

  4. ファイルの上部にプロパティの編集欄が表示されます。
    「ドキュメントのプロパティ」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧から「詳細プロパティ」をクリックします。

    ▼ボタンをクリックし詳細プロパティをクリック

  5. 「(ファイル名)プロパティ」が表示されます。
    「ファイルの概要」タブをクリックします。

    ファイルの概要タブをクリック

  6. 次の個人情報が表示されます。
    不要な個人情報を削除します。

    • タイトル
    • サブタイトル
    • 作成者
    • 管理者
    • 会社名
    • 分類
    • キーワード
    • コメント
    • ハイパーリンクの基点

    不要な個人情報を削除する

  7. 「OK」ボタンをクリックします。

    OKボタンをクリック

  8. 「×」ボタンをクリックし、ExcelまたはWordを閉じます。

  9. 「'(ファイル名)'への変更を保存しますか?と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    はいボタンをクリック

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

サポートコール予約を利用する

その他の便利なサービス(有料)