このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【1008-2093】更新日:2017年5月12日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Windows Vista] ルーターを使用しない環境でインターネットに接続していると、パソコンが起動しない場合があります。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Business

このQ&Aのお役立ち度

回答なし

回答なし

集計結果は翌日反映されます。

質問

次の環境で使用しているとパソコンが起動しない場合があります。対処方法を教えてください。

【使用環境】
・OSがWindows Vistaである

・ルーター、またはルーター機能を内蔵したモデムを使用しないでインターネットに接続している
(ブロードバンド接続(PPPoE)、またはダイヤルアップ接続)

回答

Windows Vistaのパソコンが起動できない場合があるときは、セーフモードとネットワークで起動して不要なネットワークアダプタを削除すれば改善する可能性があります。



手順1Windowsをセーフモードとネットワークで起動する

次の手順で、Windowsをセーフモードとネットワークで起動します。


ご注意 

Windowsをセーフモードとネットワークでで起動しているときは、Norton Internet Securityやウイルスバスターなどのセキュリティ対策ソフトは動作していません。
そのため、ウイルスに感染する可能性や、不正なアクセスを受ける可能性があります。

アドバイス
FMV-BIBLO LOOX Uシリーズをお使いの場合、次のキーは【Fn】キーを押しながら操作してください。
  • 【F8】キー
  • 【↑】【↓】キー(2007年夏モデル〜2007年秋冬モデルに限る)

操作手順
  1. パソコンの電源を切ります。

  2. すぐに押せるように、キーボードの【F8】キーの位置を確認します。

  3. パソコンの電源を入れます。

  4. 富士通のロゴ画面が表示されます。
    富士通のロゴ画面の左下に文字が表示されたら、【F8】キーをトントントンと断続的に押します。

    富士通ロゴ画面

    アドバイス
    画面が切り替わったら、キーボードから指を離します。

  5. 「詳細ブートオプション」と表示されます。

    キーボードの【↑】キーや【↓】キーを押し、「セーフ モードとネットワーク」を選択します。

  6. 【Enter】キーを押します。

  7. セーフ モードでWindowsが起動するまで、しばらく待ちます。

    アドバイス
    ユーザーアカウントが複数ある場合は、ユーザーアカウントの選択画面が表示されます。
    その場合は、使用するユーザーアカウントをクリックしてください。
    また、ユーザーアカウントにパスワードを設定している場合は、パスワードを入力してください。


手順2不要なネットワークアダプタが作成されていないかどうかを確認する

次の手順で、デバイスマネージャに「6TO4」、または「isatap」のいずれかの文字列を含むアダプタが作成されていないかどうかを確認します。

アドバイス
すでに確認している場合は、「デバイスマネージャから6TO4アダプタ、およびisatapアダプタを削除する」へ進みます。


操作手順
  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「システム」をクリックします。

    コントロールパネル - システム

  3. 「システム」が表示されます。
    画面左側の「デバイスマネージャ」をクリックします。

    システム - デバイスマネージャ

    アドバイス
    • 「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「OK」ボタンをクリックします。

    • 現在ログインしているユーザーアカウントにパスワードを設定している場合は、パスワードを入力してから「OK」ボタンをクリックします。

  4. 「デバイスマネージャ」が表示されます。
    「表示」メニューをクリックし、表示される一覧から「非表示のデバイスの表示」をクリックしてチェックを付けます。

    デバイスマネージャ - 表示メニュー→非表示のデバイスの表示

  5. 「ネットワークアダプタ」の左にある「+」をクリックします。

    ネットワークアダプタの左にある「+」

  6. ネットワークアダプタの一覧に、「6TO4」、または「isatap」のいずれかの文字列を含むアダプタが表示されているかどうかを確認します。

    6TO4アダプタ、またはisatapアダプタ
    (「6TO4」を含む文字列のアダプタが表示されている場合)



手順3デバイスマネージャから6TO4アダプタ、およびisatapアダプタを削除する

次の手順で、デバイスマネージャから6TO4アダプタ、およびisatapアダプタを削除します。

アドバイス
通常は、デバイスマネージャを使って「6TOAアダプタ」、および「isatapアダプタ」を削除する手順を行ってください。
デバイスマネージャで表示されたアダプタの数が大量にある場合に限り、ツールを使ってアダプタを削除します。

 

デバイスマネージャを使ってアダプタを削除する

次の手順で、デバイスマネージャを使って「6TO4アダプタ」、および「isatap」アダプタを削除します。


操作手順

  1. ネットワークアダプタの一覧の、「6TO4」、または「isatap」から始まる文字列の項目を右クリックし、 表示されるメニューから「削除」をクリックします。

    重要
    「6TO4」、または「isatap」から始まる文字列の項目だけを削除してください。
    それ以外の項目を誤って削除しないように、ご注意ください。

