このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【9709-3670】更新日:2015年11月7日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Corel Digital Studio] スライドショーを作成するときにテキストやBGMなどを編集する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

スライドショーを作成するときに、テキストやBGMなどを編集する方法を教えてください。

回答

2010年夏モデル以降で、Corel Digital Studioが付属している機種向けのQ&Aです。
付属している機種は、次のQ&Aで確認できます。

Q&ACorel Digital Studioについて教えてください。

2010年夏モデル以降のCorel Digital Studioで、スライドショーを作成するときに、テキストやBGMなどを編集する方法は、次のとおりです。

アドバイス


テキストを追加する

スライドショーにテキストを追加できます。
追加したテキストは、変更したり削除したりもできます。

目的に応じた項目を確認してください。

  1. 追加する
  2. 変更する
  3. 削除する

追加する

次の手順で、テキストを追加します。


操作手順

  1. 「テキスト」タブをクリックします。

    テキストタブをクリック

  2. 画面中央のジョグバーをドラッグし、テキストを追加する位置まで移動します。
    目的の場所までマウスポインターを動かしたら、マウスのボタンから指を離します。

    ジョグバーを移動

    アドバイス
    「ドラッグ」とは、マウスのボタンを押したままマウスを動かし、マウスポインターを目的の場所に移動させる操作です。

  3. テキストの動きを表した、テキストテンプレートの一覧が表示されます。
    使用するテキストテンプレートにマウスポインターを合わせ、表示される「+」ボタンをクリックします。

    使用するテキストテンプレートの+ボタンをクリック

  4. テキストの編集画面が表示されます。
    フォントの種類、大きさ、または色などを設定します。

    フォントの種類、大きさ、色などを設定

  5. テキストを入力します。

    テキストを入力

  6. 入力したテキストが、吹き出しに表示されます。
    吹き出しの右端をドラッグし、テキストの表示を終了する位置までマウスポインターを動かします。
    目的の場所までマウスポインターを動かしたら、マウスのボタンから指を離します。

    表示終了位置までマウスポインターを移動

変更する

吹き出しをダブルクリックし、テキストを編集します。

吹き出しをダブルクリックして編集


削除する

吹き出しの右端にある「×」ボタンをクリックし、テキストを削除します。
「×」ボタンがない場合は、吹き出しをクリックして表示させます。

吹き出しの×ボタンをクリック



BGMを設定する

スライドショーに、BGMを追加したり、演奏順を変更したりできます。

目的に応じた項目を確認してください。

  1. BGMを追加する
  2. 演奏順を変更する
  3. BGMの音量や長さを調整する

BGMを追加する

次の手順で、BGMを追加します。


操作手順

  1. 「BGM」タブをクリックします。

    BGMタブをクリック

  2. 「ミュージックを参照」ボタンをクリックします。

    ミュージックを参照ボタンをクリック

  3. 画面左側の一覧から、追加するBGMが収録されているフォルダーをクリックします。

    BGMが収録されているフォルダーをクリック

  4. 画面右側にオーディオファイルの一覧が表示されます。
    BGMにするオーディオファイルをクリックし、チェックを付けます。

    BGMにするオーディオファイルをクリックしチェック

  5. 「追加」ボタンをクリックします。

    追加ボタンをクリック

  6. 編集画面に戻ります。
    画面下部のメディアトレイに、追加したBGMのサムネイルが表示されていることを確認します。

    追加したBGMのサムネイルが表示されていることを確認

    アドバイス
    スライドショーの表示時間を超えたBGMは薄く表示され、演奏されません。

演奏順を変更する

変更するオーディオのサムネイルをドラッグし、マウスポインターを変更する位置まで移動します。
目的の場所までマウスポインターを動かしたら、マウスのボタンから指を離します。

変更するBGMのサムネイルをドラッグして移動

アドバイス
「ドラッグ」とは、マウスのボタンを押したままマウスを動かし、マウスポインターを目的の場所に移動させる操作です。


BGMの音量や長さを調整する

次の手順で、BGMの音量や長さを調整します。


操作手順

  1. 画面右端の「設定」にマウスポインターを合わせます。

    設定にマウスポインターを合わせる

  2. 「設定」が表示されます。
    「サウンドをミックス」のスライドバーをドラッグし、BGMやマイクの音量のバランスを変更します。

    スライドバーを右側に動かすとビデオファイルの音量が大きくなり、左側に動かすと BGMやマイクの音量が大きくなります。

    サウンドミックスのスライドバーをドラッグして変更

    アドバイス
    「ドラッグ」とは、マウスのボタンを押したままマウスを動かし、マウスポインターを目的の場所に移動させる操作です。

  3. 「長さを次に合わせて調整する」の任意の項目をクリックします。

    • BGMをビデオの長さに
      BGMの長さを動画の長さに合わせて短くしたり、繰り返し再生したりするように調整します。

    • ビデオをBGMの長さに
      動画の長さをBGMの長さに合わせて短くしたり、繰り返し再生したりするように調整します。

    長さを次に合わせて調整する

  4. 設定が終わったら、画面の何もないところにマウスポインターを移動します。


音声を追加する

マイク端子に接続したマイクを使用して、音声(ナレーション)を録音できます。
また、撮影時の音声を消してマイクから録音した音声だけにしたり、動画の音声とマイクから録音した音声をミックスしたりできます。

