このページの本文へ移動

Bluetoothワイヤレステクノロジーご利用ガイド

Bluetoothワイヤレステクノロジーとは、ヘッドセットやワイヤレスキーボード、携帯電話などの周辺機器や他のBluetoothワイヤレステクノロジー搭載のコンピューターなどに、ケーブルを使わず電波で接続できる技術です。

Bluetooth®は、Bluetooth SIGの商標であり、富士通へライセンスされています。
本文中、Bluetooth®をBluetoothと表記しています。

Bluetoothをお使いになる前に

Bluetoothワイヤレステクノロジーをお使いになるうえでのご注意

ここでは、Bluetoothワイヤレステクノロジーをお使いになるうえで注意していただきたいことについて説明します。

キーボード/マウスについて

次の場合は、Bluetoothワイヤレステクノロジーで、キーボード/マウスを接続することができません。

  • BIOSセットアップ
  • 起動メニュー
  • トラブル解決ナビ

これらの操作には、USBキーボード、USBマウスを用意してください。

セキュリティ

お客様の権利(プライバシー保護)に関する重要な事項です。

Bluetoothワイヤレステクノロジーでは、電波を利用して周辺機器や他のコンピューターとの間で情報のやりとりを行うため、電波の届く範囲であれば自由に接続が可能であるという利点があります。

その反面、電波はある範囲内であれば障害物(壁など)を越えてすべての場所に届くため、セキュリティに関する設定を行っていない場合、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • 通信内容を盗み見られる
    悪意ある第三者が、電波を故意に傍受し、IDやパスワード、その他の個人情報などの通信内容を盗み見る可能性があります。
  • 不正に使用される
    悪意ある第三者が、無断で個人や会社内の周辺機器やコンピューターへアクセスし、次の行為をする可能性があります。
    • 個人情報や機密情報を取り出す(情報漏えい)
    • 特定の人物になりすまして通信し、不正な情報を流す(なりすまし)
    • 傍受した通信内容を書き換えて発信する(改ざん)
    • コンピューターウイルスなどを流しデータやシステムを破壊する(破壊)

本コンピューターおよび一部の周辺機器や他のコンピューターに搭載されているBluetoothワイヤレステクノロジーは、これらの問題に対応するためのセキュリティのしくみをもっています。

セキュリティ対策を施さず、あるいは、Bluetoothワイヤレステクノロジーの仕様上やむを得ない事情によりセキュリティの問題が発生した場合、当社は、これによって生じた損害に対する責任を負いかねます。

通信

  • コンピューター本体と通信相手の機器との推奨する最大通信距離は、見通し半径10m以内です。
    ただし、Bluetoothワイヤレステクノロジーの特性上、ご利用になる建物の構造・材質、障害物、ソフトウェア、設置状況、電波状況などの使用環境により通信距離は異なります。また、通信速度の低下や通信不能となる場合もありますのであらかじめご了承ください。
  • 本コンピューターのBluetoothワイヤレステクノロジー用アンテナは、コンピューター本体に内蔵されています。本コンピューターの使用中、特にBluetoothワイヤレステクノロジーの通信中はアンテナ部分に極力触れないでください。通信性能が低下する場合があります。Bluetoothワイヤレステクノロジー用アンテナの場所については、『製品ガイド』の「各部名称」をご覧ください。
    また、本コンピューターを設置する場合には、周囲が金属などの導体(電気を通しやすいもの)でできている場所を避けてください。通信性能が低下し、設置環境によっては通信できなくなることがあります。
  • コンピューター本体は、他の電気機器から離して設置してください。コンピューター本体と電源が入った電気機器を近づけていると、正常に通信できなかったり、電気機器の障害になったりすることがあります。正常に通信できない場合は、使用場所を変更してください。特に、電子レンジなどの強い高周波エネルギーを出す機器の使用時は、影響を受けやすく、正常に通信できないことがあります。
  • 放送局や無線機などが近く、正常に通信できないときは、コンピューター本体の設置場所を変えてみてください。周囲の電波が強すぎると、正常に通信できないことがあります。
  • BluetoothワイヤレステクノロジーはIEEE 802.11b、IEEE 802.11gやIEEE 802.11nの2.4GHz帯規格の無線LANと同じ周波数帯の電波を使用します。そのため、ご使用の状態によっては無線LANとBluetoothワイヤレステクノロジーの電波が干渉し、他のコンピューターなどとの通信速度が低下したり、Bluetoothワイヤレステクノロジーで接続したワイヤレスヘッドホンなどの音質が悪くなったりする場合があります。
  • 無線LAN機器との電波干渉を防ぐには、次の対策を行うと、電波の干渉を防ぐことができる場合があります。無線LANについては『無線LANご利用ガイド』をご覧ください。
    • 無線LAN機器とコンピューター本体との間を10m以上離して使用する。
    • 無線LAN機器の電源を切る。
    • 無線LAN機器の電波を、ユーティリティを使って停止する。
    • 無線LANの5GHz帯を利用する(ただし電波法の定めにより、W52/W53 のチャンネルは屋外でご利用になれません)。
  • 本コンピューターにUSBアダプタ型などの他のBluetoothワイヤレステクノロジー機器を取り付けて、同時に使用しないでください。

