使い方

さまざまな用途で活躍する電子ペーパー「QUADERNO(クアデルノ)」の機能と、その効率的な使い方を、ビジネスパーソンの1日の流れに沿って紹介します。

8:00 @ Home

出社前、今日の予定をチェック

朝、淹れたてのコーヒーを飲みながら、「クアデルノ」で今日の予定をチェックします。会議やアポイントの時間を確認しつつ、その日のすべてのタスクをスケジュールに書き込めます。紙のノートや手帳と違い、必要なだけ新規ページを増やせるため、スペースを気にせずどんどん書き込むことができます。

9:00 @ Office

大量の紙資料を電子ペーパー「クアデルノ」に転送

オフィスに到着後、外回りの資料準備に。ミーティングで使用する大量の紙資料をスキャナーでパソコンに取り込み、専用アプリ「Digital Paper PC App」で「クアデルノ」に転送。また、パソコンで作成した文書やメールで届いたPDF以外のファイルも、印刷メニューの出力先を本機に指定すれば、自動でPDF変換されて簡単に転送できます。

専用アプリ「Digital Paper PC App」
ダウンロードサイトに行く
11:00 @ Client

電子ペーパー「クアデルノ」で資料をスムーズに提示

大量の資料を「クアデルノ」に集約して、クライアントのオフィスへ。会話の内容に応じて資料をスムーズに提示でき、ミーティングが円滑に進みます。備忘録的なメモやアイデアスケッチはフリーハンドですらすらと。クライアントの要望など大切なコメントは資料に直接書き込んで、その場で記録完了です。

13:00 @ Street

屋外でもストレスなく使用可能

取引先を出た後、メモや資料を確認して次のアポイントへ。電子ペーパー採用の本商品は、反射しにくい画面のため、太陽光下の明るい屋外での視認性を確保します。フル充電で最長約3週間*使用することができ、日々の外出で電池切れを心配することもありません。*Wi-Fi 機能およびBluetooth®機能オフの状態で、PDFドキュメントを1日60分間/30ページを閲覧し、閲覧中にペンによる書き込みを計1分間行った場合(使用時以外、本体はスリープモードに入れる)

15:00 @ Taxi

移動時間も無駄にしない

移動時間を利用して、スタッフが作成した資料にコメントの書き込みやハイライトを付けて添削します。「Digital Paper PC App」でパソコン内の同期先フォルダを設定しておけば、データは自動で定期バックアップ。ノートパソコンから、同期された書類をその場でメール返信することが可能です。

17:00 @ Office

1日の振り返りもラクラク

外回りからオフィスに戻り「クアデルノ」で今日1日を振り返ります。開いているドキュメントにサイドノートを作成すれば、ミーティングの際の手書きメモを見ながら関連したアイデアなどを整理することができます。メモを「ToDo」リストに再編集するなど、活用の幅も広がります。スタイラスペンで必要な箇所を範囲指定すれば、手書きの文字や図のコピー(カット)&ペーストも可能。パソコンアプリ「Digital Paper PC App」でフォルダやファイルの整理管理も簡単です。