重要
音声を録音するときは、マイク端子にマイクを接続してから、Corel Digital Studioを起動してください。
また、接続したマイクは、Corel Digital Studioを終了してから取り外してください。


試しに録音する

試しに録音して、音量や音声を確認します。
この録音は、編集内容には反映されません。

マイクと「●」が描かれた「クリックしてサウンドレベルをテストする」ボタンをクリックします。

クリックしてサウンドレベルをテストするボタンをクリック

録音が終わったら、右側に表示される「再生」ボタンをクリックすると、録音内容と音量を確認できます。


音声の音量を調整する

「マイク音量」のスライドバーをドラッグし、任意の音量まで移動します。
目的の場所までマウスポインターを動かしたら、マウスのボタンから指を離します。

音量を調整

アドバイス
「ドラッグ」とは、マウスのボタンを押したままマウスを動かし、マウスポインターを目的の場所に移動させる操作です。


音声を録音する

次の手順で、音声を録音します。


操作手順

  1. 「マイクから録音」タブをクリックします。

    マイクから録音タブをクリック

  2. 画面中央のジョグバーをドラッグし、録音を開始する位置まで移動します。
    目的の場所までマウスポインターを動かしたら、マウスのボタンから指を離します。

    録音を開始する位置へ移動

    アドバイス
    「ドラッグ」とは、マウスのボタンを押したままマウスを動かし、マウスポインターを目的の場所に移動させる操作です。

  3. 「記録を開始」ボタンをクリックします。

    記録を開始ボタンをクリック

  4. 3秒前からのカウントダウン画面が表示された後、録音が開始されます。
    マイクを使用して、音声を吹き込みます。

  5. 録音が終わったら、「録音を停止」ボタンをクリックします。

    録音を停止ボタンをクリック

  6. 手順2.〜手順5.を繰り返し、音声を追加します。

音声のバランスを調整する

次の手順で、音声のバランスを調整します。


操作手順

  1. 画面右端の「設定」にマウスポインターを合わせます。

    設定にマウスポインターを合わせる

  2. 「設定」が表示されます。
    「サウンドをミックス」のスライドバーをドラッグし、BGMやマイクの音量のバランスを調整します。

    スライドバーを右側に動かすとビデオファイルの音量が大きくなり、左側に動かすと BGMやマイクの音量が大きくなります。

    サウンドをミックスのスライドバーで調整

    アドバイス
    「ドラッグ」とは、マウスのボタンを押したままマウスを動かし、マウスポインターを目的の場所に移動させる操作です。

  3. 設定が終わったら、画面の何もないところにマウスポインターを移動します。


トランジション効果をかける

写真や動画が切り替わるところで、トランジジョン効果(動きや変化をつけながら切り替わる効果)をかけられます。

アドバイス

  • 「ビデオとスライドショーを作成」の画面で「スタイルなし」を選択した場合は、トランジション効果をかけられません。

  • スライドショー全体に、同じ効果をかけます。
    複数のトランジション効果は、かけられません。

  • 写真(または、動画)と写真(または、動画)の間に設定できる効果のため、1つの動画の途中にはトランジション効果をかけられません。
    1つの動画の途中にトランジション効果をかけたい場合は、その動画を分割してください。
    動画を分割する方法は、次のQ&Aをご覧ください。

    Q&A[Corel Digital Studio] 動画を編集して保存する方法を教えてください。

次の手順で、トランジション効果をかけます。


操作手順

  1. 画面右端の「設定」にマウスポインターを合わせます。

    設定にマウスポインターを合わせる

  2. 「設定」が表示されます。
    「トランジション」アイコンにマウスポインターを合わせます。

    トランジションアイコンにマウスポインターを合わせる

  3. トランジション効果の一覧が表示されます。
    任意のトランジション効果をクリックします。

    任意のトランジション効果をクリック

  4. 「トランジション」アイコンが、選択したトランジション効果になったことを確認します。

    選択した効果になったことを確認

  5. 設定が終わったら、画面の何もないところにマウスポインターを移動します。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)