このページの本文へ移動

Q&Aナンバー【4211-2288】更新日:2019年7月15日

印刷する

このページをブックマークする(ログイン中のみ利用可)

[Word 2019] 「はがき宛名面印刷ウィザード」を使用して、はがきの宛名面を作成する方法を教えてください。

対象機種とOS このパソコンのOSは Windows以外のOS です。
対象機種 すべて
対象OS
  • Windows 10

このQ&Aのお役立ち度

集計結果は翌日反映されます。

質問

「はがき宛名面印刷ウィザード」を使用して、はがきの宛名面を作成する方法を教えてください。

回答

「はがき宛名面印刷ウィザード」に従って順番に操作すると、はがきの宛名面を簡単に作成できます。



重要

「はがき宛名面印刷ウィザード」を使用するには、デスクトップアプリ版のOfficeをインストールする必要があります。
Windows ユニバーサルアプリ版をお使いの場合は、デスクトップアプリ版をインストールしてから、はがきを作成してください。




次の手順で、はがきの宛名面を作成します。


操作手順

お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。

  1. 「スタート」ボタン「スタート」ボタンをクリックし、すべてのアプリの一覧から「Word」をクリックします。

  2. Word 2019が起動します。
    「白紙の文書」をクリックします。

    「白紙の文書」をクリック

  3. 「差し込み文書」タブの「はがき印刷」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「宛名面の作成」をクリックします。

    「差し込み文書」タブ→「はがき印刷」ボタン→「宛名面の作成」

    アドバイス

    「差し込み文書」タブに「はがき印刷」ボタンが表示されていない場合は、「作成」ボタンをクリックし、表示されるメニューから「はがき印刷」→「宛名面の作成」の順にクリックします。

    「はがき印刷」ボタンが表示されていない場合


  4. 「はがき宛名面印刷ウィザード」が表示されます。
    「次へ」ボタンをクリックします。

    はがき宛名面印刷ウィザード

  5. 「はがきの種類を選択してください」と表示されます。
    使用するはがきの種類をクリックします。

    ここでは例として、「年賀 / 暑中見舞い」をクリックします。

    使用するはがきの種類をクリック

  6. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  7. 「はがきの様式を指定してください」と表示されます。
    任意で、「縦書き」または「横書き」をクリックします。

    「縦書き」または「横書き」をクリック

    アドバイス

    差出人の郵便番号を住所の上に印刷したい場合は、「差出人の郵便番号を住所の上に印刷する」をクリックし、チェックを付けます。


  8. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  9. 「宛名 / 差出人のフォントを指定してください」と表示されます。
    「フォント」の「下向き矢印」ボタンをクリックし、表示される一覧から、宛名および差出人の印刷に使用したいフォント(字体)をクリックします。

    使用したいフォントをクリック

    アドバイス

    手順7.で縦書きを選択した場合で、宛名(または差出人)の住所内の数字を漢数字に変換したいときは、「縦書き時の番地の書式を指定してください」から任意の項目をクリックし、チェックを付けます。

    縦書き時の番地の書式を指定してください


  10. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  11. 「差出人情報を入力してください」と表示されます。
    「差出人を印刷する」にチェックがあることを確認します。

    チェックがない場合は、「差出人を印刷する」をクリックし、チェックを付けます。

    「差出人情報を入力してください」

    アドバイス

    はがきの宛名面に差出人を印刷したくない場合は、「差出人を印刷する」のチェックを外します。


  12. 差出人情報(氏名、郵便番号、住所、電話など)を入力します。

    差出人情報を入力

  13. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  14. 「宛名に差し込む住所録を指定してください」と表示されます。
    次のいずれかの項目をクリックします。

    • 標準の住所録ファイル
      新しくこれから住所録を作成する、または、以前に、はがき宛名面印刷ウィザードで住所録を作成している場合に選択します。

    • 既存の住所録ファイル
      Microsoft Excelなどで作成した住所録を使用する場合に、選択します。

    • 使用しない
      住所録を使用しない場合に選択します。

    ここでは例として、「使用しない」をクリックします。

    「宛名に差し込む住所録を指定してください」

  15. 「宛名の敬称を指定してください」にある「宛名の敬称」の「下向き矢印」ボタンをクリックし、表示される一覧から、任意の敬称をクリックします。

    任意の敬称をクリック

    アドバイス

    住所録を使う場合で、住所録で指定している敬称を使用したいときは、「住所録で敬称が指定されているときは住所録に従う」をクリックし、チェックを付けます。

    住所録で指定している敬称を使用したいとき


  16. 「次へ」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリック

  17. 「設定は終了しました。」と表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。

    設定は終了しました

  18. 作成したはがきの宛名面が表示されます。
    差出人情報が入力されていることを確認し、宛名情報(郵便番号、住所、氏名)を入力します。

    作成したはがきの宛名面が表示

ご参考

  • 作成した文面は、Word形式のファイルとして保存できます。

  • 作成した文面をはがきに印刷したい場合は、事前に、プリンターの用紙設定を「はがき」に変更します。

アンケートにご協力ください。(Q&A改善の参考とさせていただきます。)

問題は解決しましたか?
ご意見など(400文字まで)

【注意】アンケートに対する回答は行っていませんので、あらかじめご了承ください。
質問など回答が必要な場合は、下記のTwitterかメールサポートをご利用ください。

このQ&Aについて質問があるかたはTwitterまで Twitter窓口についての詳細はこちら

Q&Aで問題が解決しないときは、下記の方法もお試しください。

その他の便利なサービス(有料)