このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. コンピュータプラットフォーム >
  3. 法人向けPC・タブレット・スマートフォン >
  4. サポート(法人向けパソコン) >
  5. ウイルス・セキュリティ関連情報 >
  6. インフィニオンテクノロジーズ社のTPM(セキュリティチップ)のファームウェアに関する脆弱性のお知らせ

富士通株式会社
2017年10月12日 掲載
2017年11月20日 更新

お客様各位

インフィニオンテクノロジーズ社のTPM(セキュリティチップ)のファームウェアに関する脆弱性のお知らせ

平素は、富士通製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

インフィニオンテクノロジーズ社(以下インフィニオン社)より、TPM(セキュリティチップ)のファームウェアに脆弱性がある旨の報告がされております。以下の対処方法をご覧いただき、ご対応くださいますようお願いいたします。

脆弱性の概要

インフィニオン社製TPMで脆弱性が発見されました。

対象機種

2013年下期から2017年下期に発表した機種について対象となる可能性があります。ただし、対象機種でも、TPMを搭載していない場合や、TPMを搭載していても対象のファームウェアバージョン(製造元名、製造元のバージョン)ではない場合があります。

対処方法

TPMを利用する機能を一旦停止したうえで、ファームウェアのアップデートが必要です。
ファームウェアは機種やOSにより提供時期が異なります。「対象機種一覧」よりご確認ください。

代表的なTPMを利用する2つのアプリケーション、マイクロソフト社のBitLocker(以降BitLocker)およびInfineonセキュリティチップ ユーティリティ(SMARTACCESS)、その他のアプリケーションをご利用の場合、およびTPM機能を利用していない場合のアップデート手順をご説明いたします。

重要

  • ファームウェアアップデート手順を実行する前に、Windows Updateを行ってください。
  • ファームウェアアップデート手順を実行する前に、BIOSを最新の状態にしてください。
  • ファームウェアのアップデートには、時間がかかる場合がありますので、ACアダプタを必ず接続した状態で手順を実行してください。
  • ファームウェアアップデート手順中で、TPMのクリアを実施します。
  • TPMの保護を解除していない状態でTPMのクリアを行うと、TPMを利用するアプリケーションが使用できなくなる可能性があります。
  • ご利用中のすべてのTPMを利用するアプリケーションで、TPMの保護を解除してからアップデートを実行してください。

BitLockerをご利用の場合

事前にBitLockerによる保護を一時的に停止してから、TPMファームウェアのアップデートを実施してください。TPMファームウェアのアップデートを実施後、必ずBitLockerによる保護を再開してください。詳細は以下の手順をご覧ください。

※ Windows 7 Professional は、脆弱性の影響は受けません。

Infineonセキュリティチップ ユーティリティ(SMARTACCESS)をご利用の場合

事前にInfineonセキュリティチップ ユーティリティ、およびSMARTACCESSをアンインストールしてから、TPMファームウェアのアップデートを実施してください。TPMファームウェアのアップデートを実施後、必ずInfineonセキュリティチップ ユーティリティおよびSMARTACCESSを再設定してください。詳細は以下の手順をご覧ください。

※ TPMを利用していない場合は、脆弱性の影響は受けません。

その他TPMを利用するアプリケーションをご利用の場合

それぞれのアプリケーションのマニュアルなどに従い適切に保護を中断し、TPMファームウェアのアップデートを実施してください。TPMファームウェアのアップデートを実施後、必ずその他TPMを利用するアプリケーションによる保護を再開してください。なお、TPMの保護の中断や保護の再開について、ご不明な点は、各アプリケーションの開発元にお問い合わせください。
マイクロソフト社のページに注意事項がありますのでご確認下さい。

BitLocker以外のWindowsの機能については、以下のマイクロソフト社のWebサイトをご参照ください。
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2017/11/13/tpmclear/ 新しいウィンドウで表示

  1. その他TPMを利用するアプリケーションによる保護を一時的に無効にする
  2. TPMのファームウェアをアップデートする
    以下の「TPMファームウェアアップデート手順」をご覧になりアップデートしてください。
    TPMファームウェアアップデート手順
  3. その他TPMを利用するアプリケーションによる保護を有効にする

TPMを利用していない場合

TPMを利用していない場合は、脆弱性の影響を受けませんが、脆弱性の対処を行う場合は以下の「TPMファームウェアアップデート手順」をご覧になり、ファームウェアのアップデートのみ実施してください。

脆弱性に関する詳細

以下のインフィニオンテクノロジーズ社のページをご覧ください。

マイクロソフト社は、OSに関する追加情報を公開しています。詳細については以下のページをご覧ください。

※本内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

-以上-