電波放射の環境への影響

  • 本コンピューターは、他の高周波デバイス同様に、高周波エネルギーを放出していますが、本コンピューターが放出するエネルギーのレベルは、例えば携帯電話のような無線デバイスが放出する電磁エネルギーよりはるかに低く抑えられています。
  • 本コンピューターは、高周波安全基準および勧告のガイドライン内で動作するため、本コンピューターの使用者に対し、安全性を確信しています。本基準および勧告は、科学界の統一見解を反映しており、研究班の審議および広範な研究文献を継続的に調査し解釈する科学者たちの委員会を根本としています。
  • ある状況や環境において、本コンピューターの使用は、建物の所有者や団体の責任ある代表者により制限されることがあります。例えば、下記にあげる場合です。
    • 他のデバイスやサービスに対し干渉の危険がある環境での使用
  • 特定の団体や環境(例えば空港)で無線デバイスの使用に適用される方針が明確にわからない場合は、機器の電源を入れる前に本コンピューターの使用許可について問い合わせをしてください。

電波放射の人体への影響

  • 本コンピューターから放射される出力パワーは、例えば携帯電話が放射する電波のレベルよりはるかに低くなっています。それでも、本コンピューターは、通常の動作中に人間の接触に対し電位が最小限にとどめられるように使用されなくてはなりません。使用中は本コンピューターのアンテナ部分に極力触れないでください。

干渉に関する注意事項

  • このマニュアルに従わずに設定したり使用したりすると、無線通信に有害な干渉を生じることがあります。
  • 本コンピューターがラジオ、テレビの受信機に有害な干渉を与える原因となっている場合は(本コンピューターの電源をオン/オフすることで原因となっているかが判別できます)、次の方法で干渉を取り除くようにしてください。
    • 本コンピューターと受信機の距離を離す
    • 受信機を接続しているコンセントと別系統回路のコンセントに本コンピューターを接続する
    • 経験のあるラジオ/テレビ技術者に相談する
  • 本コンピューターの不正な改造は行わないでください。不正な改造により発生した、ラジオやテレビへの干渉についての責任を負いません。

Bluetoothワイヤレステクノロジーについて

Bluetoothワイヤレステクノロジーの特徴

本コンピューターに搭載されているBluetoothワイヤレステクノロジーの主な特徴は、次のとおりです。

POINT

お使いの機種がどちらに対応しているかは、『製品ガイド』の「仕様一覧」をご覧ください。

プロファイルについて
Bluetoothワイヤレステクノロジーには「プロファイル」という仕様があり、同じプロファイルをもつBluetoothワイヤレステクノロジー機器どうしを接続し、そのプロファイルの機能を使用することができます。

Bluetooth v5.0準拠の場合

  • Bluetooth v5.0 に準拠しています。Bluetooth v5.0およびそれ以前の規格に準拠した機器と接続が可能です。
  • 最大通信速度は 2.1Mbps(Bluetooth v5.0の理論上の最大値)です。ただし、実際の通信速度はお使いの環境により異なります。
  • サポートしているプロファイルは次のとおりです。
    Windows 10 HID、HCRP、DUN、SPP、OPP、PAN、A2DP、AVRCP、HFP、HOGP

Bluetooth v4.2準拠の場合

  • Bluetooth v4.2 に準拠しています。Bluetooth v4.1およびそれ以前の規格に準拠した機器と接続が可能です。
  • 最大通信速度は 2.1Mbps(Bluetooth v4.2の理論上の最大値)です。ただし、実際の通信速度はお使いの環境により異なります。
  • サポートしているプロファイルは次のとおりです。
    Windows 10 HID、HCRP、DUN、SPP、OPP、PAN、A2DP、AVRCP、HFP、HOGP