    「6TO4」、または「isatap」を右クリック→削除

  2. 「デバイスのアンインストールの確認」が表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    デバイスのアンインストールの確認 - OK

  3. 手順1.〜手順2.を繰り返して、「6TO4」、または「isatap」から始まる文字列の項目をすべて削除します。

  4. 「スタート」ボタン→「右向き三角形」ボタン→「再起動」の順にクリックします。

  5. パソコンが再起動するかどうかを確認します。


ツールを使ってアダプタを削除する

次の手順で、ツールを使って「6TO4アダプタ」、および「isatap」アダプタを削除します。

マイクロソフト社 サポート技術情報
[文書番号:311272]デバイスマネージャとして機能する DevCon コマンド ライン ユーティリティ
http://support.microsoft.com/default.aspx/kb/311272/ja


操作手順

  1. 上の「マイクロソフト社 サポート情報」のリンクをクリックし、「デバイスマネージャとして機能する DevCon コマンド ライン ユーティリティ」を表示させます。

  2. ページをスクロールし、「DevCon パッケージ」をクリックします。

  3. 「このファイルを実行または保存しますか?」と表示されます。
    「保存」ボタンをクリックします。

    このファイルを実行または保存しますか?

  4. 「名前を付けて保存」が表示されます。
    「お気に入りリンク」欄の「デスクトップ」をクリックします。

    「お気に入りリンク」欄の「デスクトップ」をクリック

  5. 「保存」ボタンをクリックします。

    「保存」ボタンをクリック

  6. ダウンロードが始まります。
    完了するまで、そのまましばらく待ちます。

  7. 「ダウンロードの完了」が表示されます。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    「閉じる」ボタンをクリック

    アドバイス
    「ダウンロードの完了」と表示されない場合は、次の手順へ進みます。

  8. 「×」ボタンをクリックし、マイクロソフト社のサポート技術情報を閉じます。

  9. デスクトップにダウンロードして保存した、「devcon」(または「devcon.exe」)アイコンをクリックします。

    「devcon」(または「devcon.exe」)アイコン

  10. 「このファイルを実行しますか?」と表示されます。
    「実行」ボタンをクリックします。

    「実行」ボタンをクリック

  11. 「WinZip Self-Extractor [devcon.exe]」が表示されます。
    「Unzip To Folder : 」の下にあるテキストボックスの中をクリックし、キーボードで次のとおり入力します。

    d:¥devcon¥

    「WinZip Self-Extractor [devcon.exe]」

    アドバイス
    画面では、半角の「¥」が半角の「\」(バックスラッシュ)で表示されます。

  12. 入力できたら、「Unzip」ボタンをクリックします。

    「WinZip Self-Extractor [devcon.exe]」

  13. 「3 file(s) unzipped successfully」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    「3 file(s) unzipped successfully」

  14. 「×」ボタンをクリックし、「WinZip Self-Extractor [devcon.exe]」を閉じます。

  15. 「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」の順にクリックします。

  16. 「コマンド プロンプト」を右クリックし、表示されるメニューから「管理者として実行」をクリックします。

    メニューから「管理者として実行」をクリック

  17. 「ユーザー アカウント制御」が表示されます。
    「続行」ボタンをクリックします。

  18. 「管理者 : コマンド プロンプト」が表示されます。
    「C:¥User¥(ユーザー名)>」の右側にキーボードで次のとおり入力します。

    cd /d d:¥devcon¥i386

    cd /d d:devconi386

    アドバイス
    「cd」と「/d」の間、「/d」と「d:¥devcon¥i386」の間には半角で【空白(スペース)】キーを一回押します。

  19. 入力できたら、【Enter】キーを押します。

  20. 「d:¥devcon¥i386>」の右側にキーボードで次のとおり入力します。

    devcon remove *isatap

    devcon remove *isatap

    アドバイス
    「devcon」と「remove」の間、 「remove」と「*ISATAP」の間には半角で【空白(スペース)】キーを一回押します。

  21. 入力できたら、【Enter】キーを押します。

  22. 「d:¥devcon¥i386>」の右側にキーボードで次のとおり入力します。

    devcon remove *6to4mp

    devcon remove *6to4mp

    アドバイス
    「devcon」と「remove」の間、 「remove」と「*6to4mp」の間には半角で【空白(スペース)】キーを一回押します。

  23. 入力できたら、【Enter】キーを押します。

  24. 「d:¥devcon¥i386>」の右側にキーボードで次のとおり入力します。

    exit

    exit

  25. 入力できたら、【Enter】キーを押します。

  26. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  27. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「システム」をクリックします。

    コントロールパネル - システム

  28. 「システム」が表示されます。
    画面左側の「デバイスマネージャ」をクリックします。

    システム - デバイスマネージャ

    アドバイス
    • 「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「OK」ボタンをクリックします。

