こだわり

 「書く」と「膨大な資料を持ち運ぶ」に特化した、新しいビジネスツール電子ペーパー「QUADERNO(クアデルノ)」の誕生です。

 「QUADERNO(クアデルノ)」は、イタリア語で「ノート」の意味。「QUANTITY(量)」と「QUALITY(質)」のあるアイデアが、 どんどんと「出るノート」、という想いも込めています。

 紙の手帳のように、手書きで文字を書き込むことで直感的にスケジュールを把握。パソコンで作成した文書や大量の書類を、PDFに変換して一括管理。会議のメモや思いついたアイデアを、手書きの文字でそのまま保存。

 紙のような使い勝手とデジタルツールとしての便利さを融合させた電子ペーパー「QUADERNO(クアデルノ)」。その価値と機能をご紹介します。

Smooth writing

まるで本物の紙のような、自然な書き心地

静電容量方式タッチパネルと専用スタイラスペンの組み合わせによって、自然な書き心地を実現。ペン先に適度な摩擦感があり、ペンの動きと描く線のずれも少ないため、まるで本物の紙に書いているような感覚で手書きができます。さらに、ペンには消しゴムやハイライトにワンプッシュで切り換えられるボタンも。修正やマーキングなどの作業もスムーズに行うことが可能です。

Light

薄さ約5.9mm、重さ約251g

本体サイズは、薄さわずか約5.9mm。重さも約251g(A5サイズ)/約350g(A4サイズ)と、紙のノートや手帳のように軽快に持ち歩けます。また、内蔵メモリーには、約10,000ファイル*のPDFを保管可能。そのため、膨大な書類や資料をこの1冊に集約することができ、荷物の軽量化に大きく貢献します。*約1MBのPDFを1ファイルとした場合

Long-life battery

約3週間*の長時間駆動を実現

薄型軽量ボディながら、安心の長時間駆動も実現。約5.5時間のフル充電で、最長約3週間*の使用が可能です。日々のビジネスシーンはもちろん、出張などに持参する際もバッテリー切れを心配する必要はありません。*Wi-Fi機能およびBluetooth®機能オフの状態で、PDFドキュメントを1日60分間/30ページを閲覧し、閲覧中にペンによる書き込みを計1分間行った場合(使用時以外、本体はスリープモードに入れる)

Connected to computer

パソコンとの連携で、使い方がさらに広がる

パソコンに専用アプリ「Digital Paper PC App*」をインストールすれば、USBケーブルやWi-Fi経由、Bluetooth®通信を使って、PDFの相互転送が可能に。たとえば、パソコンで作成した文書やスキャナーで取り込んだ書類なども、紙に印刷するように自動でPDFに変換し、転送することができます。また、パソコンと同期設定をしておけば、書き込んだ内容も定期的に自動でバックアップします。*本アプリの動作OSはWindows 10のみです。また、本アプリの起動時にネットワークが接続されている必要があります。その他、動作環境についてはサポート情報をご確認ください。

Function

紙を超える電子ペーパー「クアデルノ」の基本機能

「読む・書く・保存する」の基本機能をさらに使いやすくするサポート機能も充実。手書き文字のコピー/カットやピンチイン/アウトによる拡大表示など、タッチ式モニターとほぼ同様の操作性を備えています。「クアデルノ」の基本機能が、手書きならではのひらめきやイメージの拡がりを逃しません。

Available in two sizes

用途に合わせて選べる、A5とA4の2サイズ展開

電子ペーパー「クアデルノ」は用途に合わせて、A5(P02)とA4(P01)の2種類からお選びいただけます。立ったままの手持ち姿勢でも使いやすいコンパクトさはA5サイズの特長。一方のA4サイズは、2画面で文書を並べて作業したり図版を多用するなど、デスク上に置いて作業される方におすすめです。画面サイズにかかわらず、「手帳のような携帯性の良さ」は共通で、いつでも気軽に持ち歩けます。