このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【9909-3605】更新日:2011年9月29日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[筆ぐるめ Ver.14〜Ver.16] 住所録のバックアップや復元の方法を教えてください。

対象機種とOS (全て表示) このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 2009年冬モデルDESKPOWER、他・・・
対象OS
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Business
  • Windows XP Professional

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

筆ぐるめの住所録を、FMかんたんバックアップを使わずに、バックアップ(エクスポート)したり、復元(インポート)したりする方法を教えてください。

回答

筆ぐるめの住所録を、FMかんたんバックアップを使わずに、バックアップしたり復元したりする方法は、次のとおりです。


ご注意

  • データの保管およびバックアップ作業は、お客様の責任で行ってください。
    パソコンに保存したデータの保管について、当社では責任を負いかねます。

  • 現在の住所録と同じ名前の住所録データを復元すると、「上書き確認」の画面が表示されます。
    表示された画面で「はい」ボタンをクリックすると、現在の住所録データが消去され、バックアップしたときの状態に戻ります。
アドバイス
異なるバージョンの筆ぐるめをお使いの場合は、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A 筆ぐるめについて教えてください。 (新しいウィンドウで表示)


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 筆ぐるめを起動します。

    アドバイス
    「筆ぐるめ − ナビ」が表示された場合は、「×」ボタンをクリックします。

  2. 「おもて(宛て名)」タブが選択されていることを確認します。

    「おもて(宛て名)」タブ

    アドバイス
    「うら(レイアウト)」タブが選択されている場合は、「おもて(宛て名)へ切替」タブをクリックします。

  3. 「住所録」ボタンをクリックします。

    「住所録」ボタン

    目的に応じた手順に進みます。

次の場合に応じた項目を確認してください。

  1. バックアップする
  2. 復元する

バックアップする

次の手順で、住所録をバックアップ(エクスポート)します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. バックアップする住所録ファイルをクリックします。

    住所録を選択する

  2. 「バックアップ」→「住所録のバックアップをする」の順にクリックします。

    「バックアップ」→「住所録のバックアップをする」

  3. 「筆ぐるめ - バックアップファイルの作成(住所録の名前)」が表示されます。
    「保存する場所」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧からお好みのバックアップ先をクリックします。

    ここでは例として、「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    保存する場所の選択(筆ぐるめ Ver.14〜Ver.16)

    重要
    初期設定の状態では、住所録ファイルは「マイ ドキュメント」フォルダー、または「ドキュメント」フォルダーに保存されます。
    「マイ ドキュメント」フォルダー、または「ドキュメント」フォルダーは、リカバリを実行すると消去されるため、選択しないことをお勧めします。

  4. 「ファイル名」欄にお好みのファイル名を入力します。
    ファイル名を変更しないときは、次の手順に進みます。

    ファイル名を入力

  5. 「保存」ボタンをクリックします。

    「保存」ボタン(筆ぐるめ Ver.14〜Ver.16)

  6. 「バックアップが完了しました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「バックアップが完了しました。」ボタン

復元する

次の手順で、バックアップした住所録を復元(インポート)します。


操作手順

お使いの機種によっては、表示される画面が異なります。
  1. 「バックアップ」→「バックアップした住所録を戻す」の順にクリックします。

    「バックアップ」→「バックアップした住所録を戻す」

  2. 「筆ぐるめ - バックアップファイルの選択」が表示されます。
    「ファイルの場所」の「▼」ボタンをクリックし、表示される一覧からバックアップ(エクスポート)した住所録ファイル(*.fga形式)がある場所をクリックします。

    ここでは例として、「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    ファイルの場所の選択(筆ぐるめ Ver.14〜Ver.16)

  3. バックアップ(エクスポート)した住所録ファイル(*.fga形式)をクリックします。

    住所録ファイル(筆ぐるめ Ver.14〜Ver.16)

  4. 「開く」ボタンをクリックします。

    「開く」ボタン(筆ぐるめ Ver.14〜Ver.16)

    アドバイス
    • 住所録ファイルをクリックしただけで、「筆ぐるめ - 上書き確認」が表示された場合は、次の手順に進みます。

    • 住所録ファイルをクリックしただけで、「リストアが正常終了しました。」と表示された場合は、手順6.へ進みます。

  5. 「筆ぐるめ - 上書き確認」が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    「上書き確認」

  6. 「リストアが正常終了しました。」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「リストアが正常終了しました」

  7. 復元(インポート)した住所録が表示されていることを確認します。

ご

筆ぐるめの操作については、筆ぐるめのマニュアルのほか、オンラインマニュアルの『画面で見るマニュアル』や『FMV画面で見るマニュアル』などでもご案内しています。
詳細な操作については、次のQ&Aをご覧ください。

Q&A[筆ぐるめ] 筆ぐるめの詳細な操作手順や、マニュアルについて教えてください。(新しいウィンドウで表示)



アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)