    • 現在ログインしているユーザーアカウントにパスワードを設定している場合は、パスワードを入力してから「OK」ボタンをクリックします。

  29. 「デバイスマネージャ」が表示されます。
    「表示」メニューをクリックし、表示される一覧から「非表示のデバイスの表示」をクリックしてチェックを付けます。

    デバイスマネージャ - 表示メニュー→非表示のデバイスの表示

  30. 「ネットワークアダプタ」の左にある「+」をクリックします。

    ネットワークアダプタの左にある「+」

  31. ネットワークアダプタの一覧に、「6TO4」、または「isatap」のいずれかの文字列を含むアダプタが表示されないことを確認します。

    アドバイス
    「6TO4」、または「isatap」のいずれかの文字列を含むアダプタが表示されている場合は、手順1.に戻り作業をやり直します。

  32. 「スタート」ボタン→「右向き三角形」ボタン→「再起動」の順にクリックします。

  33. パソコンが再起動するかどうかを確認します。

  34. 「コンピュータ」をクリックします。

    「コンピュータ」をクリック

  35. 「ローカルディスク(D:)」をクリックします。

    「ローカルディスク(D:)」をクリック

  36. 「devcon」フォルダを右クリックし、表示されるメニューから「削除」をクリックします。

    右クリックし、表示されるメニューから「削除」をクリック

  37. 「このフォルダをごみ箱に移動しますか?」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    このフォルダをごみ箱に移動しますか?」

  38. 「×」ボタンをクリックし、「ローカルディスク(D:)」を閉じます。

  39. 「devcon」(または「devcon.exe」)アイコンを右クリックし、表示されるメニューから「削除」をクリックします。

    右クリックし、表示されるメニューから「削除」をクリック

  40. 「このファイルをごみ箱に移動しますか?」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    このファイルをごみ箱に移動しますか?


手順4TCP/IPv6を有効にする


次の手順で、TCP/IPv6を有効にします。


操作手順

  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」の順にクリックします。

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「ネットワークとインターネット」をクリックします。

    コントロールパネル - ネットワークとインターネット

    アドバイス
    「ネットワークとインターネット」が表示されていない場合は、「ネットワークと共有センター」アイコンをクリックし、手順4.へ進みます。

    「ネットワークと共有センター」アイコン

  3. 「ネットワークと共有センター」をクリックします。

    ネットワークとインターネット - ネットワークと共有センター

  4. 画面左側の「ネットワーク接続の管理」をクリックします。

    ネットワークと共有センター - ネットワーク接続の管理

  5. 「ネットワーク接続」が表示されます。
    「ローカルエリア接続」を右クリックし、表示されるメニューから、「プロパティ」をクリックします。

    ネットーワーク接続 - 右クリック→プロパティ

  6. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「続行」ボタンをクリックします。

  7. 「ローカルエリア接続のプロパティ」が表示されます。
    「ネットワーク」タブをクリックします。

    ローカルエリア接続のプロパティ - ネットワークタブ

  8. 「この接続は次の項目を使用します」欄の、「インターネット プロトコル バージョン 6(TCP/IPv6)」のチェックが付いているか確認します。

    、「インターネット プロトコル バージョン 6(TCP/IPv6)」のチェックを付ける

    • チェックが付いている場合
      次の手順へ進みます。

    • チェックが付いていない場合
      「インターネット プロトコル バージョン 6(TCP/IPv6)」をクリックし、チェックを付けます。

  9. 「OK」ボタンをクリックし、「ローカルエリア接続のプロパティ」を閉じます。

    OK

  10. 「ネットワーク接続」に、次の接続先が表示されている場合は、手順5.〜手順9.と同様の手順で、全ての接続先のTCP/IPv6を有効に戻します。

    • ワイヤレスネットワーク接続
    • ダイヤルアップ接続のアイコン
    • ブロードバンド接続(PPPoE)のアイコン

  11. 「×」ボタンをクリックし、「ネットワーク接続」を閉じます。

  12. 「×」ボタンをクリックし、「ネットワークと共有センター」を閉じます。


手順5IPv6設定変更ツールを入手する


次の手順で、AzbyClubのダウンロードページから、IPv6設定変更ツールをダウンロードします。

ダウンロードIPv6設定変更ツールについてのご案内


操作手順

  1. 上の「ダウンロード」のリンクをクリックし、「IPv6設定変更ツールについてのご案内」を表示させます。

  2. ページをスクロールして、「ダウンロードファイル」の「IPv6設定変更ツール [CmpIPv6CHGOV.exe、145KB ( 148,929 bytes ) ] 」をクリックします。

    IPv6設定変更ツール [CmpIPv6CHGOV.exe、145KB ( 148,929 bytes ) ]

  3. 「このファイルを実行または保存しますか?」と表示されます。
    「保存」ボタンをクリックします。

    このファイルを実行または保存しますか?