Bluetooth v4.1準拠の場合

  • Bluetooth v4.1 に準拠しています。Bluetooth v4.1およびそれ以前の規格に準拠した機器と接続が可能です。
  • 最大通信速度は 2.1Mbps(Bluetooth v4.1の理論上の最大値)です。ただし、実際の通信速度はお使いの環境により異なります。
  • サポートしているプロファイルは次のとおりです。
    Windows 10 HID、HCRP、DUN、SPP、OPP、PAN、A2DP、AVRCP、HFP、HOGP

Bluetooth v4.0+HS準拠の場合

  • Bluetooth v4.0+HS に準拠しています。Bluetooth v4.0+HS およびそれ以前の規格に準拠した機器と接続が可能です。
  • 最大通信速度は 24Mbps(Bluetooth v4.0 + HSの理論上の最大値)です。ただし、実際の通信速度はお使いの環境により異なります。
  • サポートしているプロファイルは次のとおりです。
    Windows 10 Windows 10では Bluetooth HS (High Speed) はサポートしていません。
    ※ Bluetooth v4.0+HS準拠の場合、Windows 10ではBluetooth v4.0として動作します。
    ※ Windows 8.1 や Windows 7 から Windows 10 にアップグレードした場合は、Bluetooth v4.0準拠の場合をご覧ください。
    Windows 8.1 HID、HCRP、DUN、SPP、OPP、PAN、A2DP、AVRCP、HSP、HFP、FTP、BIP、HOGP
    Windows 7 HID、HCRP、DUN、SPP、OPP、PAN、A2DP、AVRCP、HSP、HFP、FTP、BIP

Bluetooth v4.0準拠の場合

  • Bluetooth v4.0 に準拠しています。Bluetooth v4.0 およびそれ以前の規格に準拠した機器と接続が可能です。
  • 最大通信速度は 2.1Mbps(Bluetooth v4.0 の理論上の最大値)です。ただし、実際の通信速度はお使いの環境により異なります。
  • サポートしているプロファイルは次のとおりです。
    Windows 10 /Windows 8.1 HID、HCRP、DUN、SPP、OPP、PAN、A2DP、AVRCP、HFP、HOGP
    Windows 7 HID、HCRP、DUN、SPP、OPP、PAN、A2DP、AVRCP、HFP

Bluetoothワイヤレステクノロジーを使用する

Bluetoothワイヤレステクノロジーを使用する方法です。
また、お使いになるBluetoothワイヤレステクノロジー機器のマニュアルもあわせてご覧ください。

重要

航空機内や医療機関など、無線通信機能の使用が制限されている場所においては、その場所の指示に従ってください。無線機器からの電波により、誤動作による事故の原因となる場合があります。

Windows 10の場合

コンピューターとBluetoothワイヤレステクノロジー対応機器との接続は、「Bluetoothとその他のデバイス」で行います。

  1. 「スタート」メニューを表示します。
  2. 「設定」→「デバイス」→「Bluetoothとその他のデバイス」の順にクリックします。
  3. 「Bluetoothとその他のデバイス」画面で、「Bluetooth」のBluetooth オフ(オフ)をクリックし、Bluetooth オン(オン)にします。
  4. 「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」の左の「+」をクリックします。
  5. 「デバイスを追加する」が表示されたら、「Bluetooth」をクリックします。
  6. 接続可能なデバイスが表示されますので、接続したいデバイスを選んでペアリングします。

Windows 8.1の場合

コンピューターとBluetoothワイヤレステクノロジー対応機器との接続は、「Bluetoothデバイスの管理」で行います。

  1. マウスポインターを画面の右上隅に合わせて「チャーム」を表示します。
  2. そのまま真下にマウスポインターを移動させて「設定」をクリックします。
  3. 「PC設定の変更」をクリックします。
  4. 画面左側のメニューで「PCとデバイス」をクリックします。
  5. 画面左側のメニューで「Bluetooth」をクリックします。
    「Bluetoothデバイスの管理」が表示されます。
  6. 接続可能なデバイスが表示されますので、接続したいデバイスを選んでペアリングします。

Windows 7の場合

次の手順で表示されるヘルプをご覧ください。

  1. 「スタート」ボタン→「ヘルプとサポート」の順にクリックします。
  2. ウィンドウ右上の「オプション」をクリックし、「ヘルプの参照」をクリックします。
  3. 「ハードウェア、デバイス、ドライバー」→「Bluetooth」の順にクリックします。