  4. 「名前を付けて保存」が表示されます。
    「フォルダの参照」をクリックします。

    名前を付けて保存 - フォルダの参照

    アドバイス
    すでにフォルダが表示されている場合は、次の手順へ進みます。

  5. 「お気に入りリンク」欄の、「デスクトップ」をクリックします。

    お気に入りリンク - デスクトップ

  6. 「保存」ボタンをクリックします。

    保存ボタン

  7. ダウンロードが開始されます。
    完了するまで、そのまま待ちます。

  8. 「ダウンロードの完了」が表示されます。
    「閉じる」ボタンをクリックします。

    ダウンロードの完了 - 閉じる

  9. デスクトップに、「CmpIPv6CHGOV」(または「CmpIPv6CHGOV.exe」)アイコンが表示されていることを確認します。

    「CmpIPv6CHGOV」(または「CmpIPv6CHGOV.exe」)アイコン

  10. 「×」ボタンをクリックし、「IPv6設定変更ツールについてのご案内」を閉じます。


手順6IPv6設定変更ツールを実行する


次の手順で、IPv6設定変更ツール実行します。


操作手順

  1. 作業中のアプリケーションを、すべて終了します。
    作成中のファイルがある場合は、ファイルを保存します。

  2. デスクトップの、「IPv6CHGOV」フォルダをクリックします。

    「IPv6CHGOV」フォルダ

  3. 「IPv6CHGOV」(または「IPv6CHGOV.exe」)をクリックします。

    「IPv6CHGOV」(または「IPv6CHGOV.exe」)

  4. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「続行」ボタンをクリックします。

  5. 「IPv6設定変更ツール」が表示されます。
    「IPv6 の設定を有効にする」および「IPv6 の設定を無効にする」のどちらが選択されているか確認します。

    IPv6設定変更ツール

    • 「IPv6 の設定を有効にする」が選択されている場合

      「実行」ボタンをクリックします。

      IPv6設定変更ツール - 実行

      次の手順へ進みます。

    • 「IPv6 の設定を無効にする」が選択されている場合

      「×」ボタンをクリックし、「IPv6 の設定を無効にする」を閉じて、手順12.へ進みます。

  6. 「IPv6の設定を変更しました」と表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

    IPv6の設定を変更しました - OK

    パソコンが再起動します。

  7. デスクトップの「IPv6CHGOV」フォルダをクリックします。

    「IPv6CHGOV」フォルダ

  8. 「IPv6CHGOV」(または「IPv6CHGOV.exe」)をクリックします。

    「IPv6CHGOV」(または「IPv6CHGOV.exe」)

  9. 「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
    「続行」ボタンをクリックします。

  10. 「IPv6設定変更ツール」が表示されます。
    「IPv6の設定を無効にする」が選択されていることを確認します。

    IPv6設定変更ツール - IPv6の設定を無効にする

  11. 「×」ボタンをクリックし、「IPv6設定変更ツール」を閉じます。

  12. 「×」ボタンをクリックし、「IPv6CHGOV」フォルダを閉じます。

手順7IPv6設定変更ツールを削除する

IPv6設定変更ツールの作業が完了したら、AzbyClubからダウンロードしたファイルや作成したフォルダは、削除して結構です。

次の手順で、ダウンロードしたファイルと作成したフォルダを削除します。


操作手順

  1. 「CmpIPv6CHGOV」(または「CmpIPv6CHGOV.exe」)アイコンを右クリックし、表示されるメニューから「削除」をクリックします。

    ファイルを右クリック→削除

  2. 「このファイルをごみ箱に移動しますか?」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    このファイルをごみ箱に移動しますか? - はい

  3. 「IPv6CHGOV」フォルダを右クリックし、表示されるメニューから「削除」をクリックします。

    フォルダを右クリック→削除

  4. 「このフォルダをごみ箱に移動しますか?」と表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。

    このフォルダをごみ箱に移動しますか? - はい

  5. デスクトップ上に、ダウンロードしたファイルと作成したフォルダが表示されていないことを確認します。


手順8修正プログラムを適用する

マイクロソフト社のホームページで公開しているアダプタが大量に増加する現象の修正プログラムをダウンロードし、インストールします。

修正プログラムのダウンロードとインストールは、次のマイクロソフト技術情報をご覧ください。

マイクロソフト社 サポート技術情報
[文書番号:960670]Windows Vista または Windows Server 2008を実行しているコンピュータでネットワーク接続が復元された場合、IPv6ネットワークアダプタが再インストールします。
http://support.microsoft.com/default.aspx/kb/960670/ja

アドバイス
本修正ファイルは、マイクロソフト社の完全なテストが実施されていません。
ただし、富士通で動作確認を行い問題がないことを確認しています。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)